けい坊の日記

Counter
トップに戻る

・過去ログ

2006年7月〜12月/2006年1月〜6月/ 2005年/2004年

・告知

おてうさん主催「DQ3RTA大会」が開催されます。
私は実況兼解説として参加します。
詳しくはこちらをどうぞ。


2007.11.29(Thu) DS版DQ4

DS版DQ4クリア。真のエビちゃんまで。
クリアレベルはピサロ36、アリーナ42、クリフト40、ミネア39くらいだったかな。プレイ時間は14時間半ほど。

マイナーチェンジは結構あるものの、基本的にはPS版とほぼ同じものであった。つまらん。
移民の町も仕様変更によりやりこみ要素はなくなったし。
レベル上げにも興味はないので、真のエンディングを迎えた今、これ以上このゲームをやることはないだろう。

2007.11.26(Mon) 駒場祭終了

昨日まで駒場祭でした。
私はDQ6RTAの実演をやりましたが、そのレポートは現在鋭意執筆中です。完成したらアップします。

さて、DS版DQ4が発売しましたね。
私はDQ6RTAの練習もあったのでまだあんまりプレイしていませんが、極限データベースなどから情報は仕入れています。
どうも中断機能が事実上のクイックセーブになっている模様。この機能が今後発売されるDS版DQ6にも搭載されているとしたら、RTAはどうなるか?
強ボスの直前でセーブできるから安定したタイムが出せるようになる…と思いきや、DQ6の強ボスはムドー(下の世界)とデスタムーア。ムドー3に負けたらムドー2ともう1回戦わなければならないのは変わらないし、デスタムーアの第3形態で負けたら第1形態からなのも変わらない。なのでほとんど無意味と思われます。orz

2007.11.20(Tue)

DQ6RTA小刻みに練習し始めました。
今日はホラービースト撃破まで進めた。
ブラディーポ撃破が48分台、ホラービースト撃破が1時間11分台。
夢見の洞窟でブラディーポ前に1回全滅。ベビーゴイル×3に3回回り込まれたため。久々にギラの嵐が来た。
しかしブラディーポが混乱後1ターンで逃げたため、全滅のロスを感じさせないタイムでの撃破となった。
その後はGの関係で洞窟を歩いて出たため、そこでロスが生じた。そのため、ホラービースト撃破は遅いタイム。

それにしても大会では序盤が結構怖いなー。
今回全滅した夢見の洞窟はもちろん、月鏡の塔や地底魔城も危険。
また、シエーナまでの道のりも実はかなり危ない。普段は死んだらリセットが前提でプレイしているから何とも思わないが、シエーナ到着前にオニオーンやリップスの群れに遭遇するとかなりの確率で死ねる。山肌の道脱出後はエンカウントがないものとしてHP1桁でも悠然と回復せずに歩いていくのが常だが、本番はさすがに回復させよう。

2007.11.16(Fri)

駒場祭まであと1週間だというのに、DQ6RTAの練習は全くやっていない。
まじめに今後の日程を検討すると、通し練習ができそうなのは18日と23日しかなさそう。土曜日は研究室行かないといけないし。
18日は会誌印刷日、23日は駒場祭1日目だから本当は出かけるべきなのかもしれないが。
と思ったら18日は13時からバイトが入ってやがった。うーむ。どっちにしろ印刷は手伝えないっぽいな。すみません。
となると17日はさっさと帰宅して、夜にRTAという流れが最も妥当か。翌日のバイトの時間に起きられるようにするためには、28時には終了して寝たいところだが。そのためには19時に開始しなければならないのか。無理くせえ。

まあいいか。

2007.11.10(Sat)

おてうさんが1週間前からやっていたDQ4ノーセーブノーミス極限低レベルクリアが、今日不慮の事故により終了してしまったようだ。
わずか3ポイントの経験値を獲得してしまったことで、ライアンの最終レベルが15→16になるとか。ミスであるとは言え、あまりにも不遇な事態だ。
前例のない壮大なやりこみであっただけに成功を期待していたのだが、実に残念。次の挑戦に期待しておこう。

今年の駒場祭の企画も大体決定した模様。
私は当初はポケモン対戦に出場することになっていたのだが、時間もモチベーションもないので辞退。
その代わり、昨年に続きまたドラクエ6RTA実演をやることになった。
五月祭までになんとか1回は通して練習しておきたいところだが、果たしてどうなるか。

2007.11.09(Fri) FF10・その後

初回クリアを達成したFF10だが、惰性でなんとなくレベル上げをするなど継続してプレイしている。
今日は気になっていた飛空艇での「インプット」「サーチ」を試してみた。

まず「インプット」。なんかパスワードを入れろとか言われた。そんなもんわかるか! ってことでスルー。
続いて「サーチ」。地図上で○ボタンを連打しまくる不毛な作業を強要される。粘りに粘って、バージ=エボン寺院、ビサイド虹の滝、ミヘン海上遺跡、サヌビアの砂丘の4つを出現させた。とりあえず各所を回ってみる。

バージ=エボン寺院ではティーダが以前どうこうとか話し始めた。あのオープニングでの場所はここだったのか。水中でよくわからんボス戦。雑魚。奥に行ったら6箇所の寺院の宝箱を開けてこいと言われた。破のスフィアを使えということですか…。
これまでの寺院で破のスフィアで宝を回収できたのは恐らくベベルだけで、またほかの寺院に行ってあのクソめんどくさいスフィアパズルをやるのは嫌すぎる。まあ気が向いたときにやるとするか。というか、6箇所の寺院って何だ? 5箇所しか心当たりがないのだが…。

ビサイド虹の滝、ミヘン海上遺跡、サヌビアの砂丘の3地点には宝箱が置いてあった。それぞれ凶悪な性能の武器が入っていた。つーかAP2倍とかなんだよ! そういうのは稼ぎの前によこせ!

2007.11.03(Sat) FF10初回クリア

FF10。
ちょっと先に進んだらジェクトがいた。そしてブラスカの究極召喚との戦闘に。
凄まじいスピードで回復&ドライブゲージ溜めを行う両脇のせいで、全くダメージを蓄積させることができない。倒してもすぐに復活しやがるし。
2回目の挑戦時は召喚を多用し、両脇とともに本体にもダメージを与えていくことでどうにか第1形態を撃破したのだが、第2形態であっさり敗北。自然回復に追いつかないのはもちろん、敵の攻撃をしのぐことすら困難であった。

戦力的にこのままでは勝てないと感じ、ここでレベル上げを実施。ちまちまとそこらの雑魚敵を倒す。
雑魚敵とは言ってもかなりの強敵がそろっているので、全く油断がならない。そしてHPが高いので時間がかかりまくる。
延べ3時間くらいは稼いだだろうか。各キャラがスフィア盤の自分のゾーンを制覇し、第2のゾーンに入り始めたあたりで再戦。

今度はアーロンの攻撃で9000超、ワッカの攻撃で7000超のダメージを出せるようになったので自然回復を上回ることは容易。
第1形態はほとんど攻撃を連打しているだけで勝てるようなレベルになったが、第2形態はさすがにそうはいかなかった。全体攻撃があまりに凶悪すぎるためだ。
ヘイストがかかっていないルールーを出したところ、ルールーの行動が回ってくる前に敵が2回も攻撃してきやがり、全体攻撃→単体攻撃で全滅。
4回目の挑戦ではその反省を踏まえ、第1形態の間に主要キャラにヘイストとプロテスをかけた上で第2形態に臨んだ。これで敵の攻撃で受けるダメージを2000弱に抑え、回復も追いつくようになった。
両脇は逐一撃破していたのだが、徐々に復活時のHPが増加していき、倒すのが困難になった。そこで諦めて本体に攻撃を集め、召喚獣も出して特攻して撃破。

その後召喚獣→エボン=ジュとの戦闘。全員に永久リレイズがかかっているようで、どうみてもイベント戦闘であった。エボン=ジュは攻撃するたびにカウンターでケアルガを使いやがるため最初はどうやって倒せばいいかわからなかったが、毒やらゾンビやらが効くことを見出し、それらではめて撃破。
といったところでエンディングに。しかしバイトの時間が迫っていたため、途中で電源を切ってしまったが。ティーダが消滅するシーンがあったが、先に10-2でティーダが復活するイベントを見ているので特に感想はなし。

2007.11.01(Thu) シーモア・最終異体撃破

シンの体内に入った。敵が強く、倒しにくい敵に対してはとんずらをしながら地道に先へ進んでいき、あとわずかで次のセーブポイントというところでキングベヒーモスが出現。これを倒せば全回復できるし、倒そうと思い全力で攻撃していったところ、死に際で敵がメテオを撃ってきやがった。当然のように全滅。マジでやってられん。
気を取り直してもう一度同じ道を行き、どうにかセーブポイントに到達。直後にシーモア・最終異体との戦闘。
戦闘開始後、いきなりファイガ4連発。しかしこれはキマリのマイティガードで被害を抑えることに成功。その後ユウナが念のためバファイをかけ直すと、次に来たのはまたファイガ4連発。事なきを得た。ここでシーモアの弱点が氷になっていることに気づき、今は炎モードだということを理解する。そこで、ルールーのブリザガを中心にダメージを与えていく。またアーマーブレイクを使ってからは、打撃でもかなりのダメージを叩き出し、順調に削っていった。
その後、シーモアがなにか言ったあとにデスペル→アルテマという攻撃が来た。完全に想定外の行動であり、何ら対策を施していなかったのだが、ユウナが残りHP約300でぎりぎり耐える。その後どうにか態勢を立て直すと、今度は敵のモードが氷にチェンジ。ならばということでここでシヴァを召喚。事前にシヴァにファイガを修得させておいたことも幸いし、敵の攻撃を完全に吸収しながら一気にダメージを蓄積していく。しばらくするとまたアルテマモードに入ったので、「まもる」を選択。ダメージを3桁に抑えることに成功した。
次にシーモアが水モードにチェンジ。水属性の召喚獣はいないので、ここは人間キャラで普通に戦うことにした。バウォタを使えば何ら問題なくしのげる。そしてまたアルテマモードに入ったが、ここは次に雷モードになると踏んでイクシオンを召喚し、同様に「まもる」でアルテマをガード。その後予想通り雷モードに移行したため、イクシオンでひたすら殴り続けて勝利。

