けい坊の日記

Counter
トップに戻る

・過去ログ

2007年/ 2006年7月〜12月/2006年1月〜6月/ 2005年/2004年

・告知


2008.12.30(Tue)

年末ですね。
今月2つのゲームを購入したのでメモ。

・DS版QMA
今月の中頃に神戸へ旅行に行った際、暇つぶし用に購入。
大魔導師3級くらいまで行った。Wifiの対人戦ならそこそこ勝てるが、対COMだと全く相手にならない。
なんとか賢者まで到達したいところだが、次のレベルまでに必要な魔法石の数が多くなってきておりなかなか進まない。

・Wii版バイオハザード
3日ほど前に購入。
難易度easyのジル編でスタートしてみた。
バイオハザード4ならそれなりにやり込んだ私ですが、視点が違うと全く勝手が違っていて難しい。…いや、こっちが元祖のバイオなわけですが。
バイオ4でもchapter3-4のアシュリー操作時はこの元祖バイオの視点になるが、あそこは何度やってもミスしまくりだった。これを機に操作に慣れたいところだが…。
幾度となく「You Are Dead」の画面を見つつ、鎧の鍵を取得するところまで進めた。

2008.11.28(Fri) 続続・駒場祭

引き続き感想などを。

第5問 ミルドラースを倒せ

もと先生の超絶殺り込みデータからスタート。
シンキングタイム中にメンバー編成をどうするか考える。途中でシナリオの進行状況も調べなければならないんだよなーと思い、ふと横にいるえぐち君の画面を見ると、ちょうどボブルの塔のゲマが足チラしているところを偶然目撃してしまいました。このおかげでフラグ調査を大幅にカットすることに成功。
メンバーの方は、主人公、男の子、女の子、サンチョ、オリオン(ゴーレム)、コタくん(スライムベホマズン)で決定。主人公、男の子、オリオンが攻撃要員、女の子がバイキルト要員、コタくんがベホマズン要員。サンチョは忍び足要員としての起用だったのですが、直後に洞窟トヘロスのバグがあることを思い出し、結局無意味でした。
ボス戦は基本的にバイキルトをかけてから殴るのみです。危なくなったらベホマズンで回復という超大味な戦術。これだけで何の危なげもなくミルドラース撃破まで行けました。が、細かい部分でのミスがあまりにも多すぎて非常に悔いが残ります。道を間違えたり、炎のリングを袋から出すのに手間取ったりという論外なミスから、戦略面のミスまで。イブール撃破後に男の子、女の子がルイーダ行きになるということは、メンバー編成を終えてボブルの塔を歩いているあたりで気づいたのですが時既に遅し。もっと先を見通す能力がないと駄目ですね。

第6問 ミルドラースを倒せ

クリア条件は第5問と同じですが、戦力は全く異なるデータ。
制限時間は無制限でしたが、公開終了時刻までは2時間しかなく、それまでにクリアするのはかなり厳しいだろうというのは最初から感じていました。ルーラの行き先にエビルマウンテンがなかったため、ジャハンナから歩かなければならないのはもちろんゲマ2が残っているのも確定。ゲマ2戦に5分、ミルドラース戦に15分としてもエビルマウンテン攻略に30分は見なければならず、残り1時間半のうちに主人公レベル13、仲間モンスターすべて初期レベル、アイテムなしという状況から勝てる戦力をととのえるのは、ネタがわかっていても至難の業でしょう。
それ以前の問題として、私のプレイはメンバー編成が甘かったりなどクリアできる見込みが薄かったのですが、結局ゲマ2に到達したところで時間切れ。クリアできないのは仕方ないにしても、もう少し健闘したかったというのはあります。

2008.11.26(Wed) 続・駒場祭

引き続き、各問の感想を書いていきたいと思います。
問題の概要は省略。こちらから当日のリーフレットをダウンロードできるようなので、そちらを参照してください。

第3問 ジャミを倒せ

出題者のミスでグランバニアにあるレースのビスチェが残っていたのに気づいたため、その売却益で適当に仲間を生き返らせます。ほか、メダル王の城の鉄仮面などを回収。これである程度の余裕はできました。
次に、カンダタ〜ジャミまでのボスを倒す方法を考える。現状ではどう考えても攻撃力が足りないので、第2問に続き困った時のボロンゴ様に頼ることにしました。炎の爪装備での打撃力はご存じの通り相当なものです。その後カボチで1500Gも手に入り、丁度良い感じで炎の爪とファイト一発を用意できました。
そして試練の洞窟へ突入。メンバーは、ベホイミ係の主人公、攻撃係のボロンゴ、補助係のクックルは当然入れるとして、もう一枠にはイエッタを選択。キメーラLv35やジャミ戦での壁役も期待してのことです。実戦では、まずクックルがルカナンを2回使ったのち、シールドヒッポに対してメダパニを使用。これが地味に効き、シールドヒッポの打撃でカンダタに対してのべ200程度のダメージを与えてくれました。途中で痛恨が来てイエッタが死に、主人公のMPも切れて最後は特攻しての撃破だったので、これは大きく勝利に貢献した一手だったと思います。
続いてデモンズタワーへ。ベホイミ係が主人公しかいないという状況では一気に連戦を突破することは不可能なので、最初から何度かに分けて攻略するつもりでした。オークLv20にすら苦戦するという状況に焦るも、1匹ずつボスを撃破していって何とか時間内にクリア。

第4問 炎シリーズを装備せよ

炎のブーメランの取得がボトルネックとなるのは明らか。ブオーンを倒してからジャハンナで普通に買うか、第3のすごろくで拾うかの二択になることもシンキングタイム中には当然見抜いていました。
私が最初に選んだのは前者。ピエールがいない状況でブオーンを安全に倒せるかどうかが焦点になりますが、主人公がレベル26だという点に目を付け、ゴレムスを仲間にするという方法を考えました。ゴレムスに祝福の杖を持たせ、魔神の鎧とサタンヘルムを装備させれば、男の子と2人で十分に倒せると判断しました。
しかし、祝福の杖を取りに行くところでミスを連発。トロッコ洞窟ではリレミトが使えないということをすっかり失念しており、脱出できなくなりました。仕方なく歩いて洞窟の奥まで進んで行くも、最後のトロッコが消えているという悲惨な光景を目の当たりにすることに。SFC版では普通に出られたはずなのですが、PS2版ではこういう仕様だということを知りませんでした。
この時点であきらめてリセットし、適当に資金を作って炎の鎧だけ購入してから、すごろくにアタックすることにしました。第3のすごろくで炎の盾と炎のブーメランの両獲りが狙いです。残り時間もわずかで、まあそう簡単に行くわけがないよな…と思っていたら奇跡的にも炎の盾のマスに止まることに成功! しかしさすがに炎のブーメランも、とは行かず、残念ながらタイムアップとなってしまいました。

