2014.12.31(Wed) 年末振り返り

2014年も今日でおしまい。年初に立てた目標に対してどうだったか、簡単に1年間の振り返りなどしてみたいと思います。

2014年目標と実績

★ゲーム

 目標:DQ10プレイ時間を削減する!

 実績:達成! 5月〜8月にかけてノーログイン、プレイ時間の大幅削減に成功しました。その期間に生活習慣の改善にも着手し、早寝早起き(基本0:30までに就寝、朝6:30に起床)や出勤前に日経新聞を読むなど新たな習慣を生み出しました。ただ、9月以降にDQ10に復帰してからまた生活のリズムが乱れがちになっているので、ここは再度気を引き締めていきたいですね。

 目標:DQ10以外のゲームも最低1本クリアする!

 実績:達成! シアトリズムFFカーテンコールをクリアしました。ただ、このゲームの終着点である「全究極の譜面フルクリティカル」まではあと一歩及ばなかったので、そこは残念ですね。

★コナミスポーツクラブ

 目標:引き続き週1回のペースを保って通い続ける!ランニングは月間30km以上!

 実績:失敗! 週1回をキープできずにサボった日もありました。ランニング月間30kmを達成したのは6,7月の2回のみ。これはひどい。特にDQ10に復帰した9月以降のサボりが目立つので、来年は一層厳しいDQ10制限が必要になるでしょう。

 目標:スタジオでの集合レッスンにチャレンジする!

 実績:失敗! やはり小心者の私には敷居が高すぎました。ほとんどの人が連れと一緒に参加しているので、ぼっちの私にはキツイ。ということで誰か一緒にコナミ始めませんか〜

★ピアノ

 目標:年間で5曲弾けるようになる!

 実績:失敗! FF7ピアコレの楽譜を購入し、「闘う者達」「ゴールドソーサー」など練習してみましたが、結局弾けるようにはなりませんでした。ただ、新譜ではないもののDQ6の楽曲を結構練習して精度を上げることができたので、そこそこピアノに関しては達成感がある1年でした。

★その他

 10月に海外出張に行ったのがきっかけで、英語の学習を始めました。今はTOEIC対策のリスニング・リーディングを中心に勉強していますが、将来的にはスピーキングを強化していきたいところ。そのために、英会話スクールに通うのもアリかなと思っています。どなたか、良い英会話スクールをご存知でしたら教えて下さい。

★総括

 来るべき30代への突入に備えて、生活習慣の改善と新たな目標に向かっての活動に精進した1年になったと思います。元旦に引いたおみくじの忠言「只今より来年の事をよくよく考えてやり損なわぬ様十分の注意をしておきなさい」は、ある程度その通りにできたのかなと思います。来年は、煩悩を生み出すDQ10とは一定の距離を置きながら、一層気を引き締めて日々の生活を大事にしていきたいところです。

 それでは皆様、良いお年を!

2014.11.29(Sat)

 このコンサート行ってきました。→Orchestra An-Nin第2回演奏会

 任天堂系のゲーム音楽を中心に活動しているアマチュアオーケストラのようです。今回の演奏会でも、マリオ・ゼルダ・ポケモン・FE・MOTHER2といった任天堂の人気作を演奏していました。

 中でもMOTHER2に対する熱の入れ方は凄かったですね。パンフレットを見ても、MOTHER2のゲーム内容に踏み込んで書かれたテキストが多数あったし、どせいさんフォントを使用するなど細かい部分にもMOTHER2への愛を感じることができた。コンサートでも、MOTHER2のストーリーに沿ってメドレー形式で音楽が展開されていくような編曲になっており、MOTHER2ファンにはたまらないものでした。

 MOTHER2は金管楽器が主役となるジャズ風味の曲が多いので、コンサートでも金管の人は頻繁に楽器を持ち替えたりして大忙しという感じでしたね。一方で本来オーケストラの主役となる弦楽器の人は暇そうにしていることが多かったです。原曲のイメージからは離れるかもしれませんが、オーケストラ向けに色々な楽器が活躍するようなアレンジにしても良かったのかな、と個人的には思いました。

2014.11.23(Sun)

 コナミ。今日はそこそこ調子が良く、久々に10kmを46分で完走。しんどかったけど、その分達成感はあった。この達成感のために気力で走っている感もある。

 その後駒場祭へ。FF13RTAの終盤を見学してきました。そういえばこんなゲームだったなぁと思い出しながら観戦。5桁ダメージを連発して一気に攻めていくボス戦はなかなか見応えがありました。また、後ろでやっていたマリオ64RTAも凄かった。バグを利用した壁抜けのインパクトもさることながら、普通のマップで難度の高いショートカットを軽快に決めていくプレイスキルは相当高いと感じました。FF13、マリオ64ともに見ていて気持ちのいいRTAでしたね。

2014.11.22(Sat)