撃破後、少し進んで次のセーブポイントでセーブしたところで終了。

2007.10.31(Wed) シン撃破

日記には書いていませんでしたが、FF10はちゃんと進めています。今日までにシンを撃破。

これまでのボス戦の感想など。
シーモア・異体戦は適当にやったら勝てた。本当に適当にやっただけ。
護法戦機戦では1回全滅。さすがに油断しすぎたか。2回目はちゃんとプロテス等で固めて堅実に戦い、勝利。
ようじんぼう戦は適当にやって勝利。オーバードライブ技は危なそうなので召喚獣を出して回避した。
エンケ=ロンゾ+ビラン=ロンゾ戦では1回全滅(ぉ 竜剣に熱中しすぎた。キマリをリュック方面に成長させたおかげで、この2人組からLv3.キースフィアを6個も奪取することができた。
シーモア・終異体戦でも1回全滅。戦略的にデスペルがぜひとも欲しいところで、ユウナがそこまでもう少しというところだったので、ここで少々稼ぎを行った。
聖地のガーディアン戦。よく覚えていない。楽勝だった気がする。
魔天のガーディアン戦では1回全滅。敵の行動パターンがよく理解できなかったため。2回目では仕組みを理解し、反撃ダメージを抑えるようにしながら戦って勝利。
ユウナレスカ戦は敵の外見にビビりまくった。嫌らしい行動で執拗に攻撃してくるので非常に面倒だったが、どうにか1発で勝利。第3形態に入った直後のオーバーデスは、うまい具合にゾンビ状態のキャラが残っていたので助かった。
シンの左腕から始まる3連戦はなんか楽勝だった。
そのあとのシン戦。妙に敵の攻撃がぬるく、これはオーバードライブ技で超強力なものが来るのだろうと予想。しかし敵のゲージがたまったところで、あと与えなければならないダメージは12000ほど。こちらの残り行動回数は2回。普通にやったら削りきれないと判断し、ここでキマリを出して自爆させた。このおかげでオーバードライブ技が来る前に勝利することができた。

2007.10.26(Fri)

FF10はビーカネル砂漠まで。
攻撃力の高い敵が増え、それなりに苦戦させられるようになってきた。だがフェニックスの尾は大量に用意してあり、そこら辺にハイポーションがよく落ちているので、唯一の回復役であるユウナの不在を感じさせない。
これまでメイン攻撃手段としてきたルールーの魔法を封じようとする敵が現れた。対抗策が万能薬しかなく、やむを得ずルールーをはずして別のキャラを使わざるを得ない状況が多々あった。うざすぎる。黒魔法に比べると打撃力は火力が明らかに劣っており、時間の無駄以外の何物でもない。ゲームバランス的にこれでいいのか…?
今日はアルベドホーム襲撃イベントを終え、飛空艇に乗り込んだところまで。

2007.10.20(Sat)

FF10を一気に進めた。
グアドサラムでは長々としたイベントを見せられて萎える。しかし、いろいろと新しい発見があった。まず、あの豪邸はシーモアの家だったということ。FF10-2ではルブランのアジトになっていたわけだが、こんな背景があったとは知らなかった。
また、上層右方面の通路から異界に行けるというのも初耳だった。10-2では常時封鎖されていたはず。

雷平原。雷避けがあまりにも難しすぎる。1回しか成功しなかった。エンカウントしたときにも画面が光ったように見えるので、そこでも反射的に○ボタンを押してしまったり。で、戦闘終了後ノータイムで雷が直撃したりとか。あまりに理不尽すぎる。
また、ここでようやくアビリティスフィアを落とす雑魚が出現した。そいつが出たときは逃げずに戦い、アビリティスフィアを稼いで、これまで滞っていた技の修得を進めた。ルールーがファイラ等の上位魔法をここで修得し、ダメージ効率が大きく向上した。

マカラーニャの森。青い蝶を探せとか言われたが、なかなか捕まえることができない。ちゃんと捕捉しているはずなのだが。やっと捕まえたと思ったら、その後謎のカウントダウンが始まる。意味わからん。
寺院に進み、シーモア戦に突入。横の連中がオートポーションで不死身。勝てるわけねー。シーモアの攻撃はバファイ等で完全に防げるので負ける要素はないのだが、それ以上に相手に負ける要素がない。
いろいろ試していると、横の連中のうち1人がなぜか急にオートポーションしなくなったので、その隙をついて撃破。しかし何が正解だったのか不明なまま。その後また試行錯誤を繰り返しながら10分くらい戦って、もう1人もなぜかオートポーションしない状態になり、撃破。相変わらず何が良かったのかわからん。
その後アニマが登場。カオティック・Dだけはヤバそうなのでヴァルファーレを召喚して回避したが、あとは大したことなかったので楽勝。そしてまたシーモアとの戦闘になったが、連続魔仕様になっただけなのでこれも大したことなかった。
寺院から脱出する際にまたスフィアパズル。しかし今回は非常にスムーズに解法を理解し、15分程度で攻略した。
寺院を出ると、グアド・ガードが次から次へと追ってきて死ねた。だが、見破るの表示をよく見ると、「アイテムをなくせばよい」というヒントが書かれていることに気づく。それでも何をすればよいか最初はわからなかったのだが、のちに「盗む」をやればよいことについに行き着いた。この衝撃的な事実に気づいてからはグアド・ガードがアビリティスフィアを落とすカモに成り下がり、快適に進めるようになった。
今日はこの辺でセーブして終了。

2007.10.19(Fri)

FF10は幻光河シパーフ乗り場まで進んだ。
道中でLv1キースフィアが6個くらい落ちてた。何このゲームバランス。
ベルゲミーネとの召喚獣バトルがまたあった。前回に続き普通に敗北。こんなの勝てるわけないだろ。
なんというか、ポケモンバトル感覚で召喚獣バトルしてる様がなんか笑える。

アビリティスフィアが全然なくて技がなかなか覚えられない。
ねらうとかはげますとか使いもしない技のために消費したのは失敗だったか。早くレイズが欲しい。

2007.10.18(Thu)

FF10はジョゼ寺院をクリアしたところまで。
チョコボイーター戦は適当にファイア連打で勝利。
シンのコケラ:ギイ戦もやっぱり適当にやったら勝てた。ルールーのファイアとアーロン、キマリの打撃で地道に攻撃していくだけ。
敵の攻撃は弱いのだが、HPだけが高いのが非常にうざい。パーティの成長はほぼ一本道なので、これが普通だということか。
ジョゼ寺院ではまた例のスフィアパズル。試行錯誤を散々繰り返してようやくクリアしたが、正直こんなのいらんだろ。

2007.10.17(Wed)

FF10はミヘン街道の途中まで。
ブリッツボールのチュートリアルは我慢して読んだのだが、「負けているときは△ボタンで終了できる」という最も重要な情報が最後に配置されているという糞仕様。
ところが実際の試合では、明らかな戦力差があるにもかかわらず何故か同点で後半戦に入るということになり、そのショートカットを行使できなかった。
後半戦では普通に負けたしな。まあなんかイベントっぽかったけど。

2007.10.15(Mon)

先週の日記に書いたDQ6RTA再開宣言だが、思わぬ形で実現する可能性があるかもしれない。
待て次報。期待はするな。

FF10はキーリカ寺院をクリアしてルカに到着したところ。
船中などでやたらと長いイベントを見せられた挙句、ブリッツボールのチュートリアルが一挙に10個くらい表示されたところでやる気を喪失して終了。ざけんな。

2007.10.14(Sun)

先日、FF10ピアノコレクションズを入手した。スコアブックではなくてCDの方ね。
9月に購入したFF9に続いてのピアコレ。
FFピアコレの予想外の完成度の高さに気づき、勢いで買ってしまった。

例によって好きな曲を挙げてみる。完全な自己満足の領域ですみません。
03.ビサイド島
10.浄罪の路
12.ユウナの決意
14.決戦

昨日からFF10を始めたのは、これらの曲をゲーム中で聴くことが目標でもある。
03.ビサイド島については既に達成。あまりに違いすぎて最初わからなかった。

2007.10.13(Sat) FF10

なくしたと思っていたPS2が発掘されたので、なんとなくFF10を始めることにした。
ソフト自体は半年ほど前に買ったのだが、面倒なのとPS2紛失で放置していたものだ。
今日は2時間半ほどプレイしてキーリカ島到着まで。イベント長過ぎてだれる。

2007.10.08(Mon)

昨日のRTA大会を観戦して、僕もRTAをやろうと思った。
と言っても、DQ3をやるわけではないですが。
やるならまたDQ6かなー。あまりの精神的苦痛を伴うので一度はあきらめかけた8時間切りだが、もう少し頑張ってみるか。
今後、暇を見てDQ6RTAに挑戦したりするかもしれません。

2007.10.07(Sun) DQ3RTA大会

DQ3RTA大会。
当初の予定ではプレイヤーは6名だったが、飛び入り参加で2名加わり、8名が集う大変にぎやかな大会となった。
お客さんもかなりの数になったが、部屋にちょうど収まりきるくらいで、予定通りうまくいった感じかなと思う。

大会はえぐち君が優勝、次いでドノさん、ミツカンさんという順位で終わった。
中盤以降のボスに全員がかなりの苦戦を強いられる展開の中、全滅回数を少なく抑えたこの3人が上位に来たのは当然の結果だろう。

僕は実況という立場だったのだが、話すことがなかなか思いつかなくて困ったりした。
あとは声が通らなくて困った。次やるときは実況にはぜひともマイクを用意するべきだと思った。
まあそう簡単にマイクを使える環境が用意できるのなら苦労はしないと思いますが。
会場は東大のキャンパスプラザを利用したが、今回トラブルになりそうなことは全くなかったので、次にやるときも使うことはできると思う。

2007.10.06(Sat)

研究室行ってバイト行ってそのあとDQ3RTA大会打ち合わせのためおてうさんらと会った。
実況のスタイルが一応見えてきた気がする。あとは当日やるだけ。
とりあえず、僕が担当するのは第4会議室になった。えぐち君、あうさん、ミツカンさんのレポートを重点的に読み込む。これから。

あとは明日遅刻せずに行くことを頑張る。

2007.10.04(Thu)

DQ3RTAの復習でもしようかと思っていたが、結局面倒なのでやらなそうだ。
その代わりというか、プレイヤーの方々のレポートを一足先に入手したので、それを読んで実況の準備など。
本当に各人各様の戦略が立てられていて、全員分の戦略を把握するだけでも苦労しそうだ。

メインページを見たらいつの間にかプレイヤーの部屋割りが決まっている模様。
ということは、どっちかの部屋のプレイヤーの分だけ戦略を把握しておけばいいということかな。
どっちの部屋で実況するかはまだ決まってないんですが。

2007.09.30(Sun)

音楽練習室。
「ローズ・オブ・メイ」を2時間くらい練習して進行度は9割ほど。
ちなみにこの進行度は僕基準で、ノーミスで弾けて、ある程度の曲調もつけられるのが10割としている。
なので10割になったとしてもプロ並みに弾けるということでは決してない。
そして僕は大抵の曲は8割くらいの進行度で終了することが多い。過去に10割を達成したのは、DQ5の「天空城」とか坂本龍一の「energy flow」とかベートーベンの「月光」第1楽章とか。

2007.09.29(Sat)

おてうさん主催のDQ3RTA大会まであと1週間ほどですね。
私は実況・解説として参加することになっています。
五月祭以降DQ3には一切触れておらず、戦略等もすっかり忘却してしまっているので、なんとか解説できるくらいまでは復習しておきたいところ。

メールアドレスを変えました。
keibou18[あっとまーく]yahoo.co.jpです。今後はこちらにメールをくださるようお願いいたします。

2007.09.28(Fri)