2008.11.25(Tue) 2008年度駒場祭

駒場祭終了。ご来場の皆様、TGA関係者の皆様、お疲れ様でした。
私は2日目のPS2版ドラゴンクエスト5 リカバリーTA大会にプレイヤーとして参加してきました。
感想や反省点はいろいろありますが、細かいことは冬コミにて頒布されるTGA会誌上で議論するとして、ここでは簡単に各問を振り返ってみたいと思います。

第1問 溶岩原人を倒せ

真っ先に考えるのはピエールを仲間にすること。仲間にしなくても倒せる方法があるであろうというのは重々承知しているのだが、それをシンキングタイム3分の間に構築するというのは至難。堅実性を取ればスライムナイト捕獲に走るのはやむを得ないし、プレイヤーのひとりがそれをすれば、対戦形式である以上は全員が同じ行動をとるというのも予想され得る事態でしょう。
私はスライムナイトがなかなか仲間にならなかったためリタイアとなりましたが、他の2人がスライムナイトを仲間にした時点で諦めて現有戦力で何とかすることを考えた方が良かったですね。見世物的にも。

第2問 グランバニアに到着せよ

とりあえずお約束通りそのまま突っ込んでみましたw いや、これは誰かがやらないとダメでしょう。薬草も何も準備していないので無理に決まっているのですが、感触をつかんでおきたいという狙いがありました。1戦目で主人公が死んだため、多少ひよって強硬策は不採用となりましたが、薬草を準備しておけば主人公とフローラだけでも現実的なラインで突破できると思います。
で、その後仲間モンスターを集めることに。最初からある程度のHPがないと話にならないと考え、まずはエビルアップルを捕獲。この間にキラーパンサーのことを思い出し、続いて魔物のすみかへ。あとは適当に金を作って薬草を50個ほど購入し、アプール用のスライムの服も一応買って、ネッドの宿屋でセーブしてから再度チゾットへの山道に突っ込みました。
このメンバーでそこそこ安定させることができ、結局一度も全滅することなくグランバニアに到着できました。まあヤバい局面はありましたけどね。炎の戦士5匹組とかな!

…続きはまた後日書きます。

2008.11.08(Sat)

駒場祭のお知らせ。
今年もTGAは駒場祭に出展します。開催日は11月22日〜24日。
企画内容はこちらにあります。

私は2日目に行われるPS2版ドラゴンクエスト5 リカバリーTA大会に参加することになっているようです。
詳しいことは私もあまりよくわかってなかったりするのですが、とりあえず告知まで。

2008.11.03(Mon)

文化の日ということで、文化的かもしれない創作活動を行ってみた。

ダウンロード(midi形式)
2代目ポケモンから「キキョウシティのテーマ」。
多分曲名はこれであってるはず。
今回はいつもとは違って、自分で採譜して楽譜を作成しました。
その楽譜がこちらです。
フリーの楽譜作成ソフトを使って作ったのですが、機能がしょぼいのでできた楽譜もいろいろしょぼいです。
一応人間にも弾ける範囲で採譜したつもりですが、結構難しくなったので自分はまだ弾けてません。上のmidiは打ち込みです。

ついでにもう1曲。
かのクソゲー「スペランカー」の曲を楽譜にしてみました。
楽譜はこちら
こちらはそれほど難しくならなかったので自分でも弾いてみました。
ダウンロード(mp3形式)

2008.09.29(Mon) DQM1RTA記録更新

DQM1RTAを何度か行って、既存の記録を更新することに成功。
ラップタイムは以下の通り。

Gクラス突破 0:12:14
Fクラス突破 0:28:06
Dクラス突破 1:04:10
バトルレックス撃破 1:23:35
Sクラス突破 2:24:11
デュラン撃破 2:46:52
ミレーユ撃破 2:53:49
To Be Continued 3:00:37

ちなみにゲーム内時間は2:14だった。何度かリセットはしてますが、実時間とはかなりの差がある模様。

ハードは結局GBASPを使用。このために4500円飛びましたが…。
少なくともスーパーゲームボーイよりは明らかに読み込みが速いが、GBプレイヤーなど他の機器との差はよくわからない。

簡易レポートはこちらにあります。未完成ですが、近日中に完成させられるようにします。

2008.09.10(Wed) DQMとハード

なんとなく新しくRTAを始めたくなったので、DQM1のRTAをやってみることにした。
戦略はだいたい固まったので一度やってみたいのだが、そこで大きな問題が浮上した。
使用するハードをどうするかで困っているのだ。

GBをプレイする環境はいくつかあるが、現在私が持っているのはスーパーゲームボーイしかない。
そして、スーパーゲームボーイだと読み込み時間が非常に長いようなのである。
せっかくやるからにはハードによるデメリットを負うことは避けたいので、今は別のものを入手しようとしているところ。
RTAの本質と違うところで苦労するのは好ましくないですけどね。

2008.08.25(Mon)

先日のクイズの答えを発表します。
既にまんさくさんなどが日記で書かれているものが正解なんですけどね。
出題する側としては、こうやって反応してくださる方がいるのはとてもうれしい限りです。安心して問題が出せるというもの。
一応反転させておくので見たい方だけどうぞ。

答えは「ドラキー、ドラキーマ」と「リザードマン、ブリザードマン」です。
恐らく前者は簡単に答えが出たと思われますが、後者は意外と気付きにくかったのではないでしょうか。
ドラキー、ドラキーマとは違って全く関係のないモンスターの組み合わせですからね。
我ながら、なかなかいい問題だったのではないかと思います。

2008.08.22(Fri)

また長らく更新が途絶えてしまった。
しかしネタがない。
困ったので、昨年と同様にドラクエクイズを出してお茶を濁すことにします。

問題:
DQ5に出現するモンスターの中で、名前の最後に1文字付け加えることで、同じくDQ5に出現する別のモンスター名になるモンスターがいます。それを答えてください。
また、その逆に名前の先頭に1文字付け加えることで、同じくDQ5に出現する別のモンスター名になるモンスターがいます。それも答えてください。