 駒場祭のゲー研企画を見学に行ってきました。

 終盤のマリオカート対戦しか見られませんでしたが、変わった制限付きでの対戦でなかなか見応えがありました。あと、実況を担当していたゼータ君のMCとしての手腕が光っていましたね。4人分のマリオカートの画面を見渡しながら状況を伝えるだけでも容易ではないはずなのに、そこに小ネタを挟んでくる軽妙なトークが素晴らしかった。

 夜はOBだけで集まって食事へ。DQ10の話題が中心でした。

2014.11.15(Sat)

 コナミ。今日はなんとか8km走れました。途中で歩いたりしましたけどね。

 ランニングの方だけでなく、筋トレもかなりの衰えを痛感。特に腕や胸の筋肉を使ったトレーニングにて、以前は容易に上げることができた重量が上がらなくなっている。継続的な鍛錬でリカバリーを図らなければならない。

2014.11.09(Sun)

 コナミ。9月末くらいからサボりがちだったのですけど、走ってみたら案の定体が鈍ってました。13km/hのペースで5.5km走ったところでギブアップ。あらゆる骨格筋・内臓器官が衰えているように感じました。体は正直。

 やはりジムは継続しないと意味がないですね。

2014.10.31(Fri) ドラゴンクエストヒーローズ

 いわゆるドラクエ無双として話題の「ドラゴンクエストヒーローズ」、発売日が来年2/26ということで発表されてました。私は無双シリーズは全くやったことがありませんが、ドラクエなら仕方ない、ということで購入予定です。スタッフにおなじみの堀井雄二氏、鳥山明氏、すぎやまこういち氏を集めているあたり、この作品に対するスクエニの本気度が感じ取れますしね。

 で、本作の発売を記念してPS4メタルスライムエディションなるものが発売されるそうです。メタリックなデザインにはぐれメタルのUSBカバーフィギュアまで付いていてなかなかかっこいい。PS4未購入だったので、つい予約してしまいました。DQヒーローズはPS3、PS4のいずれにも対応しているのでPS4買う必要もなかったんですけどね。

2014.09.22(Mon)

 ゲー研のDQ10作連続RTAが閉幕していました。タイムは65時間54分ということで、目標タイムには及ばなかった模様ですが、それでもなかなかの好記録なのではないでしょうか。彼らの練習風景をちょくちょく見学しに行っていたのですが、かなり気合いが入っていましたね。特に夏休みは暑い中部室にこもってひたすらRTA漬けの日々を送っていたかと思うと頭が下がります。

 練習の見学の際は、やはりDQ6を重点的に見ていました。5月頃に最初に見た時はムドーやデスタムーアとの戦闘にかなり苦戦しているようで、(まあ誰でも苦戦するんですけど、)この調子で本番に間に合うのか…と不安に思っていました。しかし見に行く度にどんどん上達していて、最終的には(ムドーやデスタムーアに関しては)もう何も教えることはないというほどに成長していました。プレイヤーのrigoon君は自宅で相当な練習を積んでいたのでしょう。本番でも一発勝負で8時間切りのタイムを叩きだしたのも偶然ではなく実力だと言っていいと思います。ともかく、お疲れさまでした。

2014.08.30(Sat)

 極限カタンの会。今回は運良く3勝できました。

 その場でまんさくさんと会話して、実はヨッシーNEWアイランド6-6の赤コイン隠し場所にはヒントがあったことが判明。言われてみれば、確かに直前に示唆的なポイントがあったような気がします(もう手元にないので検証できませんが)。しかし私は何周やっても気づかなかった。そこに2周目で気づいたまんさくさんのマリオ通っぷりがすごすぎです。

2014.08.24(Sun)

 リトルジャックオーケストラの第11回定期演奏会に行ってきました。メインは交響組曲ドラゴンクエストIXでした。

 交響組曲ドラゴンクエストIXと言えばオーボエのイメージ。城の曲は『王宮のオーボエ』というタイトルで、曲名が表す通りオーボエが主旋律を奏でる名曲。ほかにも洞窟の曲や天使界の曲などでオーボエの印象的なソロパートが存在します。それだけに、オーボエ奏者の力量には注目していたのですが、期待を遥かに上回る凄腕でした。難易度の高いメロディを涼しげな表情で演奏していくオーボエの人には驚嘆するばかりでしたね。改めてこのオーケストラのレベルの高さを感じさせられました。

 次回は1年後にロマサガシリーズの楽曲をテーマに演奏会を行うとのこと。また行きたいですね。

2014.08.10(Sun)

 コナミ。7月は月間で35kmほど走りました。8月もここまでで15km走っており、月間30kmのノルマ達成に向けて順調です。

 今月は土日が5回あるわけですが、ここでひとつ困ったことが。今までの契約では無制限に通うことができたのですが、コナミの料金体系改悪により、今の契約では月間4回しか通えないんですね。すると週末のうち1回はジムを休むことになる。