先々週、先週と3連休の週末が続いていたが、今週は普通の土日。
…と思っていたのだが、10月1日は都民の日で東京都内の学校は休みになるそうですね。
大学は関係ないのだが、東京都内の小学生〜高校生は3週連続で3連休ということになるということか。
まあどうでもいい話ですね。

2007.09.23(Sun)

極限カタンオフなど。
6戦して1勝を挙げた。前回も1勝しているが、そのときは他の方のサポートがあっての勝利だったので今回の方が価値が高い。

音楽練習室の予約も取ってあったので、その間は離脱してピアノの練習。
「ローズ・オブ・メイ」をひたすら特訓して進行度は6割といったところ。
実は来週も音楽練習室を取ってあったりするので、そこである程度の形にしたい。

2007.09.20(Thu)

「ピアノコレクションズ・ファイナルファンタジー9」、それなりに聴きこんでみた。
やっぱりファイナルファンタジーはピアノアレンジが秀逸だ。一方ドラクエはオーケストラアレンジが映える。いずれも、作曲者のバックグラウンドが生かされている。
まあ私が持っているピアノコレクションはFF8とFF9だけですけどね。

FF9はFF8に比べると音数が多くて聴く側としては小気味よい。
ただ、その分難易度が高いので弾くのは大変だ。特に「Vamo' alla flamenco」と「最後の闘い」あたりは相当なレベルだと思う。
「Vamo' alla flamenco」は是非とも弾いてみたい曲でもあるのだが。楽譜を買うかどうか悩み中。
ほかにも「ローズ・オブ・メイ」とかも弾いてみたいが、これは既に所持しているスコアブックに収録されているので、そのうち練習しようと思う。

2007.09.18(Tue)

「ピアノコレクションズ・ファイナルファンタジー9」を購入。
試聴してみて、一昨日の日記にも書いた「Melodies Of Life」をはじめとして気に入った曲が多かったので買ってしまった。
FF9のゲーム自体はやったことがないし、当面はやるつもりもないが、サントラだけ買うというねじれた事態となった。こんなことは今回が初めて。
0-shi君はそういうこともよくあるらしいが、その気持ちがちょっとわかった気がする。

お気に入りリスト。
04:Vamo' alla flamenco
05:辺境の村 ダリ
10:ローズ・オブ・メイ
14:Melodies Of Life

まだあんまり聴いてないので割と適当ですが。

2007.09.16(Sun)

音楽練習室の予約を取ったので行ってきた。
前々から弾けるようになりたいと考えていた「Melodies Of Life」(FF9)を集中的に練習。
譜面に運指を書き込んでまで気合いを入れて練習をしたのは久しぶりだ。
さすがに難易度が高く、今日の2時間で進行度は3割くらい。来週の日曜日にも部屋の予約を取ることができたので、そこである程度の形にしたい。

その後PONさんらとカラオケを2時間ほど。
さらにその後はバイトを2時間。
2時間単位で行動した1日だった。

2007.09.12(Wed)

9月って実は国民の祝日が2日もあるのですね。
ここ3年ほど、9月は夏休みとかぶっていたのですっかり忘却の彼方にあった。
今年は9月からは研究室が始まるので、この2日が非常にありがたく感じられる。
やはり休日という実感を伴ってこそ、心からお年寄りを敬えるというものだ。

2007.09.08(Sat)

音楽練習室に行ってピアノの練習など。
その帰りにおコダ邸を訪問。
軽くポケモンの対戦などしてみた。シングルバトルで敗北、ダブルバトルは引き分け。まあダブルの方は時間切れまで粘れば判定で僕が勝っていたと思うけどな。
おコダ君がWi-Fiでランダム対戦するのを見物したりもした。対戦相手のデータは残るらしいのだが、その履歴を見ると廃人仕様のポケモンが多くて酷い。

僕ももう少しポケモンの育成でもやろうかなと思った。
当然、個体値吟味はほどほどにして数を多く用意するのが狙いだが。

2007.09.06(Thu)

TGA飲み。
木曜日という日程にもかかわらず、結局能動的に台風の影響でやむを得ず徹カラ+麻雀にまで参加してしまった。
麻雀は僕はド素人で、2回くらい無能すぎるチョンボをやらかした気がするが(←眠くてよく覚えてない)、初心者乙ということで見逃してもらった。だめ。

その席で謎のポケモントレードが行われていたのだが、ヒコザルLv43とかいう単語が聞こえてきて衝撃を隠せなかった。
要するに、高個体値を得るために育て屋にずっと預けていたらLv43まで上がってしまったということ。
僕などはどんなに吟味を頑張ってもせいぜいLv20〜30くらいで終了するので、そんなのは遥かに遠い領域だ。
おコダとかいう人に至ってはLv70台のタッツーがいるとか言っていた。必要経験値は40万。40万歩を歩くということは、1秒間に8歩と仮定しても14時間かかることになる。なにこの暇人。

2007.09.05(Wed)

最近になって、スーパーマリオワールドのヨースター島コース2の最初のノコノコを利用した1upに応用技があることを知った。
スピンジャンプを使って8匹連続で踏む方法の発展形となる技だ。
まず下段に置いてある甲羅を蹴ってから、スピンジャンプで上段のノコノコを8連続で倒し、そのまま下段に下りて蹴った甲羅を踏むというもの。これで2upが可能となる。

実際にやってみると、簡単そうに見えてなかなか難易度が高い。
甲羅の寸前でXボタンを離し、蹴ったらすぐにXボタンを押し直すという動作と、その後少々の助走をつけてからジャンプするという動作が特に難しい。前者に失敗すると甲羅を持ってしまうし、後者に失敗すると蹴った甲羅に当たって死ぬ。
10分ほど練習してみたが、3回に1回くらいしか成功しない。

驚くべきことに、このコースの最速クリアとこの技を両立することが可能。
なのでRTAでの魅せ技としては最適だと言えるだろう。100%近い成功率なら。
「魅せ技」って誰に見せるんだよ、と思われるかもしれないが、マリオワールドのプレイを人に見せる機会は結構あったりする。
これまでにも、駒場祭の企画として2回実演したし、同じクラスの人々の前でやったこともある。
自分と同世代の人なら大半が知っているゲームなだけに、このゲームのスキルを磨いておくことは意外と役に立つ。

2007.09.02(Sun) 夏休み終了

気づけばもう9月。あっという間すぎる。
明日からはまた研究生活が始まるのでゲームなんかほとんどしなくなるんだろうな。

夏休みにやったことのまとめ。ゲーム関係で。

◎「DQ6短時間攻略ガイド」発行
この3年間に得たDQ6RTAの知見をまとめた集大成。夏コミでも約120冊を完売した。

○極限オフ会
コミケ後の打ち上げと、今日のカタンオフ。今日はついにカタンで1勝を達成した。

○アマチュアオーケストラコンサート観覧
昨年も行ったリトルジャックオーケストラの定期演奏会に今年も行ってきた。第1部のコナミ関係の曲目がさっぱりわからなかったのが残念。

△DQ6RTA
結局クリアすることすらできず。8時間切りの目処も立たず。

△ポケモン
適当に4匹くらい育成したような気がする。

×FF10-2RTA
結局やっていない。そして今後はやる機会があるのだろうか。というか、PS2を紛失したっぽい。

2007.08.21(Tue) DQ6RTA2日目

今日もDQ6RTAやりました。
ラップタイムを書いておこう。

塔の兵隊撃破 0:24:14
ブラディーポ撃破 0:46:58
ホラービースト撃破 1:08:11
ムドー1撃破 1:42:38
ムドー3撃破 2:17:49
アモス加入 2:31:03
ブラスト撃破 3:08:26
ジャミラス撃破 3:23:46
試練その3撃破 3:43:07
ミラルゴ撃破 4:12:35
グラコス撃破 5:32:10
魔王の使い撃破 5:46:58
デュラン撃破 6:10:07
アクバー撃破 7:02:34
ズイカク・ショウカク撃破 7:15:45


瑞祥(ズイカク・ショウカクの略…ぉ)撃破から先がないということが何を意味しているか、賢明な読者の方はお分かりでしょう。
はいはいデスタムーアデスタムーア。

しかし今回のアタックはデスタムーア神がどうこうという以前に、私自身の下手糞さにブチ切れだった。
順を追って、その反省をしていこう。

ムドー3撃破までは良かった。
もちろんメタスラなど狩れるはずもないが、それでも自己2位となる2:17:49でのムドー3撃破は素晴らしい。ミスらしいミスも無かった。
ブラスト撃破でなんと自己ベストを叩き出す。その後、前回大幅タイムロスを喫した試練その1をロスなく撃破したため、試練その3撃破で自己ベストに4分もの差をつけた。世界記録更新が見えてくる。
運ゲーとなるスライムナイト捕獲では、4回倒して起き上がらなかった時点で不安がよぎるが、5回目で仲間になった。ロスは微々たるもの。 ミラルゴも自己最速での撃破となった。

ところが、ここから先は凋落の一途をたどることになる。

レイドックの井戸にある力の盾を回収に行く途中、ブラッディハンドの群れに襲われ、3回回り込まれてバーバラと主人公が死亡。 ザオラルで復活させて先に進むと、今度はオンディーナ×2+フロストギズモ×2に3回回り込まれてバーバラが死亡。
散々な目に遭った。

次に、不思議な洞窟にて遭遇したハイオーク×2が2ターンで3回痛恨の一撃を出してきやがり、ハッサン以外の3人が死亡。だがどうにか逃げ切る。
しかしさっきの井戸での襲撃時にザオラルを使いまくったためチャモロのMPはほとんどなく、主人公を生き返らせたところでMP切れ。
なんとかスフィーダの盾は回収できたが、残った2人を生き返らせるためにいろいろやってたら大幅タイムロスとなってしまった。

そして海底神殿。
逃げの失敗率が異常に高く、回復もそこそこに先を急いでいたら、ミレーユが死亡。
だからもうチャモロのMPないんだってば…。
一応魔法の聖水が袋に入っているが、どうせグラコス戦ではミレーユは最初にハッサンにスカラをかけるだけの仕事しかない。スカラならハッサンが自分で使うこともできるので、ここはミレーユは放置したまま進むことにした。
そしてグラコス戦。予定通り1ターン目にハッサンが自分にスカラを使おうとするが…。

「MPがたりない!」

…あれ?
見れば、ハッサンのMPは1しかない。え、これやばくね?
俄かに現実味を帯びる全滅の二文字。
とりあえず、いつもと同じようにハッサン1人でひたすら攻撃を続けていく。
グラコスの通常攻撃で58程度、強打撃で70程度のダメージを受ける。神秘の鎧の自然回復は50なので、割とまずい。
だが、氷の息なら33程度、げはげは笑いながらなぎ払うでは46程度のダメージなのでいくらか回復できる。というかげはげはって通常攻撃よりも威力が抑えてあったのか。へぇ〜。
まあそんな感じなので、ときどき防御してやれば問題なく勝てた。しかし、普段なら防御などしなくても勝てるわけで、ここでも多少のタイムロスとなってしまった。

以上のように雑魚敵に思わぬ苦戦を強いられたため、デュラン撃破タイムが自己ベストよりも遅くなってしまった。
8時間切りはほぼ不可能となったが、それでも自己記録更新に向けて残りを頑張ろうと思う。

しかし…。

狭間の世界に突入し、絶望の町→ヘルハーブ温泉と進んで、ペガサスでザクソン付近に着地しようとした瞬間。手が滑ってBボタンではなくXボタンを押してしまったらしく、上空に吸い込まれていくペガサス。
凍りつく私。終戦のお知らせ。
一応解説すると、Xボタンを押してしまったことで狭間の世界に逆戻りとなり、もう一度温泉から下の世界に行かなければならなくなったということです。しかも、通常は温泉で拾えるキメラの翼を使ってザクソンに近いゲントの村に行ってからペガサスでザクソンへ行くところ、既にキメラの翼を使ってしまったために長距離をペガサスで移動する羽目に。
これで1分30秒近いロスとなってしまい、記録更新は絶望的となった。

まあここまでやって中止するのも癪なので、一応最後までやることに。
デスタムーア戦は超攻撃的戦略で臨み、わずかな記録更新の可能性に賭けることにする。
しかしだ!