2008.08.04(Mon)

ピアノを弾いたのでうp。
最近はうpするときしか更新してませんね。申し訳ありません。
クリックすると再生されます(mp3形式,約3.5MB)
曲はFF10ピアノコレクションズより「ザナルカンドにて」です。

さて、kmpからまたDQ5のピアノ譜が発売されるようです。
PS2リメイク時にもDQ5のピアノ譜が発売されており、中身はほぼ同一の模様。
しかし、DSリメイクで登場した「ずっこけモンスター」という曲(スライムタッチのときに流れる)が追加されているほか、連弾の曲がいくつか加わっているようです。

DQ4のDSリメイク時にもピアノ譜が発売されたので、次のDQ6のリメイク時にも来ると見てまず間違いないでしょう。
これは楽しみです。

2008.07.24(Thu)

久しぶりにピアノを弾いたのでうp。
曲はFF10ピアノコレクションズより「旅行公司」です。
クリックすると再生されます(mp3形式,約2.8MB)

地味な曲です。

2008.07.22(Tue) DS版DQ5

DS版DQ5、こっそり買ってこっそりとクリアしてました。
エスタークも撃破して、適当にレベル上げとか仲間モンスター集めとかしているところ。
主人公のレベルは75くらい。
キラーマシン、ヘルバトラー、メガザルロックを仲間にした。メガザルロックはなぜか2匹も仲間になった。
飽きてきたのでもうやらないかもしれません。


さて、今回のDQ5から来るべきDS版DQ6について考察してみることにします。
主にRTAがどう変わるかという視点で。

・ステータスのランダム成長
DS版DQ5と同じだとすると、SFC版では完全固定であったDQ6もレベルアップ時のパラメータの伸びにばらつきが生じることになる。
もっとも、基準値が変更されない限りはSFC版より低い成長値になることはなさそうだが…。
HPやちからの伸びがSFC版よりも良くなる可能性があるのはいいことだが、そのせいでRTAに運要素が増えるのは好ましくないか。
なおかっこよさについては、RTAでのベストドレッサーコンテストまででは3以上伸びることはないので問題なし。まあコンテスト突破に必要な値にランダム幅が設定されてしまう可能性もあるが…。

・中断セーブ
現状で苦戦させられているムドー3、デスタムーアに関しては、中断セーブしていても変身前からやり直しであることには変わりないので無意味。
しかしDQ5のようにボスの大幅強化があった場合、これまでは苦戦していなかったボスが凶悪化する可能性もあるので、役に立つ場面もあるかもしれない。
あとは種吟味が少しやりやすくなるか。

・時の砂
DS版DQ5では時の砂が復活していた。仕様はリメイクDQ4やDQ7と同じく、戦闘開始時に戻る効果で何度でも使用できるというもの。
もしDQ6の時の砂もこの仕様になったとしたら、使い道はいろいろありそう。ランプの魔王戦でマダンテ発動が失敗したらやり直すとか。
また、時の砂を利用したメタル狩り戦術もあり得る。個人的にはあまり好きではないが…。
ただDQ6ではレベルだけ高くても熟練度を稼がないと何もできないので、微妙な気はする。

・売値
買値の75%から50%に下げられる可能性がある。
そしてこれは致命的すぎる。
DQ6RTAでは雑魚敵をほとんど倒さないので、収入は実質拾ったアイテムの売却益だけだからだ。
デスタムーア戦前に購入できる世界樹の葉の枚数にも直結することになる。
また、下手をすると精霊の鎧が買えなくなる可能性も。
ここだけは変更してほしくないところだが…。

2008.07.06(Sun)

The Black Mage3を買いました。
ハードロックというほどの激しいアレンジではなく、コンパクトにまとまっているという印象。
しかしこれはこれで良い感じです。

例によってお気に入りの曲を挙げてみます。

3.The Extreme
5.KURAYAMINOKUMO
6.Distant Worlds
7.Premonition

2008.06.10(Tue)

あっという間に6月。
そろそろ柏に飽きてきましたね。

いたストDSが発売してもうすぐ1年になりそうです。
この1年でプレイ時間はカンスト、着せ替えアイテムはコンプリート。まあ当然ですね。
wifi対戦回数も100戦くらいにはなっているものと思われます。恐ろしす。
昨年下半期の私をいろいろな意味で支えたゲームであったいたストDS。今年の私をもまた支えることになるのかもしれません。

2008.05.30(Fri)

久々にピアノを弾いたのでうp。
曲はFF10ピアノコレクションズより「素敵だね」です。

クリックすると再生されます(mp3形式,約3.9MB)

まさかの一発撮りなので怪しいところ多数。今回に限った話ではありませんが。

2008.05.24(Sat) 五月祭

五月祭行ってきました。
そしてオプーナRTA大会に出場して参りました。

結果は優勝。詳しいタイムは忘れましたが5時間半ちょっとといったところでした。
全体的に運がよく、ミスを少なく抑えたのが勝因でしょう。
レポートとか読みたいと思う人はまずいないでしょうが、これから少しずつ書いていこうと思います。

ちなみに観客動員数は身内除くと0だったようです。
以前書いたように、予想は0.1〜0.2人だったのでほぼ予定通りだったと言えるでしょう。

2008.05.11(Sun)

またピアノ。
これまでファイナルファンタジーの曲ばかりだったので、今回はドラクエを。
曲はDQ1より「フィナーレ」です。
クリックすると再生されます(mp3形式,約2.5MB)

さらにおまけで「インテルメッツォ」もうp。
クリックすると再生されます(mp3形式,約500kB)

フィナーレの方はそこそこ頑張ったのですが、インテルメッツォはかなーりやっつけです。

2008.05.08(Thu)

最近寝不足です。
これはもうだめかもわからんね。

オプーナを放置してからもうすぐひと月。
五月祭まであと2週間というところまで来ているわけで、さすがにそろそろ再開しないとまずい状況。
この週末はオプーナに時間を充てる予定です。

2008.05.06(Tue)

マリオカートWiiタイムアタックを少々。
ムーンリッジ&ハイウェイで国内トップ10入りしてしまった。やり過ぎですね。
この日記がアップされる頃には脱落しているかもしれませんが。なにしろ10位なので。

今日もピアノをうp。
曲はFF8ピアノコレクションズより「Blue Fields」です。
クリックすると再生されます(mp3形式,約3MB)

2008.05.04(Sun)

某所で某会合。
参加した人はお疲れさまでした。10km近く歩きましたかね?