 まあジムに行かなくても適当に近所を走ればいいんですが、それだと少々退屈なので、皇居ランというものをやってみようかなと思っています。ターゲットは8/30か8/31。皇居ランナーのマナー的なものが全くわかっていないので、もし一緒に走ってくれる方がいたらぜひお願いします。

2014.08.03(Sun)

 ヨッシーNEWアイランド完全制覇したので売ってきました。3300円で売れました。

 ほぼ自力でクリアしましたが、コース6-6だけはどうしても赤コインが揃わず、攻略サイトを見ました。あんなのわかるわけねーよ。

 このゲーム、まあまあ楽しめたのですがやはりSFCのヨッシーアイランドに比べると寂しい出来だったと思います。ヨッシーの動作がもっさりしていることや、ふんばりジャンプの持続時間が短くなっていることなど、前作までできたアクションができなくなっているのが非常にストレスフル。探索要素も、(7/24の日記にも書きましたが)隠しはてな雲を探すためにひたすら何もない空間に向かって体当たりする作業でしかなく、面白くない。アクションゲームというよりも宝探しゲームをやらされているような感覚ですね。

 ただ、スペシャルコースは楽しかったですね。特に4,5,6面のスペシャルは1ミスで即死するタイプの構成になっている上、休憩ポイントも一切ないので緊張感が半端ではない。難易度は高いですがやりごたえのあるものでした。

2014.07.24(Thu)

 ヨッシーアイランドの新作を購入。ひとまず1-6までクリア。

 しかしこのゲーム、隠しはてな雲から平然と赤コインやフラワーが出現するので油断も隙もあったもんじゃない。100点目指して隅々まで探索するのはヨッシーアイランドの醍醐味ですが、隠しはてな雲を探すために何もない空間に向かって体当たりしまくるのは正直つまらない。初代のヨッシーアイランドはもっとフェアなゲームだったのに、どうしてこうなってしまったのか。

2014.07.18(Fri) EMS制圧

 シアトリズム、『Theme of CRISIS CORE 『継承』』でフルクリティカルを達成。これでEMSを制覇!

 難しい曲でしたが、クリア回数は60回弱で、まあ少し多いかなという程度。進行スピードの緩急差が激しいですが、音楽をよく聴いていけば十分対応できました。

 EMSをすべてフルクリティカルし、振り返ってみるとやはりいちばん難しかったのは『1000の言葉(FFX-2 Mix)』でしょうか。この曲をみっちりやり込んだことで、EMSに習熟し、以降の曲をスムーズに攻略できたとも言えます。

2014.07.13(Sun)

 シアトリズム、『再臨:片翼の天使 〜Advent: One-Winged Angel〜』『星月夜』『我ら来たれり』でフルクリティカルを達成し、残りは3曲となりました。EMSは10/11。意外となんとかなるものだ。

 ちなみに、今回達成した3曲の中でいちばん難しかったのは以下の曲。

 他のEMSと比べて判定が厳しく感じる曲。単に自分の感覚がおかしいだけかもしれませんが。とは言え、歌に独特のタメがあったりしてタイミングを取りづらいのも事実。短い曲なので50回程度のクリア回数で突破できましたが、フルコーラスだったら『1000の言葉』コースだったでしょう。

2014.07.12(Sat)

 シアトリズム、『Bland Logo〜Title Back』『THEATRHYTHM FINAL FANTASY CURTAIN CALL Special Arrange Medley』でフルクリティカルを達成し、残りは6曲となりました。

 まんさくさんの日記にてEMS最難関がクライシスコアの曲だと言われていましたが、これは私も同感ですね。あの曲は緩急の付け方がえげつない。

2014.07.05(Sat)

 シアトリズム、『Answers』でフルクリティカルを達成し、残りは8曲となりました。

 同じ歌付きEMSでも『1000の言葉(FFX-2 Mix)』より相当楽でした。それでもクリア回数は30回を越えてますが。

2014.07.04(Fri)

 シアトリズム、『1000の言葉(FFX-2 Mix)』でフルクリティカル達成!

 これまでにフルクリティカル達成した曲の中で最高の難しさでした。何が難しいのかというと、正直よくわかりません。ただ、他のEMSと比較しても何故かGreatが発生しやすい。恐らく、Criticalになるジャストタイミングが微妙に自分の感覚とずれているのだと思います。歌付きの曲なので、伴奏と歌の2つのタイミングが存在することが原因か。

 攻略方法は、とにかく回数をこなしてタイミングを体に覚えさせること。これしかありません。最初はタッチペンで操作していましたが、ホールドスライドでBadを連発するという軽いイップスのような状態に陥ったためボタンに切り替え。ただ、ボタン操作だと今度はサビの部分がどうしても安定しなかったので、前半はボタン操作し、サビからタッチペンに切り替えるという苦肉の策に最終的にはたどり着きました。ここまでやって、ようやく2回に1回程度の割合で1Greatや2Greatが出せるようになり、あとは試行回数の問題かなという感じになりましたが、ここからがまた長かった。ノーミスでサビまでたどり着くと、緊張のあまり手が震えてきてミスを連発。FMSやBMSと違って、判定の厳しいEMSでは手の震えは致命的です。緊張するなというのは無理な話ですが、それにしてもミスりすぎた。