デスタムーア戦が始まった直後に気づいた。電卓を用意していない!
電卓が必要なのは第2形態。今は第1形態。もう画面なんかほとんど見ず、必死に電卓を探しながらコマンドを入力し続けた。しかしどこにも見当たらない。
気づいたら第1形態が倒されていた。電卓はない。

原始的に紙と鉛筆で計算していくという手もある。しかし、それでは記録更新など不可能だ。そこで、暗算でやってやろうと覚悟を決める。
だが、デスタムーア第2形態という強大な相手と戦いながら正確に計算をするということは私の能力では無理だった。
とどめを刺そうと思ってテリーが雷鳴の剣を使うが、デスタムーアは倒れず。
その後、急に激しさを増したデスタムーアの猛攻の前に一度も全回復状態を作り出すことができず、パーティはほぼ壊滅した。この時点で自己ベスト時のデスタムーア撃破タイムより遅くなっていた。完全に終戦となった。


要するに、

ケアレスミスを繰り返す糞無能に未来はねえ!
足し算もできない糞無能に未来はねえ!

無能!
死ね!



…dqmaniacさんの真似ですごめんなさい。

2007.08.20(Mon) DQ6RTA(いろいろ追記あり)

予定通りDQ6RTAを実行します。
10:00開始で。

10:00:00 スタート
10:14:05 村祭り休憩開始
10:24:42 塔の兵隊撃破
10:48:17 ブラディーポ撃破



誠に残念ですが、ここで終了となりました
サンマリーノに戻って、ジョセフに話しかけたところでフリーーーーーーーーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!
DQ6のRTA中にフリーズに見舞われたのは今回が初めて。SH*T!!!

たかだか1時間だからそこまで憤慨しなくても…と思われるかもしれません。確かにそうなのですが、今回は事情が違いました。
なんと、夢見の洞窟でメタルスライムを撃破していたのです。それもブラディーポ戦の前に。
48:17でのブラディーポ撃破、しかも主人公がレベル8、ハッサンがレベル9というのは空前絶後の超速であり、ムドー3撃破で2時間15分切りも十分狙える最高のコンディションでした。
それまでニコニコ動画でどうでもいい動画を見ながら、だりーとか言いつつプレイしていたのをここですっぱりと止め、全神経をDQ6に集中して臨戦態勢に入った直後にこれですよ。

気を取り直してもう1回RTAを始めるとか、今の脱力状態では絶対に無理。というか、フリーズしやがったこのソフト、このスーパーファミコンでRTAをやる気にはなれない。
今から秋葉原に行ってスーパーファミコンとDQ6を買ってきます。むかついたからそれぞれ2個ずつ買ってやる。コミケの売り上げであぶく銭が入ったところなので別に問題なし。あひゃひゃひゃひゃ。


15:00ごろ帰還。
スーパーファミコンが3000円もするという想定外の高価格だったため、1台しか買わなかった。
その代わり、ドラクエ6は買い占めてやったぜ。ひっひっひ。
これで私の所有するドラクエ6のソフトは7本になった。


その後、やや気力が回復してきたので再度DQ6RTAを実行。
メタスラなど当然倒せるはずもなく、平々凡々たるタイムでブラディーポを撃破。
北の洞窟でもメタスラの姿は見えず。しかし、ホラービーストが1回もメダパニダンスを使わないという異常事態が起こり、撃破が1:07:43というそこそこの好タイム。

ところが、事件は月鏡の塔で発生した。
お約束のシャドー4匹に3回回り込まれて冷たい息を連打され、ミレーユ以外の2人が死亡。
この時点でモチベーションは極低だったが、それでも一応続行したわけですよ。
そうしたら、さらに追い討ちをかけることが起きたわけですよ。
今度はシャドー3匹に4回回り込まれ、当然の如くミレーユも死亡、全滅!!!!!

死ね!!!!!!!
シャドーに4回回り込まれるとか悪夢以外の何物でもないんだよSH*T!!!!!!!!!!

2007.08.19(Sun)

せっかく夏休みだというのに、だらだらとした生活を送っていてよろしくない。
DQ6RTAをやりたいとか書いたのに、DQ6を起動すらしていない。
ムドーやデスタムーアに完敗という展開が目に見えているため、どうにも気力が湧いてこない。実行に移すための気力のthresholdが高いというべきか。

とりあえず明日から3日間は何の予定もないので、ここで少なくとも2回はDQ6RTAをやることを宣言しておこう。
まずは明日。
開始は9時か10時で簡易実況をしてみる予定。

2007.08.17(Fri) コミケ

夏コミ。
しかし僕は大学の試験があったので会場には行けず。
あとで聞いたところ僕のDQ6RTA本はちょうど完売したらしい。買ってくださった方、ありがとうございました。

会場には行けなかったが極限の打ち上げには参加。
某所で食事をしてから某所に移動して徹夜でいろいろと。
僕はひたすらカタンをやっていた。カタンは初めてだったが、とりあえず基本的なルールと、あがりを目指すための一般的な戦略については理解したと思う。

帰宅したのは37時ごろ。すぐさまベッドに倒れこみ、18日はほとんど何もできずに終わった。

2007.08.11(Sat) 印刷

極限&ゲー研印刷。
と言っても僕は極限の方しか仕事しなかったけど。
普段あまりお目にかかれない方々がたくさんいらっしゃって、楽しかった。

ちょっと前におコダ君に渡していたポケモンのソフトを今日返してもらった。
映画館にダークライをもらいに行くというので、ついでに僕の分ももらってきてもらうために渡していた。
が、ダークライのダの字も見当たらない件。
もしかして釣られた?

2007.08.10(Fri) 夏休み

とりあえず院試終了。
これで明日からはしばらく遊べそうだ。
あ、明日は極限&ゲー研の印刷日だけどね。

夏休みにやりたいことを挙げておこう。

・DQ6RTA(優先度A)
本を執筆していたらまたやりたくなってきた。試行回数で8時間切りを狙う。

・FF10-2RTA(優先度A)
5月くらいまでに計画は立てていた。まとまった時間の取れる今しか実行のチャンスはない。

・ポケモン(優先度B)
なんか知らないけど駒場祭の対戦企画の参加者に僕が入ってた。

・DQS(優先度C)
Wiiのコントローラ買い替えが嫌だけども…。

2007.08.08(Wed) 夏コミのお知らせ

ちょっと宣伝を。
夏コミで個人誌出すことになりました。
ドラゴンクエスト6短時間攻略ガイド」です。

私のDQ6RTAの戦略のすべてを収録した、まさに集大成と言うべき一冊になっています。
夏コミにお越しの際は是非ご覧になってくださいませ。
詳しくはこちら


さて、明日院試な件について。

2007.08.05(Sun)

やっぱりネタがないのでドラクエクイズ第4弾。
クイズもネタ切れなので面白くないですけどね!

問題:次のモンスター名を選べ。
(1)
 A.ガルバ B.ギルバ C.グルバ D.ゲルバ E.ゴルバ

(2)
 A.バル B.ビル C.ブル D.ベル E.ボル

簡単なクイズなので2本立てにしました。
意外とわからない人が多いかも。
答えはそのうち発表します。必要ないかもしれませんが。

2007.08.02(Thu)

ドラクエ4,5,6がDSでリメイクされるらしい。
ドラクエ6は予想通りだが、4と5までとは…。まあ売れるからだけど…。
4,5,6の順で発売されるらしいので、本命の6はまだまだ先ということになりそうだ。
とりあえず、ドラクエ6は初回RTAを実施して発売日前クリアを目指すということをここに宣言しておきます。

全然関係ないけど、Wiiで出る任天堂スマッシュブラザーズには川島隆太教授も参戦した方がいいと思う。絶対。

2007.07.30(Mon)

Wiiが壊れた
正確に言うと、コントローラの調子がおかしい。どのボタンを押しても何の反応もない。ポインタも表示されない。別に電池切れでもないし。
欠陥ハードマジで死ね。

まあしかし、院試を控えている身としてはちょうどいいかもしれない。
Wiiが目障りだとか散々書いておきながら惰性でドラクエソードをやってしまう日々が続いていたのだが、ようやくWiiと決別できるチャンスがきたということだ。

2007.07.24(Tue)

昨日のクイズの答え。
「おやぶんゴースト、まほうつかい、まどうし、グレゴール」と「ドロヌーバ、マドルーパー、ようがんげんじん、ジェリーマン」の2種族が答えです。

「ケンタラウス、ラムポーン、ジャミ(幼年時代)、ジャミ(青年時代)」「ソルジャーブル、グレンデル、ゴンズ(幼年時代)、ゴンズ(青年時代)」「ネクロマンサー、ゲマ(幼年時代)、ゲマ(ボブルの塔)、ゲマ(エビルマウンテン)」とかも一応ありか。
青年時代のジャミをバリア解除前後で別物と考えれば、実はケンタラウス族が5種類で最大とみることもできる。
さらにケンタスもどきやブルートもどきを追加すると以下略
あんまりいい問題じゃなかったですね。

ところでグレゴールの名前の由来って何なんでしょう。
確かメンデルの名前はそんな感じだった気がするけど、関係ないよな…。

2007.07.23(Mon)

iPod nano 2GBモデルを購入した。
今まで持っていたポータブル音楽プレイヤーはCDウォークマンだったので、一気に快適化。いったい何世代進化したんだよ。
音楽ライブラリを増やすためにCDショップにも立ち寄った。
SUGIレーベルの交響組曲ドラゴンクエストの中では唯一ドラクエ7だけは持ってなくて、たまたまそれが売られていたので思わず買ってしまった。
以前のロンフィル版とは微妙に異なるアレンジになっている曲が多くて面白い。今回の都響版の方が落ち着いて聴ける感じで僕は好きかな。今回追加されたトゥーラの舞、復活のいのりの2曲も良い。