反対に参加しなかった人は、今後の人生要注意です。
1年以内に柏を訪れ、厄を落としましょう。
そうでないと必ずあなたに不幸が訪れます。ってどこの不幸の手紙だ。
まあそれは言い過ぎですが、もし第2回会合があったらぜひお越しくださいということで。

2008.05.03(Sat)

いい加減飽きてきたでしょうがまたうp。
FF10ピアノコレクションズより「グアドサラム」です。

クリックすると再生されます(mp3形式,約3MB)

次回はFF8の「Blue Fields」かFF9の「Rose of May」の予定です。
次からはうpするたびに古いものを1つずつ消していきます。

2008.05.01(Thu)

今日から5月かー。
気温も高くなってきて、緑のあふれるこの時期はとても快い。5月は柏の季節ですね。(謎

マリオカートWiiでは怠け者、おコダ両氏によるタイムアタック争いが展開されているようだ。
しかし私は前にも言ったように、今回はそんな醜い争いに参加するつもりはない。(ぉ
ムーンリッジ&ハイウェイだけなぜか結構頑張ってタイムを出してしまったので、このコースの最速だけキープできればいいや。

それよりオプーナやらないと。

2008.04.29(Tue)

今日もピアノを弾いてみたのでうp。
曲はFF9ピアノコレクションズより「Melodies Of Life」です。

(削除しました)

ひどい演奏です。
テンポが一定じゃない、強さが均一じゃないといった下手な人にありがちなパターン。
一応これでも、何回か弾いていちばんよかったのを選んでいるんですけどね…orz

音声だけだと下手さが際立ってだめですね。やはり。
動画にすれば映像の方に注意が行くので多少は軽減されるんでしょうけど。

2008.04.28(Mon) 2008年五月祭

ちょw
なんか知らないうちに五月祭の企画がオプーナに決まってて、しかも私がその参加者になってるんですがw
参考リンク

しかしオプーナRTAとはまた思い切った企画ですね。(人ごとか
売り上げ本数と観客動員数が比例すると仮定すると、総売り上げ300万本越えのDQ6のRTA大会で観客はのべ50人程度でしたので、1万弱のオプーナでは観客0.1〜0.2人といったところですね。
いろんな意味で歴史に残るRTA大会になることは間違いないでしょう。

しかしこれで私は五月祭RTA大会に6年連続参戦ということになるのか。
5年連続の間違いじゃないですよ? 本当に今年で6回目です。
…別に留年したわけじゃないよ。

2008.04.21(Mon)

マリオカートWii、タイムアタックで全コースのスタッフゴーストを撃破。
18日の日記に書かなかったコースの記録をメモしておく。

コースタイムマシン評価
GC ピーチビーチ1:22:965スーパーバウザーC
DS ヨッシーフォールズ1:07:492スーパーバウザーD
SFC おばけぬま20:58:407ファイアホットロッドB
64 マリオサーキット1:58:743スーパーバウザーB
64 シャーベットランド2:22:571スーパーバウザーC
GBA ヘイホービーチ1:32:403ライド・オン・カメックB
DS モンテタウン2:19:662スーパーバウザーC
GC ワルイージスタジアム2:11:156トリッキーA
DS サンサンさばく1:51:544トリッキーD
GBA クッパキャッスル2:31:947スーパーバウザーD
64 DKジャングルパーク2:34:368スーパーバウザーC
GC マリオサーキット1:49:282スーパーバウザーC
SFC マリオサーキット31:26:330スーパーバウザーC
DS ピーチガーデン2:14:611スーパーバウザーC
GC DKマウンテン2:37:198スーパーバウザーD
64 クッパキャッスル2:52:919スーパーバウザーD

全体的にWii新登場のコースより楽だった気がする。
ワルイージスタジアムがなかなか難しかったが、トリッキーというやや微妙なカートを使っていたせいかもしれない。
無難にスーパーバウザーを使えばよかったか。

2008.04.19(Sat) 電子ピアノ

電子ピアノを買った。
CASIOのPX-720という機種。右弐さんも使っているPriviaシリーズの最新モデルです。
ハンマーアクション方式でタッチが自然なのと、やはり価格の安さが購入の決め手となりました。

適当に弾いてみたものを試験的にうpしてみる。
曲はFF10ピアノコレクションズより「極北の民」です。
演奏が下手なのは仕様です。人によっては頭痛、吐き気、めまい、あるいは難聴などの症状を催す可能性がありますので視聴の際はご注意ください(何
(削除しました)

取り込みをミスって冒頭に数秒のブランクができてしまっています。すみません。
シーケンスソフトを使ったのが初めてなのであんまり使い方がよくわかってません(弱

気が向いたらまたうpするかもしれません。

2008.04.18(Fri)

マリオカートWii。
今作で新登場した16コースすべてではやいスタッフゴーストを撃破した。

コースタイムマシン評価
ルイージサーキット1:17:659ワイルドスピアD
モーモーカントリー1:25:707ワイルドスピアB
キノコキャニオン1:58:895スーパーバウザーC
キノピオファクトリー2:05:193マッハ・バイクC
マリオサーキット1:32:021スーパーバウザーC
ココナッツモール2:11:649スーパーバウザーB
DKスノーボードクロス2:17:074スーパーバウザーC
ワリオこうざん2:04:120スーパーバウザーA
デイジーサーキット1:40:945スーパーバウザーD
ノコノコみさき2:36:980スーパーバウザーC
メイプルツリーハウス2:32:703スーパーバウザーC
グラグラかざん2:08:173スーパーバウザーC
カラカラいせき2:13:308スーパーバウザーD
ムーンリッジ&ハイウェイ1:58:120スーパーバウザーD
クッパキャッスル2:39:015スーパーバウザーA
レインボーロード2:44:673スーパーバウザーA

評価というのは私がゴーストに勝利するのにどのくらい苦労したかということです。Aが難しくて、Dが簡単。
マシンはすべてバイク。中でも圧倒的にスーパーバウザーが多いですね。

スタッフゴーストの中には見たことのないキャラクター、マシンを使っているものがあった。
これはグランプリをやれば出てくるのかもしれないが、面倒だからパス。
現状使用しているスーパーバウザー+ファンキーコングで特に困ったことはないし。

2008.04.17(Thu)