 最終的にフルクリティカルを達成した時のクリア回数は101回。まさに桁違いの難易度でした。

2014.06.29(Sun)

 久々にコナミスポーツクラブの話。年初に立てた目標である、「月間30km走ること」を今月初めて達成しました。つまり、実は先月までは達成できていなかったということ。来月からも継続できるよう頑張ります。

2014.06.28(Sat)

 シアトリズム、ハイスコア表更新。EMSの『麗しき軍神』『魂の解放者』でフルクリティカルを達成し、合計211曲。残りは10曲で、いよいよカウントダウンに入ってきた。

2014.06.24(Tue)

 シアトリズム、まんさくさんとフレンド対戦で11勝4敗。かなり調子が良かった。フルクリティカルも4回。特にFF9の『バトル2』でフルクリティカルは自分でも驚きましたw まあたまたまですね。

2014.06.23(Mon)

 シアトリズム、ハイスコア表更新。残っていたBMSの大部分を攻略し、フルクリティカル達成は209曲となりました。

 残り12曲の内訳はBMS2曲、EMS10曲となりました。別にEMSを意図的に後回しにしているわけではなく、それなりに攻略を試みているのですが、なかなかフルクリティカルを出すことができていない。判定の厳しさに対するストレスから、現実逃避のためにBMSをプレイしているうち、徐々にBMSの攻略が進んでいくという構図です。

 BMSの残り2曲は『妖星乱舞』と『Maybe I'm a Lion』。現実逃避先もついにこの2つだけになってしまいました。

2014.06.21(Fri) Game Symphony Japan

 Game Symphony Japan 第1回定期演奏会に行ってきました。演目は交響組曲FF7で、この楽団によるオリジナルの編曲らしい。顧問にFFシリーズの音楽を作曲した植松氏がついており、作者のお墨付きということだから凄い。

 FF7未プレイの私ですが、シアトリズムのおかげもあって音楽はだいたい知っていたので、かなり楽しめました。原曲に忠実な編曲という感じ。クラシック的オーケストラの枠にとらわれず、エレキギターやコーラスなどを存分に取り入れた革新的なコンサートでした。植松氏も会場に来ていて、アンコールでは自らステージに乱入してエレキギターの演奏(?)を披露するなど、非常に盛り上がりました。

 また、ゲーム音楽好きが集まる会場というだけあって、シアトリズムのすれ違いも豊作。一挙に20人ほどのプロフィカを収集し、「プロフィカ50枚」の実績も獲得。ちなみに私の現在のリズポは35万ほどですが、私を上回る人も1人だけいました。さすがにレベル高し。

2014.06.20(Fri)

 お待たせしました。

 前半の怒涛のようなスライド・短ホールドスライド連打が非常に難しい曲。旧作から存在する曲ですが、これも初めてプレイしたときは絶望したのを覚えています。フルクリティカルどころか、フルチェインすらできる気がしなかった。

 ハイスコア表も更新。『バトル2』を含めて新たに5曲攻略し、フルクリティカル達成はちょうど200曲と大台を突破。残り21曲。

2014.06.17(Tue) FMS難易度ランキング(続き)

第5位 異界の深淵 (FF10-2)

 先般の日記に書いた通り、FMSの中で最後に攻略した曲。究極譜面の攻略に着手した直後に何度もフルクリティカル狙いを試みたものの、実力不足で一度は断念し、その後暫く放置していたため攻略が遅れていました。しかし、その後プレイスキルに習熟していったことで、意外と簡単にフルクリティカル達成。確かに難しい曲ですが、決してFMS最高難易度ではなかった、ということです。

第4位 赤い翼 (FF4)

 高速連打が頻出し、Greatが発生しやすい。また、高速連打の直後にホールドが来るので、連打回数を誤るとホールドのところでBadになるというのも難点。総ターゲット数も多く、フルクリティカルはかなり難しいです。私は運良くプレイ回数4回程度で達成できていた模様ですが、その後何度やってもフルクリティカルは出せませんでした。

第3位 ゴールドソーサー (FF7)

 連続スライドや落差のあるホールドが多数配置されていて、非常にアクロバティックなペン捌きを要求されます。遊園地のジェットコースターを思わせるようなトリガー配置。息つく暇を与えぬトリガーの嵐がやって来るので、スライドの向きを間違えたり、ホールドの動きに対応できなかったりしてBadが発生することが多かったです。楽しい曲調とは裏腹に譜面は鬼。

第2位 帝国のテーマ (FF12)