前回のドラクエクイズ第2弾はどうも不評だったので、趣向を第1弾に戻して第3問。

問題:ドラクエ5において、同形で色違いのモンスターが最も多い種族をすべて答えよ。

「種族」というのは、同形モンスターのグループくらいに考えてください。
要するに、「ひくいどり・ホークブリザード・れんごくちょう」のように答えてほしいわけです。
ただし、答えは1種族とは限りません。
…本当はドラクエ6で出題しようと思っていたけど、先にまんさくさんに書かれてしまったので急遽ドラクエ5に変えたというのは内緒だ。

2007.07.22(Sun)

ドラクエソードのスライム100で39秒00を出してEXランク達成した。最初は40秒切りとか不可能としか思えなかったが、コツをつかめば意外といけるものだ。
ダーツdeキャッチは、カウントアップで1120pt、ハーフィートで300ptを出してそれぞれEXランクを達成したが、シューティングは難しすぎて全然だめ。

ちょっと前におてうさんがドラクエソードRTAに挑戦されていたが、これには僕もちょっと興味がある。
意外と多様な戦略が考えられそうで、なにより進行状況が明快なので、見世物として向いていそうだ。おそらく駒場祭ではこれのRTA大会が行われると思うので、その予習という意味で一度RTAをやってみるのも面白いかも。まあ院試が終わってからだな。

2007.07.21(Sat)

前回の問題の答え。

まずドラクエ6では、敵の倒し方が少なくとも2つのフラグで管理されている(と思う)。
1つは経験値フラグ、もう1つは撃破フラグ。と勝手に命名。
経験値フラグはその敵の経験値を得られるかどうかのフラグで、撃破フラグは、戦闘終了後に「○○を やっつけた!」と出るか「○○は いなくなった。」と出るかに関するフラグ。
わかりにくいですが、まとめるとこんな感じ。

経験値フラグ撃破フラグ
ほとんどの攻撃手段
×ともえなげ
×メガンテ
××ニフラム、つきとばし

要するに、撃破フラグがオンになって敵を倒した扱いになる場合は経験値フラグもオンになって経験値が入り、そうでない場合は経験値が入らないというのが大抵なのですが、例外として「ともえなげ」と「メガンテ」だけは経験値フラグと撃破フラグが一致しないのです(ほかにもあるかもしれないけど)。

で、ここからが重要なのですが、モンスターが仲間になるかどうかの判定が行われるためには、該当モンスターを撃破フラグをオンにして倒さなければなりません。
従って、仲間にしたい場合は普通に攻撃して倒すか、メガンテを使って倒す必要があります。
普通に攻撃して倒した場合は当然経験値が入りますが、メガンテならば経験値を取得せずに仲間にすることが可能なのです。
つまり、メガンテが有効な仲間モンスターはすべて経験値を得ることなく仲間にすることができます。多分。
該当するモンスターは、スライム、ファーラット、リップスなど。少なくとも3種類はいるので、答えはFalseです。

ちなみに、敵がメガンテを使った場合も同様に経験値0で撃破扱いになるので、爆弾岩も経験値を得ることなく仲間にすることができます。このことは、dqmaniacさんのドラクエ6低レベル攻略ガイドにも記述されています。

2007.07.19(Thu) ドラクエクイズ

この前のクイズが比較的好評だったので、調子に乗って第2弾(ぉ

問題:ドラクエ6において、経験値を得ることなく仲間にすることができるモンスターが1種類だけ存在する。True or False?

またドラクエ6かよ!という突っ込みは受け付けません。
正解は明日か明後日に発表します。

2007.07.18(Wed)

2日前の問題の解答を書かないといけませんね。
答えは2種類です。

その魔物とは、踊る宝石とヘルクラウドです。
ちょっと待て、踊る宝石と笑い袋は常識的に考えて同じ形だろ……などと思った人は甘いです。実は、ドラクエ6には笑い袋は登場しないのです。
ヘルクラウドはイベント戦闘なのでおまけみたいなものです。これの色違いが出てきたらちょっとやだ。

それにしても、容量削減のためにほとんどのモンスターに色違いがいる中で、踊る宝石にはそれがないというのはちょっと意外です。笑い袋と踊る宝石と言えば、ドラクエ3以降、ドラクエファミリーの一角として多くの作品に登場していますが、どういう訳でドラクエ6では笑い袋をカットして踊る宝石のみを登場させたんでしょうか。

2007.07.16(Mon)

隔日更新のペースを維持するため書き込み。
といってもネタがない。

とりあえず、ドラクエのクイズを出してお茶を濁すことにします(ぉ
割とマニアックです。

問題:ドラクエ6で、姿形は一緒だが配色が異なる魔物が1匹も存在しない魔物は何種類か。ただし、以下の魔物は除く。
テリー、デスタムーア各形態、右手、左手、(主人公の名前)もどき、ハッサンもどき、ミレーユもどき、バーバラもどき、チャモロもどき、テリーもどき、アモスもどき

「姿形は一緒だが配色が異なる魔物」とは、例えば爆弾岩に対するメガザルロックのようなものです。
これが存在しない魔物というのは、ドラクエ5で例を挙げると、アームライオンやイブールなど。
あと、姿形が厳密には一致していなくても、常識的に考えて同じであるものは同一だとみなしてください。例えば、ドラクエ1で鎧の騎士と悪魔の騎士は武器を持っているかどうかの違いがありますが、普通は色違いモンスターの関係にあると考えますよね。

答えは2日後に発表します。

2007.07.14(Sat)

なんだか最近は隔日更新になってるな。

ドラクエソードはあんまりやってない。隠しボスでEXランクを出したりはしたけど。
もうWii片付けようかな。このハードは本当に目障りで仕方がない。
僕の持っているゲーム機を順位で評価するとしたら、SFC>DS>PS2>Wiiかな。
Wiiの操作感は面白いとは思うけど、僕がテレビゲームに求めるのはこういうものではない。
寒い日に、足と手とコントローラをこたつに入れて、温まりながらまったりとプレイするのがゲームだと思っている。
Wiiだとそれができないのが致命的。

今後はWiiはソード専用機になるか、興味の沸くゲームが出たら買うかもしれないという程度かな。
バーチャルコンソールにしても、SFCを現役ハードだと認識している僕には無用の長物。
発売前日行列に並ぶために買ってしまったが、本当に高い買い物だった。

2007.07.12(Thu) ドラクエソード

ドラクエソードは昨日クリア、今日には隠しボス含めて完全クリア。
レベルを上げすぎたせいか、隠しボスも全部楽勝だった。ちなみに、今は主人公がレベル80、セティアがレベル99。
評価はあんまり高くないので、技術的にはまだまだ甘いんだろうがな。

メタルキングを狩りまくっていると金塊とプラチナメタルが大量に余ってしまって困る。
オリハルコンも隠しボスを倒せば一度に2個入手できるので、簡単に稼げる。
むしろ鉄鉱石の方が貴重になっているのが現状だ。これでいいのか…。

2007.07.10(Tue)

研究室を出たのが25時ちょっと前。過去最長記録。
疲れたが、これも明日のソードのため。
ちなみに、明日は遅くとも19時には帰って全力でソードを攻略する予定だが、明後日以降は未定。
いろいろとやるべきことがたまっているし。

それにしても、Wiiを箱から出すのが面倒くさいなあ。
コードがたくさんあって目障りだからあんまり置いておきたくないハードだ。

2007.07.08(Sun)

いろいろとやるべきことが多いはずなのに、何一つできなかった休日。虚無感。

近所のおもちゃ屋でDQSを予約してきた。今回もフラゲはできるっぽい。
今週の水曜日は絶対に早く帰ってやる。

DQ6RTA8時間8分33秒レポートは一応完成。こちらです。
今後はデスタムーア戦の戦譜と、気が向いたら最後にまとめっぽいものを追加するかもしれません。

2007.07.06(Fri) DQ6RTAレポート

また長期間に渡って更新が滞ってしまった。申し訳ありません。

2006.11.13に達成したDQ6RTAの8時間8分33秒のレポートの執筆が実はまだ終わっていない(ぉ
さすがに放置はまずいので、最近になってまた書き始めている。
6月中には完成させるつもりだったのだが、いろいろあってもう7月。早くしないと。
とりあえず、ムドー3戦の戦譜を作ってみたのでアップしました

ちなみに、この戦譜は自作のプログラムを使って作成しました。
戦譜作成プログラムなら既に右弐さんによって公開されているものがありますが、まあプログラミングの勉強も兼ねて、ということで。別に右弐さんに喧嘩を売っているわけではないです。
まだ不完全なものだが、これのおかげで戦譜作成にかかる時間と手間が大きく削減された。
インターフェースは右弐さんのものとほとんど同じ。これを最初に考えた右弐さんはすごいなあと思った。

2007.06.13(Wed) 直情径行

今日は20時過ぎというかなり早い時間に研究室を出ることができた。
久々にDSを起動。と言っても、MOTHER3のサウンドプレーヤーを使うだけだが。
何度聴いてもこれは良いなあ。またMOTHER3がやりたくなってきた。

それでちょっと思ったのだが、MOTHERシリーズ3作連続RTAとかやってみたい。
MOTHER2,3は一応RTAの経験があるので大丈夫だろう。問題はMOTHER1で、普通に1回クリアしたことしかない。
ちょっと調査プレイなどやってみようかな…。

DQ6、FF10-2、MOTHERと、やりたいものはいろいろあるのに時間があんまりないという悲しさ。
いや、時間がないのはわかり切っていることなんだから、いろいろなものに手を出そうとする姿勢がよくないのですね。

2007.06.12(Tue)

予定通りおコダ君にクソゲーを押し付けてきた。
これで棚がすっきりした。

2007.06.11(Mon)

また更新が途絶えてしまった。申し訳ありません。
6月1日にDQ6をやって以来ゲームに触れていないので書くネタがなかった。
やっぱり卒研が始まると時間がなくなるなあ。今日も帰宅したのは23時を回っていたし。昨日も日曜日だけど実験してたし。
多分いたストDSまではゲームをやらないと思う。いや、いたストDSをやる暇があるかどうかもわからないけど。

おコダ君がキングダムハーツをやりたいから貸してほしいと言ってきている。
貸すというか、僕としてはむしろ無償で差し上げてもいいくらいだと思っている。
キングダムハーツは僕の中では人生最大のクソゲーだと認識しており、家に置いておきたくないとすら思えるからである。
今日はあいにく渡せなかったが、明日には必ず渡そう。

2007.06.03(Sun) いたストDS

いたストDSの公式サイトが大幅に更新されていた。
発売日も6月21日に決定した模様。今後の予定には書かなかったが、これは買うしかない。

というのも、僕が大変期待を寄せるキャラが登場しているからだ。
公式サイトのキャスト紹介のところにはまだ載っていないが、プロモーションビデオの中に一瞬だけハッサンが登場しているのである。
これは本格的にDQ6リメイクフラグか?