今日までにデイジーサーキット、ノコノコ岬、レインボーロードのはやいスタッフゴーストを撃破。
マシンはすべてスーパーバウザー。
レインボーロードはかなり厳しい争いだった。青いダッシュ板でジャンプするところで、高く跳びあがってしまってロスすることを避ける方法が最後までわからなかった。
ここの問題を解決できればもっと楽に勝てると思うのだが…。

2008.04.15(Tue)

マリオカートWiiでやらないとかいいつつまたタイムアタックに手を出してしまった。病気ですね。

はやいスタッフゴーストは新たにルイージサーキット、キノコキャニオン、マリオサーキット、ココナッツモール、ワリオ鉱山で撃破。
機体はすべてバイクを使用している。中でもスーパーバウザーが多い。

2008.04.14(Mon) マリオカート

オプーナの2周目が終了。
現在3周目に突入したところ。今週の土曜日までには必ず記録を出す。(何

マリオカートWiiを買ってしまった。
マリオカートと言えば、DSのときにTGAの昼休み会合にて暇な会員たちと死ぬほど対戦しまくった過去が思い起こされる。タイムアタックでの記録争いにもしのぎを削り、一般人にはそう簡単には追いつかれないほどの記録集が完成した。直線ドリフトのやりすぎで左手親指の指紋は消失し、DSのボタンが変形してしまったのも懐かしい思い出である。
そんなマリオカートであるが、今作では以前のように寿命をすり減らすほどにやり込むつもりはない。はず。
オプーナの合間にまったりと遊ぶくらいに留めておくつもりです。

まあ、とか言いつつタイムアタックに手を出してしまっているんですがね。
今日までにキノピオファクトリーとDKスノーボードクロスで速いスタッフゴーストに勝った。
今作のスタッフゴーストは前作と比べてかなり気合いが入っているという印象。

2008.04.05(Sat) opoona

オプーナというゲームをご存知だろうか。
先月某日、某所で行われた会合にてこのオプーナを3本ほど入手。
せっかく頂いたので仕方なくプレイを始めたのだが…。

初週3200本という奇跡的な販売実績を持つこのゲーム、どんなクソゲーかと思えば、意外と楽しめてしまいました。
1周目を普通にクリアし、さらには某やりこみ調査のために2周目に突入。
ドラクエ6RTAの時間は完全に消滅してしまいました。オプーナの調査に精を出す毎日。

おてうさんがオプーナ2極限攻略データベースを公開されたように、今オプーナが非常に熱いです。
今ならこの日記を見た方全員にオプーナを買う権利を進呈! 権利があれば大手家電量販店などのワゴンで安くお買い求めになれます!
興味のある方はぜひ。

2008.03.24(Mon)

紆余曲折を経て、またドラクエ6をやり始めました。
今度はダークドレアム20ターン以内撃破までのRTAです。

隠しダンジョンに行くために全上級職を一定のところまで極めなければならないため、職歴が従来とは大きく変わってくるのが最大の特徴。
もちろんクリア前のボス戦の戦術にも影響してきます。
特に重要なのはデスタムーア戦でアストロンが使えることで、これにより勝率は100%にかなり近くなります。通常のRTAは8割とかいう死ねる勝率だったわけですが、それとは雲泥の差です。RTAはやはりこうあるべきです。

一方で、主人公を最短で勇者にするためにはスーパースター経由とせざるを得ず、そのためスクルトやベホマが覚えられないという問題点があります。
デスタムーア第2形態でベホマを使えるキャラがいないというのはかなりきてます。主人公がゲントの杖で立ち回らなければならないというのがなんとも。
またアストロンで防御面は安定すると言っても攻撃面では従来と大差ないので、スピードをいかに落とさずにダメージを与えていくかが問題になります。

とりあえず一通り調査して目処が立ったら実行に移したいところです。目標は半日くらいかな。

2008.03.16(Sun) DQ5RTA大会

右弐さん主催のPS2版DQ5対戦RTA大会が駒場キャンパスで行われた。
私はくねおさんの後ろについてラップタイムをとる係をずっとしていた。

優勝したのはあうさん。6時間19分30秒という驚異的なタイムを一発勝負の本番で叩き出したのは圧巻。
個人逃げなどのコマンド入力速度も異常に速く、実力では他の人を圧倒していたように思う。

2位はえぐち君。彼はプレイヤーとしてよりも大会の運営側として準備に奔走していて、プレイの練習に時間を充てているようには全く見えなかった。それほど多忙であったということだ。にもかかわらず2位で6時間31分という好タイムを出しているのはさすが。

私がずっと見ていたくねおさんは4位。序盤の全滅で大きく出遅れていたが、徐々に巻き返していき、最後は右弐さんとの熾烈な4位争いを演じながらも冷静にミルドラース戦を乗り切って競り勝ったのは立派。

主催の右弐さんは5位という結果であったが、しかしあまり運がない展開だったにもかかわらずきっちり7時間以内にまとめてきており、タイム的には決して悪くない。大御所としての貫禄を見せつけてくれた。
青年時代後半で全面的にしていた爆弾石や、マホキテなどの渋い小技を用いた通好みのRTAだった。DQ5のすべての要素を使い切ってプレイするというポリシーが感じられ、参加者6人の戦術の中では最も好印象を持った。

主催された右弐さん、えぐち君をはじめとする関係者の方々、プレイヤーの方々、観戦に来られた方々、大変お疲れさまでした。

2008.03.10(Mon)

一昨日のTGA会合にて、えぐち君やたこ君から
「本当にFF10-2RTAなんかやるんですか( ´,_ゝ`)」
などと罵られたため、やはり中止(何
一方でおコダ君が今ちょうどMOTHER1,2をやっているとのことなので、私もMOTHERシリーズRTAに取り組むことにした。

さしあたって今日はMOTHER1RTAの練習っぽいことを行った。
その結果を一応書き残しておこう。
メロディ1入手 0:02:00
メロディ2入手 0:06:05
メロディ3入手 0:37:37
メロディ4入手 2:14:57
メロディ5入手 1:19:50
メロディ6入手 2:09:40
メロディ7入手 2:01:44
メロディ8入手 2:03:51
End       2:36:43

ホーリーローリーマウンテンの洞窟で何度も死んだり、ギーグに1回負けるなどいろいろとあり得ない失態を演じているのでタイムはまだまだ縮みます。

古いゲームだけあって、ゲームバランスがかなり理不尽なので、安定戦略をたてるのが実は結構難しいです。
無計画に敵と戦っているといつでも全滅する可能性があるので、敵と戦う場合は計画的に、可能ならテレポーテーションの加速を利用してエンカウントは回避するようにします。
そんな中で、ラストダンジョンであるホーリーローリーマウンテンにレベル15で突っ込むなどギリギリのところを行っているので、緊張感は常にあるRTAだと言えるでしょう。