 FF12の曲は微妙なテンポの揺らぎがあるものが多いですが、この曲もまた然り。特に前奏の部分は、自分ではちゃんと入力したつもりなのにGreatが発生したりしてストレスが半端ないです。この前奏を越えたあとにやってくるのは短ホールド地獄。特に細切れになったホールド連打のところは、自分が今どこを入力しているのか認識できずに爆死することもしばしば。また、短ホールドとタッチトリガーが交互にやってくるところは、先述の微妙なテンポ揺らぎのせいでタッチトリガーがGreatになることも多かったです。実はこの曲が全FMSの中で最もクリア回数が多かった。

第1位 The Castle (FF8)

 言わずもがなの1位。この曲の難しさについては先般の日記に書いた通りなので省略します。それにしても、最大の難所である開幕のホールド×2の配置場所が開幕で本当に良かったと思わずにはいられません。もしこれがラストに配置されていたとしたら、比べ物にならないほど難易度は高まっていたでしょう。

2014.06.14(Sat) FMS難易度ランキング

ということでFMS難易度ランキングです。あくまで私個人がフルクリティカル達成にどれだけ苦労したかだけが評価基準。

第10位 Cloud Smiles (FF7AC)

 三連符が多用されていたりして正確なリズムを刻むのが難しく、すぐGreatになる。微妙なテンポの揺らぎもあるので、穏やかな曲調とは裏腹にフルクリティカルにはかなり苦労しました。ちなみに、この曲はこのゲームで初めて聴きましたが、結構気に入っています。ピアノで弾いてみたい。

第9位 その扉の向こうに (FF9)

 前半と後半とでテンポが変化するので、対応するのが難しかった。スライドの連打があったりダイナミックなカーブを描くホールドもあったりしてなかなか一筋縄ではいかない曲でした。前作にもEMSとして収録されていたので、ある程度予習できていましたが、それがなかったらもっと苦労していたかもしれません。

第8位 童心 (FF12)

 飛空艇FMSは視覚的に見づらいという難しさがありますが、この曲は特にその影響が顕著。ブーストタイムでは視点が変わってターゲット間の間隔が視覚的に短くなりますが、この変化に対応できず爆死するケースが非常に多かったです。

第7位 愛のテーマ (FF4)

 甘いメロディとは裏腹にかなり激しいタッチ操作を要求される曲です。サインカーブを描くホールドがこれでもかと配置されていて、タッチペンを持つ腕の疲弊度が著しく、終盤に疲労から来るイージーミスをやらかすこともありました。それだけに攻略したときの達成感は大きかった。

第6位 ゾットの塔 (FF4)

 『愛のテーマ』と似通ったトリガー配置となっている曲。やはりサインカーブを描くホールドが多数あり、繰り返しチャレンジしていると身体的な疲弊感が半端ないです。『愛のテーマ』よりもホールドの振幅が大きくミスしやすいという点で、こちらを6位としました。

 続きは次回。

2014.06.12(Thu) FMS制圧

 シアトリズム、ハイスコア表を更新。フルクリティカル達成は195曲に到達しました。

 今日の1枚。

 タッチとスライドが入り混じった高速連打が難しいこの曲。加えて、休憩ポイントが一切ないと言っていいほど忙しいことも難易度を高めている要因です。私の場合3DS付属のタッチペンで操作していますが、徐々にペンを持つ位置が下に滑っていったり、角度が画面に水平に倒れていったりして、曲の終盤になると体勢のバランスを崩していることが多いです。普通の曲であれば途中でペンを握り直したりして姿勢を修正する余裕があるのですが、この曲ではそのような隙は全くないので、バランスを崩したまま終盤に突入して死亡するケースが多かったです。グリップに滑り止めが付いているペンを使用していれば、何の事はなくクリアできていたかもしれません。

 さて、この曲を攻略したことで、実はFMSを全曲制覇したことになります(DLCは除く)。FMSは全体的に易しめなので、EMSやBMSより先に達成したのはまあ自然と言えるでしょう。とは言え苦労した曲も多数ありますので、ちょっとした振り返りとともにFMSの個人的な難易度ランキングでもしてみようかなと思っています。これは次回の日記に書きます。

 ちなみに、BMSの進捗率は87/103、EMSは1/11。EMSの難しさが際立っています。

2014.06.09(Mon)

 シアトリズム、ハイスコア表を更新。フルクリティカル達成は186曲に到達しました。

 今日の1枚。

 この曲の難しいところは、ピアノの生演奏であるがゆえに微妙にテンポが揺れたりするところ。打ち込みの音源とは違って一定のテンポではないので、何度も繰り返して覚えるしかない。どれだけ音ゲーに精通した人でもこの曲を一発でフルクリティカルというのは不可能でしょう。というか、こんな曲を音ゲーの題材に使うんじゃねーよ、って話です。

 更にもう1枚。

 原題はFF8の『The Man with the Machine Gun』ですね。テクノポップ風のアレンジ。原曲の方もシアトリズムに収録されていますが、難易度的にはこちらの方が上です。特に召喚獣ゾーン手前の数小節が難所ですが、できるようになると非常に小気味良くリズムに乗れる箇所でもあるので、やりごたえのある一曲ですね。

2014.06.07(Sat)

 シアトリズム、ハイスコア表を更新。フルクリティカル達成は181曲に到達しました。

 今日の1枚。

 前作で攻略できる気がしなかったシリーズ第2弾です。まず開幕のホールド×2が凶悪で、ここを突破できる確率は1〜2割といったところ。その後のチョコボゾーンの連打も厳しいですし、そもそも総ターゲット数も485と非常に多いのでノーミスは至難と思われましたが、ワンチャンスを生かして攻略に成功しました。

2014.06.01(Sun) force my way

 ついにキターーーー!!!!