2007.06.01(Fri)

もう6月か。早いものだ。
昨日卒業研究のテーマが決まった。これからは忙しくなりそうだ。

今後の予定だが、DQ6RTAの練習をちょっとずつやっていくことにしようと思う。
やはり一定以上の技能を常にキープしておきたいし。
去年の駒場祭以来まったく触れていないというのは寂しすぎる。

まずはデスタムーアと一戦交えてみた。とりあえず勝利。
というかメガザルの腕輪を使わずに倒せてしまった。RTA本番でこういう展開を期待したいところなのだが。
それにしてもデスタムーア様はやっぱり強すぎる。そして怖すぎる。RTA本番でデスタムーアと戦っている間は、心拍数は120を軽く超えているだろう。
それに比べてDQ3のゾーマは弱すぎ。デスタムーア第1形態にも劣る。
確かに全滅もあり得るし、そのロスを考えるとゾーマもある程度怖いとは思う。でもデスタムーアの怖さには遥かに及ばない。
デスタムーア第3形態の攻撃はゾーマで言えば「打撃×2+凍える吹雪or凍てつく波動」くらいが毎ターン来るようなものだし。
そこまでにかかる時間も、ゾーマは3〜4時間なのに対し、デスタムーアはその倍。背負っているものの大きさも違う。
要するに、ゾーマごときに過剰に怯えているような人は、DQ6RTAをやって本当の恐怖を知るべきだということ。

2007.05.30(Wed)

五月祭も終わったわけだが、これからはどうしようか。
院試や卒業研究で忙しくなる中、ゲームをする時間は非常に限られてくる。
だが、まったりとゲームをする時間はないにしても、やり込みは継続してやっていきたい。

…今後の予定…
○DQ6RTA
リメイク来る? それに備えてRTAスキルのメンテナンスが必須。
△FF10-2RTA
戦略もできたので是非やりたい。が、時間があるかどうか。
△DQソード
なんのためにWiiを買ったのか。でも院試直前で時間なさげ。
×DQ3RTA
まずあり得ない。

2007.05.27(Sun) 五月祭2日目

今日はDQ3RTA大会。
僕は8時半ごろに会場に到着したのだが、それよりも早くから部屋の前で並んでいる人がいて唖然。
さらに開始時刻である9時直前には、15人以上(?)にも及ぶ長蛇の列が形成されていて愕然。
いや、非常にありがたいことなんですが。こんなに注目が集まっている以上、ぬるいプレイはできんな、ということを再確認した。

予定通り9時ちょうどにプレイ開始。
僕のSFCの電源の滑りが悪かったことと、表示速度決定でミスったことでロスして、性格決定に入ったのは僕がラストorz
でも性格診断中になぜかえぐち君を逆転して、自宅で目を覚ましたのは2着。
そして最初の分岐点である、ルイーダでの仲間登録へ。僕は商人(負けず嫌い男)、戦士(タフガイ女)、盗賊(鉄人女)、魔法使い(鉄人女)、戦士(力自慢男)の5人を登録した。
この男戦士がポイントで、登録時に力の種5個を投与し、ポルトガ到着まで限定で仲間に入れておくことにより、序盤の雑魚処理が速くなるのである。
実は少し前までは男戦士ではなく男武闘家を使っていたのだが、武闘家の場合は素早さが戦士より高い一方で、HPが全然伸びないので、アッサラーム〜ピラミッドの敵の攻撃を1回受けただけで死ぬことも多く安定しなかった。
大会直前になって男戦士を使用する戦術に変えたことは、実際に今回のプレイで功を奏した。なんと、ピラミッドで男戦士HP1、他死亡という状態でどうにか逃げ切るという場面があったのである。これが武闘家だったら全滅していただろう。
そして無事にイシスにたどり着き、ロスなく最初の難所を突破することができた。思わずガッツポーズ。

その後、アリアハンのお宝を回収する際にルイーダに寄って男戦士を預け、盗賊を引き出す。今までお疲れ様でした。
ポルトガで買った武具を装備して、ロマリアからカザーブへ行く。
次は普通の人はバハラタへ行くことになるのだろうが、僕はピラミッドに再突入。目的はミイラ男の宝箱を開けて、マジカルスカートとルビーの腕輪を回収すること。勇者と盗賊の鋼鉄の鞭があるので、割と安全に殴り倒すことができる。
また、ニフラムで消す場合とは違って70ちょっと×2の経験値が入るのがなかなか大きい。これで仲間全員のレベルが上がり、バハラタまでの道のりの安全性が増すのである。

バハラタで買い物を済ませたのち、カザーブからシャンパーニの塔へ行き、カンダタ1戦。これは楽勝。
…だが、撃破後の選択肢で間違えて「いいえ」を選んでしまい若干ロスった(ぉ
次に、バハラタから東の洞窟へ行き、カンダタ子分×4戦。ベホイミを2回ほど使われたのが少々タイムロスだった。
そして本懐のカンダタ2戦。スクルトをまだ覚えていなかったが、スカラで固めて余裕の撃破。
ちなみに、ここまでのタイムは0:55:31で自己最速だったりする。そして奇跡のトップ通過! 時間があまり取れない中、カンダタ2撃破までの練習だけは比較的多くの回数をこなしたことが結果に現れた。

船入手後、スー→エジンベア→スー→海賊の家と回って準備を整えてからガルナの塔でメタスラ狩り。
序盤は順調に狩れていたのだが、その後急に失速して盗賊のレベルでイリアス君に抜かれた。総経験値で見たらえぐち君にも抜かれたと思う。
戦士に続いて勇者も死亡させ、盗賊、魔法使いの2人で狩り始めた直後の戦闘で出現した痺れあげは3匹に1ターン目で2人とも麻痺させられて全滅したのが非常に痛かった。
気を取り直してガルナの塔に再突入するも、今度はスカイドラゴンに魔法使いが殺されてまた戻るという事態もあった。しかしこのときは、ガルナの塔に行く途中のフィールド上でメタスラ×1が出現し、これを魔法使いのみ生存で撃破して、レベル21まであと1600くらいというところになった。
そこで、ガルナの塔に入るのはやめてダーマ周辺で適当に稼ぎ。しかし1600という経験値はかなり多く、ここでまた大幅なタイムロスになった。でも肝心のバイキルトは1発で修得に成功。

稼ぎ終了後の世界を回る手順は、恐らく他の人と同じ平凡なものなので割愛。特筆すべきは、安全策でムオルに立ち寄りオルテガの兜を入手していることくらいか。
地球のへそには転職したばかりの賢者で出撃。ここでメタルスライム+キラーエイプ×3という組み合わせが出現。毒蛾の粉をまだ持っていたので迷わずメタスラに使用するが、これが効かず1ターン目に逃げられてしまった。倒せていれば非常に大きかっただけに残念。
ボストロール戦では、1ターン目の打撃が魔法使いに当たり、2ターン目にも先制されて打撃×2が魔法使いに当たって死亡するという不運。さらに、ルカニが10回以上(?)連続で外れるという不運も重なり、かなりのタイムロスとなってしまった。しかし、痛恨の一撃は1回も来なかったので撃破には成功。

バラモス戦。率直に言って、こいつはそんなに強くない。戦略をきっちりと立てていれば9割以上の確率で勝利できるはずである。
だが…今回ここで1敗を喫してしまった。マヌーサがかかっているにも拘わらずピンポイントでHPが減っているキャラに打撃が当たるということが2回もあり、確かに不運な要素もあった。しかし、敗因のほとんどは自分の判断ミスである。
焦ってマホトーンをかけたことで激しい炎の来るタイミングを早めてしまったりといった初歩的なミスが目立った。ローテーションが頭に焼き付いていないような有様では、勝利はおぼつかない。
再戦時は勝利を収めたが、これもギリギリの戦いだった。しかしこれもミスが絡んでいて、賢者に祈りの指輪を持たせるのを忘れていたのである。そのために終盤でベホイミが使えなくなり、あのような綱渡りをすることになってしまったのである。
今回のバラモス戦の惨状は自分の練習不足以外の何物でもない…大会前日にバラモス戦直前のセーブデータが消失したというのは内緒だ。

アレフガルドの攻略でも練習不足が顕著に現れた。毒針を装備している魔法使いが普通に殴ってみたりなど、意味不明なミスを連発。
また、ゾーマの城に行く際にリムルダールに立ち寄るのを怠ったことも響いた。ゾーマの城で最初にエンカウントしたバルログにザラキを食らって2人殺され、やむを得ず脱出してからリムルダールまで歩くという大幅なロスをしてしまった。
まあしかし最下位は既に確定しているので、自分のペースで進めてキングヒドラ〜バラモスゾンビを普通に撃破。ラスボスのゾーマも、危険な場面はほとんどないままに撃破。クリアタイムは4:07:10。
予定の4時間以内に終わらなかったのは残念だが、6年前の大会での優勝タイムよりは早く終わることができ、DQ3RTAの戦術の進化を証明することができたのは良かった。

最後にちょっとした感想。
やはり練習時間の圧倒的な不足が随所に出てしまったように思う。そこそこの練習回数を積んだカンダタ2戦までに比べて、それ以降は見るに堪えないものになってしまった。大会参戦が決まった時点で本番までの時間が1か月を切っていたことを考えるとやむを得ないという見方もできるのだが…。それでも、一応は大会という形を作ることができたのは良かった。
また、これまでに世に出ていなかった新しい戦術を序盤に導入し、それを以てカンダタ2撃破までをトップ通過できたことも自分的には非常に満足している。
それにしても、やっぱり大会というのは盛り上がって楽しいですね。今後も自分が参加できる機会があれば是非参加したいし、そのときは十分に準備を整えて優勝戦線に介入していきたいと思う。やはり大会の醍醐味は、実力が拮抗している者同士の駆け引きや、時々刻々と変化していく戦況に伴い順位の逆転が繰り返されて最後まで誰が優勝するかわからないという緊張感を会場全体で共有ことにあると思う。

ところで、前日にイリアス君のクリアタイムを3時間45分だと予想したのが的中している件について。

2007.05.26(Sat) 五月祭1日目

麻疹の脅威が迫っているにもかかわらず、五月祭は強行で開催されてしまった模様。僕は一応幼少のころに予防接種を受けているが、今でも免疫が持続しているとは限らない。検診に行っている暇もなかったし。麻疹マジ怖いよー。

今日は五月祭の1日目。
ロマサガ2RTA大会や、クロウ君のマリオコレクション、怠け者君のペーパーマリオのタイムアタックが行われた。僕は授業等があったためにあんまり見られなかったが。
結果はTGAの掲示板に書かれると思うので、そちらを参照のこと。

さて、明日はDQ3RTA大会だ。
正直、全然準備が足りていないので優勝など到底不可能。超安定重視の戦略で臨み、企画時間である4時間以内にクリアすることだけが目標だ。
そういうわけで、感染観戦に来られる方には僕の画面は無視して他の2人に注目することをお勧めします。いやマジで。

2007.05.24(Thu)

麻疹の流行で五月祭が大変なことになりそうだ。
大学側としては中止にしたい意向だそうだが、五月祭委員会が必死にそれを阻止しようとしているとか。
中止はやりすぎにしても、収束するまで無期限で延期してもいいとは思いますがね。