2008.03.07(Fri)

The Mercenariesを久々に更新。孤島2で128470点。使用キャラはエイダ。
効率的なルートが全くつかめていないのでスコアがあまり伸びない。難しい。

3月中に行いたいやりこみが3つほどある。
それは、過去の日記にも書いたFF10-2コンプリート率100%RTAとMOTHER3作RTAに加え、DQ6ダークドレアム20ターン以内撃破RTAの3つ。
もちろん全部やるのは無理なので、この中から選んでという形になるが。
一番面白そうなのはDQ6なのだが、調査すべき事項がまだ多く残っているので実行までに時間がかかる。
一方すぐにできそうなのはFF10-2。しかしあんまり面白くなさそうという由々しき問題も(ぉ
しかしすぐにできるということはすなわち過去に時間を費やして行った調査の蓄積があるということで、これを無下にするというのも虚しいので、FF10-2をやる可能性が今のところは高い。

2008.02.28(Thu) 卒業研究発表終了!

今日は卒業研究の発表会だった。
一応滞りなく発表を行うことができた。これなら卒業させてもらえるかな。多分。

卒研発表が終わったと言っても、まだ当面は研究室へ出勤しなければならないのですが。
むしろ年度末でいろいろな雑事が増えてくるのでかえって暇がなくなる予感も。
まあでも、3月にはなんかのやりこみをやろうと思っています。

2008.02.16(Sat)

Wii Fitは全くやってない。うーん。

The Mercenariesもほとんどやっていないが、でもバイオハザード4自体は結構遊んでました。本編の難易度プロフェッショナルをハンドガンとナイフのみでのクリアに挑戦してみたりとか。
プレイし直す度に新たな発見があり、新たな攻略法を構築したりするのが面白くて飽きが来ない。素晴らしいゲームだと思います。
私は今まで、既にプレイしたことのあるシリーズのゲームや、知人がプレイしているのを見て面白そうだと思ったゲームを買うことがほとんどでしたが、このバイオハザード4は久々にそういう背景なしで購入したゲームでした。大した期待もせずに買ったゲームでこれほど良いものに出会えたということがとてもうれしかったりします。

2008.02.06(Wed)

The Mercenariesは孤島2で128080点。キャラはやっぱりエイダ。
エイダは武器としてハンドガンとマシンピストルとライフルを持っているが、最もよく使うのはライフルだろう。このライフルだが、照準を合わせるのが左手に持っているヌンチャクでの操作になるため、非常にやりづらい。これを克服できればより高得点を狙えると思うのだが…。

Wii Fitは全然やらず。飽きてきたかも。やばい。
普段はWii本体に挿入されているディスクがバイオハザードになっているので、これをWii Fitに入れ替える必要がある。別に大した作業ではないと思えるが、このひと手間があまりに大きな障害になっているのは疑いない。

2008.02.01(Fri)

ドラゴンクエスト4のオフィシャルスコアブックがkmpより出版されるようです。
ドラクエ5、8、ベストアルバムに続いて第4弾ですよ。素晴らしい。
買うことはほぼ確定なのですが、処理するよりも購入するスピードの方が圧倒的に上なのでどんどん楽譜がたまっていってしまうのが悲しい。いわゆる(?)積み楽譜というやつだ。現時点で5冊くらいあるしな。

今回ドラクエ4スコアブックが製作されたのはやはりDS版のドラクエ4が発売したことを受けてなんだろうな。
ということは、ドラクエ5版は既に発売されているから、次に来るのはドラクエ6か? いやその前にドラクエ9という可能性もあるか。

2008.01.31(Thu)

実験+卒論の方が忙しくて日記更新できませんでした。Wii Fitも全くやってませんでした。

The Mercenariesは古城で201470点。キャラはいつものようにエイダ。
かなりうまくいったので、今の戦略と今の腕前ではこのくらいが限度だろう。攻略本でも買って研究すればもっと伸びるのかもしれないが、それはストレス発散の範疇を出るのでやるつもりはない。あくまで卒論の合間の休憩にやるだけ。
次からは別のマップに挑戦するか。

2008.01.26(Sat)

今日はWii Fitはお休み。

The Mercenariesではさらに古城のハイスコアを更新し、180270点。使用キャラは同じくエイダ。
この記録を出す前にちょっとだけウェスカーを使ってみたのだが、そのときに暫定ハイスコアとなる17万点台を出してしまった。武器が豊富すぎるのでウェスカーはやはり反則的だ。
なんか嫌なのでその後エイダで頑張って上記のハイスコアを出した。高得点のガラドールの出現ポイントを1か所新たに発見したこと、コンボを途切れさせることなくそれを撃破できたことが大きかった。

2008.01.25(Fri)

Wii Fit。
やはりまずは身体測定。しかしここで昨日以上の衝撃を受けることになった。なんと体重0.9kg増、BMIは20.01という結果を突きつけられたのだ。
服装に関しても、とりわけ問題があるわけではない。これは自分の不摂生であると認めざるを得ないだろう。先日と同様に言い訳を求められたので、とりあえず「夜食を食べた」を選択。晩飯とは別に、帰りがけに寄った店で半額で売られていた焼きそばパンを買って食べてしまったのだ。夜9時以降は物を食うな、どうしても食いたいならヨーグルトにしろとのアドバイスを受けた。気をつけます、はい。
なお、バランス年齢は20歳と診断された。恐らくこれは最高評価だろう。せめてもの救いだ。
トレーニングも15分間行った。ヨガもいつになく真面目に取り組んだら結構きつかった。しかしそれは普段使ってない筋肉を動かしているということであり、意義のある運動であったと言えるだろう。
…なんかWii Fit始めたころよりも大分このゲームに対する評価が高くなっている気がする。自宅でフィットネスを行うという意味では、これはこれでありだと思えてきたから不思議なものだ。

The Mercenariesでは古城でハイスコアを更新し、154040点に。使用キャラはエイダ。意外にもあっさりと更新することができてしまった。コンボを途切れさせずに速やかにガラドール2匹を倒せたのが大きかったか。

2008.01.24(Thu)