 BMSの中では屈指の難易度を誇る『Force Your Way』をフルクリティカル達成! 開幕早々のタッチ・スライド・短ホールドの連打がきつい曲ですが、実はそこさえ越えてしまえばあとは意外と簡単だったりします。召喚獣が出てくるところまでノーミスで行ければほぼ勝利確定と言ってもいい。…と思っていたのですが、フルクリティカル継続中の終盤はプレッシャーが半端でないため、通常では考えられないようなイージーミスが何度も起きました。特に、最後から3つ目のスライドトリガーでbadというケースが2度もあり、かなり堪えましたね。ちなみにこの曲、前作のシアトリズムにも追加コンテンツとして存在していたのですが、そのときは「こんなの無理だろ」と早々に諦めていました。しかし練習を繰り返したことで実に2年越しの悲願達成。諦めなければなんとかなるものです。

 今日はこれ以外にも『混沌の心臓』『更に闘う者達』『This Is The End For You!』『ゾットの塔』など高難易度の曲を多数撃破し、トータルでフルクリティカル達成曲は165曲に到達。これは全体のほぼ75%に相当します。残りの25%の曲を見渡すとどれも本当に厳しい曲ばかりで、ここからが本当の正念場ですが、いけるところまではいきたいですね。

2014.05.29(Thu)

ぬわーーっっ!!

でもなんとか攻略できる目処は立ちました。がんばろう。

2014.05.25(Sun)

 シアトリズム、まんさくさんが日記に書かれてましたが、EMSだけ異様に判定が厳しいのは確かですね。前作も厳しかったですけど、今作でさらに厳しくなった感じ。全曲フルクリティカルを目指すにあたって最大の壁になるのがEMSだと私は見ています。難曲と言われる『Maybe I'm a Lion』『Force Your Way』の方がまだフルクリティカル達成しやすいと思いますね。

 ハイスコア表更新。フルクリティカル達成は現在120曲で、曲数ではついに50%に到達しました。しかし、折り返し地点というにはあまりにも早過ぎる。ここまでは簡単な曲から優先的に攻略してきたわけで、ここから先は徐々に攻略速度が落ちていくことでしょう。

2014.05.18(Sun)

 ハイスコア表更新。フルクリティカル達成は現在109曲。

 今日フルクリティカルを達成した写真1枚。

 FF10の『決戦』です。プレイ済みの方ならご存知の通り、これはBMSの中でも難易度高めの曲。最初はフルチェインすら苦労しましたが、数十回の挑戦を経てようやく最高のスコアを出すことができました。

2014.05.17(Sat) 五月祭

 五月祭行ってきました。主にTGAのDQ3RTA実演を観戦。プレイヤーは2年生のたらひろくん。安定感のあるプレイングで3時間6分という好タイムを叩き出しており、RTA界における世代交代を十分に感じさせる内容でした。

 また、会場ではおてうさんをはじめTGAのOB勢と久々に会うことができました。流れで晩飯にでも行ければよかったのですが、夜から明け方にかけて夜勤のため一足先に帰宅。

2014.05.11(Sun)

 ハイスコア表更新。フルクリティカル達成は現在80曲。

2014.05.06(Tue)

 極限カタンの会。運良く2勝できました。

 また、まんさくさんとシアトリズムの対戦も少々。トータルの戦績では勝てたけど、それは私の方が一足先に究極譜面を多くプレイしているからに過ぎない。お互いにひと通りの譜面を攻略したのちの対戦は白熱したものになりそうです。

 ハイスコア表も更新しています。フルクリティカル達成は現在56曲。

2014.04.30(Wed)

 キター!

 前作で散々苦しめられた『ギーザ草原』をあっさりとフルクリティカル達成!