とりあえず、麻疹に感染した経験があるか、予防接種を受けたことがある人しか参加はできないみたいです。
あとこれは噂ですが、その証明となる母子手帳のコピーを携行しなければならないとかいう話も。うーん。
そんなことで感染拡大を防げるとは到底思えないんですが。
現実的な対策としては、開催を2,3週間程度遅らせて、その間に企画構成員全員の血液検査を行い、既に抗体がある人またはその後予防接種を受けた人だけが参加可能とするといったところか。
来場者にも予め検査を行ってもらい、医師の診断書を持参して、正門以外の門をすべて閉鎖した上で正門でそれを提示してから入場するのが望ましい。まあこれは現実的には無理でしょうが。

とにかく何か起こってからでは遅いので、何らかの対策を速やかに実施してほしい。今のままでは感染拡大の場を提供するようなもの。


ちなみに、DQ3はやる暇なし。

2007.05.23(Wed)

DQ3ちょっとだけ。
雑魚処理が難しすぎ。混成の魔物の群れが出たときに一瞬考え込んでしまうのは、一朝一夕にはどうにもならない。
メタルスライム狩りを多くして雑魚は逃げ主体にするべきか。これなら難しい判断をすべて逃げで片付けられる。

あとアイテム管理も多少は整備しておこうかと思ったが、ちょっとそんな時間はなさそうだ。
というかやる気が出ない。DQ3は受け渡すだけで簡単に装備できたり、位置を入れ替えたりできるので、アイテム管理がてきとーでもあんまり問題ない。
似ているようでもDQ6はそんな便利な機能はないので、自分で最適化することが重要だったわけだが。

2007.05.22(Tue)

五月祭の翌日の月曜日にセミナーで発表することになっているので、そのための勉強や資料作成で時間を取られてDQ3をやる暇がない。
最悪の場合、次にDQ3を起動するのは本番ということも…。
まあ一回だけでもRTAができたからよしとするか。

2007.05.21(Mon) 初DQ3RTA

大学に行く前の時間を利用してDQ3RTAを初めて通して実行。
記録は3時間49分3秒
4時間を余裕を持って切れたし、明らかに練習不足の割にはそこそこのタイムが出せて満足している。
ラップタイムは計測していないが、魔法の鍵入手が22分台、バラモス撃破が2時間40分台だったと記憶している。

運は全体的に良かった。
難所のピラミッドは、事前にイシスでセーブしたものの1回で突破。
またネクロゴンドの洞窟ではぐれメタルを撃破するという超幸運も。これのおかげで余計な戦闘をする必要がなくなり、少なくとも5分は短縮している。

不運だったところは、ボストロールで1回全滅したことくらいか。3回連続で痛恨を撃ってきてどうしようかと思った。
メタスラ狩りもあんまりうまくいかなかった。
あとこれは完全な自分のミスなのだが、サマンオサに行く途中で忍び足を使おうとして間違えてルーラを使ったり、ルビスの塔の最上階で妖精の笛を取り忘れたことに気づいたりというタイムロスもあった。

あとは当日まで細部の調整をしていこう。

2007.05.19(Sat)

授業+バイトでDQ3やる暇あんまりなし…。戦略を考える時間は大いにあったのだが。

PONさんにお会いして、その際にDQ3RTAの相談に乗っていただいた。
その中で、以前の自分の戦略を基にした発展案が浮上してきた。安定性を追求するならこっちの戦略を選ぶべきかもしれない。机上の空論なので本当に安定するかはわからないが。
実践してみたい気持ちはあるが、なんとPONさんがそれと同様な戦略でRTAをやるかもしれないとのことなので、PONさんに期待して僕は今の計画の完成を目指すことにする。

明日にはRTAをやりたいと思っていたのだが、バイト+TGA印刷なのでやっぱり暇はなさそうだ。
この調子だと、本番が最初のRTAという事態もやむを得ないか。

2007.05.16(Wed) 続ピラミッド

昨日は散々な結果だったので、ちょっと戦術を変更。安定重視で。
2回しか試していないが、割と安定するっぽい。でもイシス経由は避けられないか。大会である以上は。
カンダタ2撃破で57分台だった。イシス経由でこのタイムならまずまずか。比較的高い確率で1時間は切れそう。
序盤の調査はこの辺でいい加減終わりにして、明日からは中盤以降の調査&練習に入ろう。

ちなみに今日の練習での出来事。
ルイーダで魔法使いを登録する際に、スタミナの種を投与しようとして手が滑って素早さの種を選んでしまい、うっわミスったとか思いつつAボタンを連打したところ、

*「なかなか おっちょこちょい
  のようですね。

…悪かったな。

2007.05.15(Tue) ピラミッド

戦略が固まりつつあるカンダタ2戦までのRTAをやろうと思い立ち、挑戦を繰り返した。
だが、4回挑戦してカンダタどころかバハラタにすら到達できずに終了orz

1回目は、魔法の鍵を入手できずに終了。笑い袋+ミイラ男×4がいきなり襲い掛かってきたりしびれあげは+キャットフライ+火炎ムカデ+地獄のハサミがいきなり襲い掛かってきたりなど、3度の全滅に見舞われて物資が尽きて終了。
2回目は、イシスを中継してセーブしておく安全策をとった。これが功を奏し、1回全滅したものの無事に魔法の鍵を入手。
その後順調に進んでいくが、バハラタまでの道のりでハンターフライ×3+デスジャッカル×2がいきなり襲い掛かってきて、さらに3回回り込まれて全滅。こんなの無理…。
リカバリーは十分利く状況だったが、急速にモチベーションが低下したのでここで中断。
3回目もイシスを中継するつもりだったのだが、イシスに到達できずに終了。2度の全滅で物資が尽きた。
4回目は無事にイシスに到達し、1度の全滅ののち、2度目のピラミッド突入でノーダメージで魔法の鍵を入手。ところが、脱出する際に大王ガマ×4にラリホーで全員眠らされ、なすすべなく全滅。
それでも、イシス周辺でエンカウントリセットしつつ歩き回って夜にしようと試みたのだが、たったの5歩しか歩いていないのにエンカウントして全滅。ここでやる気をなくして終了。

今回の挑戦でよくわかった。現状の戦略ではピラミッドがどうしようもない。
とりあえず2人は駄目。魔法使い入れないと無理。レベル4まで稼げることはあまり多くないし、レベル3だと紙同然に殺されていって不安定すぎる。

2007.05.14(Mon)

DQ3RTAはいろいろな案が降臨中。なんか整理がつかない状況だが、一応ひとつの形に収束しそうな予感。
5月11日までのお試しプレイとは全然別の戦略だけどねorz

バハラタ東の洞窟まで試してみたが、感触はかなり良好。安定感があるのもいい。
…とか思っていたら、カンダタ子分×4に1人殺されて戦意喪失orz カンダタ子分戦って、どんな人のレポートを見ても攻撃連打で速攻で倒すって書いてあるけど、どうもうまくいかないんだよなぁ…。

2007.05.11(Fri)

DQ3RTAお試しプレイを終了。
ゾーマまで撃破した。概ね自分の予想していた通りの展開で、まずまずうまくいったと思う。
あと、アレフガルドの雑魚処理が今の戦略だと大分速いと思う。ただ、アレフガルドの最速ははぐれメタルを数匹倒してあとは全逃げ、という形なので、最速タイムには寄与しないのは少々残念。
まあ世界記録を狙ってやっているわけではないし、一発勝負のRTA大会でそこそこのタイムが出せればいいという程度なので、この安定感は結構気に入ってたりする。

相変わらず中身のない日記ですみません。まだ戦術は非公開としたいので…。

そろそろ一度RTAをやってみようと思っているが、いつになるかは未定。4時間くらいで終わるから時間は取りやすいが、モチベーションが上がってこないと…。

2007.05.09(Wed)

DQ3RTAお試しプレイの続き。
今日は最後までやるつもりだったのだが、ゾーマ城の大魔神に全滅を喰らったところでやる気をなくして中断。

アレフガルドは割と波乱続きだった。
まずルビスの塔でメイジキメラが不思議な帽子をドロップ。使い道があるかどうかわからないけど。
次にリムルダール近辺ではぐれメタルを1匹撃破。そしてそいつが幸せの靴をドロップ。
さらにゾーマ城ではバルログが不思議な帽子をまたしてもドロップ。なんかもう意味不明。

一昨日の日記に書いた新案(っていうか第1案とも言う)はいろいろ問題点が浮上してきたものの、改善案も思いついたので、このまま行ってみようかなと。
まだゾーマ戦を実際に試していないのが問題だが…。

2007.05.07(Mon)

連休も終わって今日からまた学校。
研究室の雰囲気にも徐々に慣れてきて、まあ楽しくやっていますが。

今日もDQ3のお試しプレイ。
ちょっと昨日えぐち君と話したときにいろいろ新しい案が浮かんできたので、それを試すべく、メタスラ狩り終了後のデータから再開。
バラモス城まで進めたが、とりあえず今のところは順調に来ている。従来の戦術と比べて優秀かどうかは微妙だけど。ゾーマ戦を見込んだ上での判断が必要かな。

ちなみに今回はやまたのおろちに苦戦を強いられた。
1戦目の方で、ラリホーに期待して回復を疎かにしていたら次々と死者が出て、最後は生存者1人、HP1での撃破となってしまった。
とりあえずラリホーには頼り過ぎない方がいい、と。

2007.05.06(Sun)

DQ3RTAのお試しプレイの続き。船入手から。
ポルトガからそのまま船でスーへ。これは無駄がなくて美しい。
そして消え去り草を買ってエジンベアに行き、おしゃれなスーツとパーティドレスと渇きの壷を回収。ここまでは不動の流れっぽいな。
次は、最近の趨勢に従ってスーで毒蛾の粉と毒針を買ってガルナの塔でメタスラ狩り。うーん…。

その後は適当に転職しつつ、イベントを進めてバラモス城へ。って、端折りすぎですが。
バラモスと初めて戦ってみたが、これはさすがに強いですなあ。最初の挑戦では敗北したし。
でもアストロンがあるし、ラリホーをどうにかして決めればあとは勝てそうなので、まあなんとかなるか。
ポジション的にはDQ6のムドーと同じだと思うが、ムドーよりは融通の利くボスだと感じた。
よく洗練されたDQ6RTAプレイヤーはムドー如きでは動じないので、バラモスくらいは軽いものだ。

ここまでの感想は、ラーミア遅っ!ということくらいか。

2007.05.04(Fri)

ちょっと帰省。明日には帰りますが。

さて、今年の五月祭ではどうもDQ3RTAをやることになった模様です。
出場者はイリアス氏、えぐち氏。に加えて、人数合わせでわたくしが参加せざるを得ない状況になっているよう。
いや、本当はPONさんが3人目として出場してくれるはずだったのが、別の日に行われるロマサガ2RTAにPONさんがスライド登板するために代わりにDQ3の人柱は私になったという。まあ私が言い出したことですが。

DQ3RTAに参戦すると言っても、これは既に研究されつくしている感があり、今更私ごときが入り込む余地はないと思われます。
ただ大会向けの安定性を重視した戦略となると、いろいろと工夫できる部分もあると思うので、そこで独自性が出せればいいのかなと。