Wii FIt。
まずは身体測定から。今日はちゃんと服装にも気をつけて測定したのだが、結果はなんと体重0.1kg増、BMIは19.71に。
昨日の結果はまぎれもない事実だったというわけだ。これには衝撃を隠しきれない。
さらにバランス年齢も29歳と診断された。二重のショックである。
ということで今日はある程度真面目にトレーニングも行った。詳細は記さないが、運動時間は10分であった。

最近Wiiのゲームでほかにプレイしているものがある。バイオハザード4というやつだ。
昨年購入して既にクリアしているのだが、クリア後に出現するThe Mercenariesというミニゲームをやっている。
これは一定時間内に敵を撃ち殺していき、得点を競うというなんとも物騒なミニゲームだ。だが爽快感があってストレス解消になる。時間も1回あたりせいぜい5分くらいなので、卒論の合間にちょっと遊ぶのには適しているのだ。
現在のハイスコアは以下のとおり。
ステージ得点使用キャラ
129210クラウザー
古城112860エイダ
孤島1104580エイダ
孤島290940クラウザー
見ての通り、私が主に使っているキャラはエイダとクラウザーです。ウェスカーとかの方が強いと思うが、なんとなく好きではないので。
今後もこれはちまちまとプレイしていくつもりです。ハイスコアを更新したら日記にも記述します。

2008.01.23(Wed)

Wii Fit。
深夜2時半くらいにやっていたのだが、起動した際に「夜更かしは体に毒ですよwwwwww」などと言われた。別にそんなにやりたくもないものを無理してやっているというのに、なんという言葉を吐くのだろうか。
今日は身体測定を行った。体重が0.9kg増、BMIは19.68に。主に服装の違いによるものだと思われる。
体重が増加した言い訳をしろと言ってきた。いくつかある項目の中から言い訳を選べとのこと。とりあえず「夕食が遅かった」を選択。22時くらいに食べていたからな。最近は毎日このくらいだけど。
すると、夕食は遅くとも寝る3時間前には食べるようにとの勧告が。まあ一応その条件は満たしてるんですけど。
バランス年齢も診断したところ、25歳だった。1月16日の結果と同じである。なんとか実年齢の22歳にまで持っていきたいところだ。

2008.01.22(Tue)

日記の更新が止まってたのはWii Fitに飽きたから(ぉ
どうやら私の中ではWii Fitは2日連続でやると飽きる仕様になっているようだ。
明日はなんとか時間とってやります。多分。

卒論が終わったらやりたいやりこみが2つほどある。
1つはFF10-2コンプ率100%RTA。昨年の春から構想があるにもかかわらず実行できていないという、いわくつきのやりこみだ。
戦術はある程度固まっているので、時間さえできれば。
もう1つはMOTHER3作連続RTA。文字通りMOTHER1〜3を連続でRTAするというもの。
MOTHER1は昨年こっそりと調査していたので多分大丈夫。MOTHER2も過去に死ぬほどプレイしているので問題なし。
MOTHER3は一応2006年の五月祭でRTAをやっているが、発売直後で戦術もかなりいい加減なものであったため、今後真面目に調査をする必要があるだろう。この3作目を形にすることができれば、実行に移す可能性は大いにある。

2008.01.17(Thu)

はいはい今日もWii Fitやりましたよ。
身体測定は面倒なのでパス。というか1日で劇的な変化が起こるわけない。

まずはヨガから「ヤシの木のポーズ」。よくわからんが爪先立ちしてバランスを取ればいいらしい。画面に相対的な自分の重心の位置が点で表示されており、それが黄色い円からはみ出さないようにしろとのこと。一度もはみ出すことはしなかったが、評価は70点で☆3個。 昨日書き忘れたが、すべてのトレーニングの評価は☆の数でも表され、1〜4個の4段階評価となっている。
続いて筋トレ。種目名を失念したが、とにかく片足立ちして手と足を動かすやつ。43点という低得点で、「かなりふらついてますねwwwww」などと馬鹿にされた。
有酸素運動はパス。というのも、ジョギングは床に振動を与えるので階下の部屋の人に怒られそうだからだ。ジョギング以外にも有酸素運動はあるのだが、それもなんか面倒そうだし。
最後にバランスゲームから「バランススキー」。これもたまにCMで見かけますね。左右にバランスをとりながらゲレンデ上にある旗の間を通過していくというものだ。 慣れれば軽く重心を動かすだけでいけるのかもしれないが、今の私にはそういう器用なことはできず激しく左右に体を傾け続けてましたよ。勢い余って倒れそうになり、手をつくという場面も。どんだけ必死なんだ。
そんな苦労の甲斐なく、3回やってすべて☆1個。泣ける。

といったところで終了。今日の運動時間は6分。たったの6分間動いたことを運動としてよいものか。それ以前に、Wii Fitを運動としてよいものか。

2008.01.16(Wed) Wii Fit

昨日ようやく日記復活を果たしたのだが、実験ばかりで書くネタがないことには変わりない。
ネタがないなら作れ! ということで、登場するのがWii Fitだ。
これは昨年末に近所のおもちゃ屋で売られているのを見てつい買ってしまったものだ。買ったはいいが、2日で飽きて放置していた。それを、いまこそ日記のネタにするのだ。

ということで早速起動。ゲーム内でナビゲート役となる「ウィーボ君」と久々に対面。「31日振りだなwwwww」などと嫌味を言われつつ、まずは身体測定を開始する。
BMI指数が19.33だそうだ。その後、今後の目標を聞かれたので2週間以内に1kg減量と設定しておいた。身体測定時の服装次第では達成できるだろう(何
また、いくつかのバランス測定テストを経てバランス年齢を診断された。25歳だとか。orz