 ハイブリッドスタイルというのがミソで、例の振幅の大きいサインカーブまではボタンスタイル、その後はタッチスタイルと切り替えています。ボタンスタイルにすると、スライドパッドの上下さえ正しく入力していれば緑ターゲットの縦軸は自動的に調整してくれるので、振幅の大きいサインカーブも楽々突破できます。逆に黄色ターゲットが連発するような箇所はスライドパッドだと苦しいので、タッチペンに持ち替えた方が良いです。『ギーザ草原』は前半と後半とでボタンスタイル向けとタッチスタイル向けがうまく分かれているので、ハイブリッドスタイルに最適な曲だと言えるでしょう。

2014.04.29(Tue)

 シアトリズム、ハイスコア表を更新しました。今日だけで14曲ほどフルクリティカルを達成しました。暇人乙。前作で既に達成済みだった曲が多いですが、『お熱いのをくれてやるよ』『ヒストリアクロス』など新曲もちらほらあります。

2014.04.27(Sun)

 シアトリズム、ハイスコア表を更新しました。『クリスタルのある洞窟』『The Man with the Machine Gun』『サンレス水郷』でフルクリティカル達成。まあこれらは前作でも達成済みでしたが。その他、990万点程度まで到達した曲はいくつかありますが、なかなか1greatや2greatの壁を越えることができない。2年前の自分はなんでこんなのできたのか理解に苦しみます。

 話は変わって、コナミの件。14km/hでのランニングに取り組んでいるが、想像以上に負荷が大きく、4kmも持たずにギブアップしてしまってます。13km/hのときとは比べ物にならない苦しさ。どうも自分の限界はこの辺りにあるようです。また13km/hに戻して、安定して10km走れるように訓練しようかなと思ってます。

2014.04.24(Thu) シアトリズムFFカーテンコール

 ということでシアトリズムの新作を購入しました。別にまんさくさんに宣戦布告するわけではないですがw、またハイスコア表を作成したので、随時更新していこうと思います。

 前作からの仕様変更がいくつかある模様。前作では、すっぴんボーナスの200万点があったのでハイスコア狙いならすっぴん必須でしたが、今作ではボーナスが撤廃されたようです。また、すっぴん時でもBMSの召喚獣が登場します。前作では召喚獣が出ない場合の譜面ばかりやっていましたが、今作でハイスコア狙いするときは召喚獣ありの譜面に対応する必要があるようです。

 それにしても、曲が多すぎて全曲フルクリティカルは至難の業ですね。前作の追加配信曲に相当する高難易度の曲も目白押しですし。製作スタッフは本気で我々を殺しにきていると言っていいでしょう。

2014.04.13(Sun)

 コナミ。今日は調子が良く、13km/hでの10km完走を達成しました。時間は46分ほど。以前10km走ったときは12km/hで、以降13km/hでの練習を続けていたのですが、2か月もかからずにこのペースで10kmいけるとは思いませんでした。

 今後は更にペースを上げ、14km/hでの練習に取り組んでみる予定。未経験のスピードなので最初は4kmも走れれば上出来だと思いますが、少しずつ距離を伸ばしていければ。

2014.03.15(Sat)

 服を買いに行ったときの話。ズボンの丈を直してもらう間、番号札を貰ってちょっと店の外に出てきたんですね。戻ってきて、店員に番号札を渡したところ、何やら店員が慌てた様子。どうも預けていた服を紛失した模様。そのときに対応してくれた女性の店員さんに、「購入したときに担当していた店員はどんな感じでしたか?」と聞かれました。私が「メガネを掛けた男性で…」と答えたところ、

 「冴えない感じの男でしたか!?」

 と謎の質問で返されました。しかし確かに若干冴えない感じではあったので、「多分その人だと思います」と私も即答。「冴えない」という非常に微妙な形容詞たった1つで、彼とはほんの少し会話しただけの私と明確なイメージの共有を実現した、この女性店員さんの感性には脱帽しました。東京のアパレル店員は本当にレベルが高いと感じずにはいられません。

 ちなみに、服は無事見つかりました。誤った番号札を渡していたらしい。その後、冴えない彼はきっと怒られたことでしょう。

2014.02.23(Sun)

 コナミ。先週に引き続き限界まで走るぜ、という意気込みでランニングに臨んだところ、10km走れました。これで目標の10km50分を達成。

 前回と違って足の痛みはなかったものの、8km超えたあたりからずっと息切れしていて、10kmがほぼ自分の限界という感じでした。今後はさらに長距離を走れるようにするべく、毎回のノルマを増やして練習していきたいところです。

2014.02.16(Sun)

 今日もコナミで走ってきたのですが、いつもより調子が良く、5km走ったところでまだまだ余裕があったので、行けるところまで行こうと思って走り続けたら8.5km走れました。

 走るのを止めた理由は足首が痛くなったからで、息が上がったからではないです。そういう意味では、心肺機能は以前より向上しているかな。あとは走るフォームを修正して足首の負担を軽減すれば、10km50分という目標も達成できそうです。がんばろう。

2014.02.08(Sat)

 リトルジャックオーケストラ第10-2定期演奏会に行ってみました。演目は交響組曲ドラゴンクエストIIIでした。

 交響組曲ドラゴンクエストIIIは、FC版時代においても、「王宮のロンド」のような正統派クラシック音楽もあれば「幽霊船」のような前衛音楽もあるという色彩に富んだ組曲ですが、SFC版で「戦いのとき」「まどろみの中で」などの新曲が追加されたことで更にバリエーション豊かな組曲へと進化しています。

