DQ6RTA 8時間8分33秒レポート

執筆:けい坊

メインページに戻る

デュラン撃破まで

マーメイドハープ入手後、まずは沈没船で最後の鍵を回収。
その足でマウントスノーへ行き、イベントをこなしてからさびた剣を入手。この辺は作業の連続で面白くないですね。
次に各地を巡って宝物庫をあさっていきます。もちろんレイドックへも行くのですが、このとき同時に井戸の中の力の盾を回収します。 力の盾を取るには海底から入る必要があり、おおよそ1分半のロスになるのですが、力の盾は18750Gという 高額で売却できる上、装備しても強力なので損はありません。 ラストバトルで使える世界樹の葉の枚数が1枚少なくても良ければこれはカットできるのですが、 今回は安全策をとることにしました。
さらにロンガデセオ、ポセイドン城、ガンディーノ、ライフコッドと巡ってイベント起こしとアイテム回収を行い、 小さなメダルが60枚集まったところでメダル王の城へ行き景品と交換。 手に入れた奇跡の剣と、ガンディーノで購入した炎の盾をロンガデセオのおしゃれな鍛冶屋で叩きなおす。 ここまでの準備ができたら、ジャンポルテの館へ行ってベストドレッサーコンテストに参加します。 ランク7の賢者の石まで。簡単に書いていますが、ベストドレッサーコンテスト開始から終了まで 20分近くかかります。深夜にRTAする場合は、ここで眠くならないような工夫が必要です(何
なおベストドレッサーコンテスト突破には主人公のレベルが17以上必要なのですが、今回はミラルゴ撃破時点で 必要レベルに達していたので、その後の道中で雑魚敵を倒す必要はありませんでした。

ベストドレッサーコンテストを終了したら、装備を整えてから海底神殿へ行きます。 ここのボスであるグラコスは、防御力が高くハッサン以外のキャラではあまり効果的なダメージを与えられないので、 ならばということでハッサン1人のみで倒すことにしています。 防御力に優れるグラコスですが、攻撃力は大したことがなく、神秘の鎧を装備していればダメージのほとんどを相殺できるので ひたすら攻撃に専念することができ、4人で回復しながら戦うよりも時間効率が良いのです。
ということで、海底神殿にはハッサン1人だけ入ればよいのですが、それだと道中に出現する邪神像の焼けつく息が脅威となるので、 その対策でアモスとミレーユの2人も連れて行くことにしています。 連れて行くキャラは必然的にグラコスの経験値を逸することになるので、最終的にあまりレベルを必要としない キャラということでこの2人を選んでいます。
今回、ここで不運に見舞われました。順調に進んでいき、砂の器も回収してもう少しでグラコスのところに到達… というところで、エンカウントしたのはサイレス2匹組。 この時点で嫌な予感はしたのですが…。案の定バシルーラを食らって アモスがルイーダ送りに。 このためにあとでアモスを迎えにいく手間が生じてしまいました。実際のところ、あとで ダーマ神殿に転職しにいくついでがあったのでそのとき迎えに行けばよく、ロスは小さいものに収束するはずでした。 が、プレイ中にいろいろ思案しすぎて却って混乱してしまった僕は、対処を焦って血迷った行動を連発してしまい、 1分以上の大幅なロスにつながってしまいました。 トラブルシューティングの甘さ、攻略チャートだけに頼ったプレイスタイルの問題点が露呈したような気がします。
とは言え、バシルーラで飛ばされたのがアモスだったことは不幸中の幸いでした。 もしもハッサンだったとしたら、直ちにリレミトして迎えに行かなければならないところだったわけですから。
グラコス戦自体は楽勝でした。

カルベローナでマダンテを修得し、さらにグレイス城でオルゴーの鎧を回収してからライフコッドの魔物退治へ。 ここはバーバラのマダンテが決まるかどうかでタイムが大きく変動するのですが、今回は1回だけ失敗したものの残りは成功。 とは言え、前回は全て成功したので、それと比べると若干遅くなっています。

その後、残りの伝説の武具を入手してからクラウド城の4連戦へ。 ヘルクラウドはうまくルカニが1回入ってくれたので平均的なタイムで撃破。 キラーマジンガ+ランドアーマーは、若干判断ミスして危ない場面がありましたが、結局死者を出すことなく撃破。 テリーは問題外。デュランも特に危ない場面はなく撃破。 この4連戦はストーリー上も結構な難所に位置づけられていると思うのですが、残念ながらRTAでは大した壁ではありません。

「クリアまで」に進む
「ミラルゴ撃破まで」に戻る
メインページに戻る