続いてトレーニングモードへ。ここでは「ヨガ」「筋トレ」「有酸素運動」「バランスゲーム」の4つのジャンルに分けられた多数のメニューの中から、やりたいトレーニングを選んで実行していく。各トレーニングでは評価基準があり、それに基づいて採点も行われる。
今日はとりあえず全ジャンルから1個ずつやることにした。
まずはヨガから「ひざを抱えるポーズ」。文字通りひざを抱えて前後に動かすだけ。この運動中に一度バランスを崩して足をついてしまったのだが、しっかりチェックされていて叱られた。そして基礎的な筋力が不足していますなどと罵られた。ごめんなさい…。
次に筋トレから「ローイング・スクワット」。説明は省略。こんなスクワットがあるとは知らなかった。
次に有酸素運動から「ジョギング」。Wiiリモコンをポケットに入れてその場で足踏みするというものだが、これがなかなか難しい。というのは、ジョギングの評価のポイントは同じペースを維持して走ることができたかどうかなのだが、Wiiリモコンをポケットに入れた状態だと揺れが不規則になるため、感覚的には同じペースを保っていても不均一な走りだと認識されてしまうことがあるのだ。 前回やったときはこのせいで低評価を受けたので、打開策としてリモコンを手に持って走ることにした。すると、安定した振りを維持できたため評価も大幅にアップ。脂肪燃焼率82%だそうだが、この%の意味がわからん。
最後にバランスゲームから「ヘディング」。CMでもたまに見かけるやつです。左右の重心の位置を調節して、向かい側から飛んでくるボールをヘディングしていくゲーム。ただしスパイクやパンダのぬいぐるみがサッカーボールに混じって飛んでくることがあり、これをヘディングすると減点となる。特にパンダは近くまで来ないとサッカーボールと区別が付かない上、3点の減点なので注意が必要だ。 というか正しくサッカーボールをヘディングして1点なのに対して、減点3点は大きすぎるだろ…。まあ、連続で成功させていくとボーナスポイントが別に入るのだが。 最初60点しか取れなかったのが悔しくてもう1回やったら134点取れた。とは言えまだまだ低い評価であることには変わりないのだが。

と、まあこんな感じでした。今日の運動時間は11分。
明日もまたやります。

2008.01.15(Tue) 新年あけましておめでとうございます(遅

15日はもう新年という言葉を発してはいけない時期のような気もしますが…
というか昨年も同じようなことをやってた気がします。いや、昨年はDQMJ日記を更新している分マシだったのか。これはひどい。
先月は更新回数0かよ。これはひどい。

これからはまた更新頻度を上げていきますので、よろしければまた見にきてやってください。
お詫びというわけではありませんが、とりあえず昨年の駒場祭でのDQ6RTA実演レポートをアップしておいたのでどうぞ。遅くなって申し訳ありません。


トップに戻る

�△修譴發覆鵑�姪櫃修Δ世掘�br> 最後にバランスゲームから「バランススキー」。これもたまにCMで見かけますね。左右にバランスをとりながらゲレンデ上にある旗の間を通過していくというものだ。 慣れれば軽く重心を動かすだけでいけるのかもしれないが、今の私にはそういう器用なことはできず激しく左右に体を傾け続けてましたよ。勢い余って倒れそうになり、手をつくという場面も。どんだけ必死なんだ。
そんな苦労の甲斐なく、3回やってすべて☆1個。泣ける。

といったところで終了。今日の運動時間は6分。たったの6分間動いたことを運動としてよいものか。それ以前に、Wii Fitを運動としてよいものか。

2008.01.16(Wed) Wii Fit

昨日ようやく日記復活を果たしたのだが、実験ばかりで書くネタがないことには変わりない。
ネタがないなら作れ! ということで、登場するのがWii Fitだ。
これは昨年末に近所のおもちゃ屋で売られているのを見てつい買ってしまったものだ。買ったはいいが、2日で飽きて放置していた。それを、いまこそ日記のネタにするのだ。

ということで早速起動。ゲーム内でナビゲート役となる「ウィーボ君」と久々に対面。「31日振りだなwwwww」などと嫌味を言われつつ、まずは身体測定を開始する。
BMI指数が19.33だそうだ。その後、今後の目標を聞かれたので2週間以内に1kg減量と設定しておいた。身体測定時の服装次第では達成できるだろう(何
また、いくつかのバランス測定テストを経てバランス年齢を診断された。25歳だとか。orz

続いてトレーニングモードへ。ここでは「ヨガ」「筋トレ」「有酸素運動」「バランスゲーム」の4つのジャンルに分けられた多数のメニューの中から、やりたいトレーニングを選んで実行していく。各トレーニングでは評価基準があり、それに基づいて採点も行われる。
今日はとりあえず全ジャンルから1個ずつやることにした。
まずはヨガから「ひざを抱えるポーズ」。文字通りひざを抱えて前後に動かすだけ。この運動中に一度バランスを崩して足をついてしまったのだが、しっかりチェックされていて叱られた。そして基礎的な筋力が不足していますなどと罵られた。ごめんなさい…。
次に筋トレから「ローイング・スクワット」。説明は省略。こんなスクワットがあるとは知らなかった。
次に有酸素運動から「ジョギング」。Wiiリモコンをポケットに入れてその場で足踏みするというものだが、これがなかなか難しい。というのは、ジョギングの評価のポイントは同じペースを維持して走ることができたかどうかなのだが、Wiiリモコンをポケットに入れた状態だと揺れが不規則になるため、感覚的には同じペースを保っていても不均一な走りだと認識されてしまうことがあるのだ。 前回やったときはこのせいで低評価を受けたので、打開策としてリモコンを手に持って走ることにした。すると、安定した振りを維持できたため評価も大幅にアップ。脂肪燃焼率82%だそうだが、この%の意味がわからん。
最後にバランスゲームから「ヘディング」。CMでもたまに見かけるやつです。左右の重心の位置を調節して、向かい側から飛んでくるボールをヘディングしていくゲーム。ただしスパイクやパンダのぬいぐるみがサッカーボールに混じって飛んでくることがあり、これをヘディングすると減点となる。特にパンダは近くまで来ないとサッカーボールと区別が付かない上、3点の減点なので注意が必要だ。 というか正しくサッカーボールをヘディングして1点なのに対して、減点3点は大きすぎるだろ…。まあ、連続で成功させていくとボーナスポイントが別に入るのだが。 最初60点しか取れなかったのが悔しくてもう1回やったら134点取れた。とは言えまだまだ低い評価であることには変わりないのだが。

と、まあこんな感じでした。今日の運動時間は11分。
明日もまたやります。

2008.01.15(Tue) 新年あけましておめでとうございます(遅

15日はもう新年という言葉を発してはいけない時期のような気もしますが…
というか昨年も同じようなことをやってた気がします。いや、昨年はDQMJ日記を更新している分マシだったのか。これはひどい。
先月は更新回数0かよ。これはひどい。

これからはまた更新頻度を上げていきますので、よろしければまた見にきてやってください。
お詫びというわけではありませんが、とりあえず昨年の駒場祭でのDQ6RTA実演レポートをアップしておいたのでどうぞ。遅くなって申し訳ありません。


トップに戻る