 それだけに難易度も高いと思われるのですが、非常にレベルの高い演奏でした。特に良かったのは「ローリング・ダイス」「ゾーマの城」「そして伝説へ」といったところでしょうか。「ローリング・ダイス」はすごろくの曲ですが、サイコロが転がる様子を表現しているマリンバの演奏がとても良かった。「ゾーマの城」はCDで聴いた限りはあまり好きな曲ではありませんでしたが、生で聴くとすごく良い。「そして伝説へ」はシリーズでも特に人気のエンディング曲だと思いますが、演奏も非常に良かった。相当練習したのでしょう。

 また次回も行きたいですね。

2014.02.01(Sat)

 2014年の目標を高らかに宣言してから早1か月。月に30km走ると書いておきながら、1月はわずか10kmしか走ってません。まあ風邪をひいていた期間があってやむを得ない部分もあるのですが…。2月は頑張りたいです。

 コナミ行く時間を少し前倒ししました。今までは13時頃家を出て昼食をとり、食べたものが消化されるまで少しゲーセンで時間を潰してからコナミへ、という流れだったのですが、これを改め、11時頃家を出て昼食前にコナミに行くようにしました。これによりゲーセンという無駄な時間を省き、午後の時間を丸々他の活動に充てることができるわけです。

 ただ、生理学的な面から考えて運動→食事の流れは如何なものかという気もするので、もう少し検討してみる必要がありそうです。

2014.01.03(Fri) 賀正2014

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、2013年の総括と2014年の抱負を書いていきたいと思います。

2013年総括

★ゲーム

  • 3DS版ドラゴンクエスト7
  • ポケットモンスターY
  • ドラゴンクエスト10 2ndディスク

 購入したゲームは上記の3本だけ。そしてDQ7は未クリア、ポケモンYに至っては未開封という有様です。それもそのはずで、今年はDQ10に集中していたので、他のゲームをやる暇はありませんでした。ならなぜ買った…

 ちなみにアーケードゲームは、QMAと麻雀格闘倶楽部を少々。QMAは協力プレイを中心にやってましたがクリアできたダンジョンは2,3個程度。麻雀格闘倶楽部は黄龍に昇進するところまでは行きましたが、そこからなかなか勝ててません。

★コナミスポーツクラブ

 週1回のペースで1年間続けることができました。(たまにサボったけど。)

 トレーニングの内容はマシンジムでのランニングと筋トレ。ランニングは1回当たり20分で4km走るのを目安に続けていましたが、比較的余裕があったので12月に入ってからはノルマを25分で5kmにアップ。少しずつ持久力が向上しているような気がしてます。一方、筋トレの方はあまり向上は見られず。週1回しか通わないスタイルだと、筋力の維持はできても筋力アップはできないということでしょうか。

★ピアノ

 FF12ピアノコレクションズから「東ダルマスカ砂漠」「ラバナスタ・ダウンタウン」等、5曲を練習。まだまだ「弾けるようになった」と言えるレベルではありませんが、youtubeにアップロードするといった新しい試みもできたので、まあまあ頑張った方だと思います。

2014年抱負

★ゲーム

 引き続きDQ10はプレイすることになると思いますが、こちらは目標は立てません。あえて言うなら、プレイ時間を短くすることが目標でしょうか。他にやりたいことがいっぱいあるので、DQ10はプレイ効率を向上させて、浮いた時間を別の活動に充てたいところです。>

 その他ゲームは特にプレイ予定のものはありませんが、昨年1本もクリアできなかったので、今年は最低1本はクリアしたいですね。最有力はシアトリズムFFになるでしょうか。

★コナミスポーツクラブ

 引き続き週1回のペースを保って通い続けることが最低限の目標です。トレーニングの内容としては、ランニングに重点を置き、持久力の更なる向上を図りたいところ。月間30km以上走るのを目標に続けていきたいですね。

 あとは、マシンジム以外のトレーニング、具体的にはスタジオでの集合レッスンにチャレンジしてみたいところ。参加者層を見ると30〜40代の主婦や50代以上の健康マニアっぽい年配の男性が多く、しかもほとんどがお友達と連れ立って参加しているので、非常に敷居が高く感じるのですが、勇気を出して飛び込んでみたいと思います。

★ピアノ

 2013年と同水準の年間5曲を目標に練習していきたいところです。買ったはいいが弾いていない、いわゆる「積み楽譜」がかなりの数に上っているので、これを少しでも消化したいですね。youtubeへのアップロードは気が向いたらまたやるかもしれません。

★その他

 とにかく2013年はDQ10ばかりやっていて、その他の活動が蔑ろになっていたのは大きな反省点です。今年はもっと有意義な活動、新しい活動にチャレンジする年にしたいですね。

 元旦にとある神社でおみくじを引いたところ、「只今より来年の事をよくよく考えてやり損なわぬ様十分の注意をしておきなさい」という旨の忠告を頂戴しました。今年は来年へのステップアップの一年とすべく、いろんな面で体質改善と能力向上に取り組んでいきたいです。