先人のレポートを参考にしつつ、試しに船入手くらいまでの戦略を立ててみた。
初期メンバーなどは自分で考えたものを投入してみたのだが、あとで調べたら全く同じメンバーを使っている方が既にいらっしゃったのが残念。
しかし初期メンバーのバリエーションなんてそんなにないから、これが被ってしまうのはやむを得ないかな…。

DQ3日記は明日に続きます(何

2007.05.03(Thu)

今日もFF10-2を少々。
聖ベベル廟の攻略も一応収束したっぽいので、残りのイベントの調査に移る。

まずはキノコ岩街道にある、アカギスフィア集めて入る洞窟。
リュック、パイン、バラライ、ギップル、ヌージとの5連戦があるが、まあアイアンデューク装備して適当に殴れば終了。
ユウナのモグビィームを使うという手もある。この場合はリザルトプレート「君臨する者」を装備し、これを1周してダメージ限界突破を持っておけば、いずれの敵も一撃で倒せるほどのダメージをたたき出す。途中で経験値を得られないタイプの連戦では、その途中で得たリザルトプレートの効果は引き継がれるので、1回だけリザルトプレートを回るだけでいいのも長所。
どっちが早いかは要調査だな。

あと残りはヴェグナガン+シューインのみ。
やはりアイアンデューク装備+きぐるみ士のユウナが普通に殴るだけで8000程度のダメージを出せるので、何も考えずに○ボタンを連打していても勝てそうな勢い。
しかし敵のHPはどのパーツも30000以上と高く、戦う連打よりはモグビィーム等を使った方が早そうな場面はある。しかし最初のうちは経験値が入るタイプの連戦なので、早々にダメージ限界突破を持つことはできない。この辺りは実際に試してみて、最速の戦略を経験的に導出するのがよいだろう。

ともあれ、これで一通りの調査が完了したことになる。
一度この戦略で通してRTAをやってみたいところだ。
しかし18時間くらいかかりそうな感じなので、時間的・体力的に余裕のあるときでないとできない。GW中はちょっと他の用事もあるので厳しいか。

2007.05.02(Wed)

FF10-2RTAは水面下で進行中。
今日は聖ベベル廟の研究など。
20階のアラーネアはともかく、40階以降のボス戦の前にはセーブしておかないと危険すぎる。
いや、ほぼ全部ランダムスロットのオメデトウ!で倒すことになるのだが、敵の最初の攻撃の当たり所が悪いと発動できず、そのまま全滅確定となる可能性があるので、これはやむを得ない。
また、その他の階層で手が滑ってエルダードレイクやメガトンベリに接触して全滅、という事態に備えるという意味でもこの定期的なセーブは重要。

セーブスフィアに触るということは、飛空艇に戻って別のロケーションに移動するときのタイムロスが減るということになる。
どういうことかというと、「チョコボ派遣→チョコボ帰還」に必要な戦闘7回を稼ぐのは、この聖ベベル廟を利用するのが適していると思う。聖ベベル廟内ではエンカウントは避けられないので。
チョコボを派遣する回数は高々4回なので、20階おきのセーブでも十分間に合う。

…意味不明なメモですみません。

あとはすべてを捨てし者〜トレマ戦の調査など。
すべてを捨てし者にはオメデトウ!を決める。これしかない。
ちなみにわいろの方が準備時間は短いのだが、コマンド入力の際に、ギャンブル「ランダムスロット」なら↓ボタン1回なのでその間に敵に攻撃される可能性は低いのに対し、わいろは↓ボタンを3回も押さなければならないのでその隙にほぼ確実に敵の攻撃を受けることになり、結果的にはわいろの方が敵の攻撃回数が多くなってしまう。
ここはランダムスロットで777を揃え、その間にギャンブラーのリュックが殴られなければ勝利となる。よって勝率は2/3。
トレマ戦では、まずアイテムスロットでマイティガード改を発動させる。発動までの敵の攻撃をどうにかしのげれば勝利は確定となる。
だがギャンブラーの耐久力は皆無なので、準備時間に殴られれば即死。トレマは意味不明な3連撃を使ってきたりするので、なかなか厳しい。
ユウナとパインは耐久力の高いきぐるみ士にしておけば、そこそこ持ちこたえてくれる。この2人がフェニックスの尾やラストエリクサーを連打して頑張る。
そのうち敵はグラビデなどのぬるい(+準備時間が長い)攻撃をしてくれるので、その隙にリュックがマイティガード改発動を狙っていく。
いきなり3連撃を撃たれたりすると厳しいが、勝率はそこそこ高い気がする。8割くらい?

2007.04.28(Sat)

3日くらい前から体調が悪い。
最初は咽喉の痛みと軽度の頭痛だけだったが、さらに軽い発熱と下痢まで症状として現れるようになった。
でも今日は院試の説明会があったので仕方なく出席。しかし途中で座っているのも辛くなり、吐き気を催すまでになったので、やむを得ずそこで退席した。
帰ろうとしたら急に雨が降ってきやがるし、トイレに駆け込もうとするも土曜日のためにあちこち施錠されていて全然使えるトイレがないし、マジで最悪な1日だった。
研究室の説明とか全然覚えてねえ。

明日はバイトか…と思っていたら、生徒の保護者から電話があり、39度近い熱が出てしまったので明日の指導は休みにしてほしいという連絡が来た。
これは非常に助かった。

2007.04.22(Sun) ゆりぱ

以前の日記に書いた「とあるやり込み」ですが、ある程度は形になってきたのでそろそろ詳細を。
FF10-2で、1周目でコンプリート率を100%にして、かつティーダが復活するエンディングを見るまでのRTAをやってみようと思っています。
このやり込みの何が難しいかというと、圧倒的に時間がかかるという点です。ゲーム中に用意されているあらゆるイベントを完遂する必要があるので。 例えばエクスペリメントを最強化するために発掘に精を出さなければならないし、チョコボも大量に捕獲しなければならない。また、いわゆる隠しダンジョンに当たる聖ベベル廟を最下層まで進み、最強ボスのトレマを倒す必要もある。
推定ですが、クリアタイムは17〜18時間くらいになるのではないかと思います。

逆に面白いところはと言うと、ボス戦をいかにして突破するかという点になります。
今回の条件では最凶アクセサリであるキューソネコカミの取得はできないので、正攻法で戦っていかなければなりません。まあキューソネコカミ以外にも卑怯な技はいっぱいあるのですが。
それでも、いかにして早く倒すかという観点から戦略を考えるのは楽しいものです。

2007.04.03(Tue)

都響版「交響組曲ドラゴンクエストI」を買ってきた。3045円。毎度のことながらSUGIレーベル高いよー。
タイトルはドラゴンクエストIと銘打っているが、時間にして半分近くがME集となっている。ただME集と言ってもすべてオーケストラによる演奏で、非常に豪華。DQ1〜8で使われたMEを、ほんの些細なものもすべて収録しているのがうれしい。
DQの音楽に関しては知り尽くしていると思っていた僕でもMEとなると、知らないものや、聞いた覚えはあるがどこで使われていたかを思い出せないものが多かった。痛恨の極みである。

気になったことと言えば、「酒場でブギウギ」とか「スライムレース」など立派に曲として成立しているものがMEとして扱われていたことくらいか。
あとはMEのタイトルが適当すぎて笑えた。全滅時のMEが「死」とかセーブデータが壊れたときのMEが「呪」とかはシュールすぎて逆に笑えなかったけどね。というか怖い。

2007.04.01(Sun)

こっそりとDQ6RTAを実行。そしてついに…!

念願の8時間切りを達成したぞ!!


…というエイプリルフールネタを書こうと思ったのだが、既に4月2日になってしまったので断念した(ぉ


今日も音楽練習室に行った。今日のお客様はえぐち君。
終了後は某所のFKで雑談していた。またDQのタイムアタックがやりたくなってきたなあ。
まあその前に今企画中のやり込みを終わらせないと。いつになることやら。

2007.03.31(Sat)

TGAの印刷日。と同時に、音楽練習室の予約をとった日でもある。
せっかくTGAの集合時刻を早めにしてもらったにもかかわらず、学館が非常に混み合っていたために、印刷機の使用時間と練習室の使える時間が重なってしまう事態になった。 そのため印刷の手伝いがあまりできなかった。申し訳ないです。

音楽練習室には0-shi君、PONさん、nmaさんを招いた。いろいろと自分のレパートリーを披露してみたり。そこそこ指が動いた方だとは思うのだが、ミスが多くて耳障りな演奏になってしまったのは残念。ま、僕の実力は所詮この程度だ。
また、0-shi君の耳コピの成果などを聴かせてもらった。和音も正確で素直にすごいと思った。僕はコードとかあまり理解してないので無理。

その後ほかの会員と合流してから、適当な店に入ってぐだぐだと時間をつぶした。

2007.03.21(Wed) とあるやり込み

ヨッシーアイランドDSのタイムアタックを少し。
怠け者君も苦戦していた、ワールド5のひみつコースで記録を残すことに成功した。タイムは6分30秒ほど。
慣れれば何とかなるものだ。


今ちょっと、とあるゲームのとあるやり込みについて考えています。
最近は全然やり込みをやっておらず、極限攻略研究会の規約に抵触しそうなので(ぉ)、ここらでひとつ新しいものをやってみようかなーと。
現時点では達成可能かどうかもわからないので、何をやるかは伏せておきます。ある程度の目処が立ったら詳しく書いてみます。

2007.03.19(Mon)

PONさんへの超私信なんですが(ぉ)、今度は休日に音楽練習室の予約を取ってきましたよ。
3月31日11〜14時と4月1日13〜16時なので、都合がよろしければいらっしゃってください。
他の方もお暇なら是非。

一昨日はTGAの追い出しコンパでした。
まず12時から18時までキャンプラでゲームなど。この場で初めてWiiをプレイしたのですが、おコダ君が持ってきたエキサイトトラックがなかなか楽しかった。 だが、ドラクエソードまではWiiのソフトを買ったら負けかなと思っているので買いませんが。
19時からは飲み会。話した内容は他の人が書いてると思うので割愛。
個人的には、まんさくさんとバーバラについての話ができたのが収穫であった(何
22時くらいから徹カラがスタート。M.H.Kさんの(削除)な歌声を久々に聴いた。
僕は僕で適当に。やはり徹カラになると途中でネタ切れになるなぁ。次の機会までには新たなネタを仕入れておこう。
その後も32時くらいまでは朝マック(死)でぐだぐだと過ごしていた。

2007.03.14(Wed)

ヨッシーアイランドDSを全コース100点で制覇。つ、疲れた…。
正直に告白しておくと、いくつかのコースではどうしても点数が足りず、ネットでカンニングしてしまいました。 具体的には、3-specialのフラワー×1、5-6のフラワー×1、5-7のフラワー×1、の3つ。

難しかった(100点にするのが)のは1-secret、2-special、3-secretあたりか。というかspecialとsecretは全般的に難しいんですけど。
最後に100点をとったのも1-secretで、ここはとりわけ難しかった。赤いコインやフラワーは比較的簡単に集まるのだが、スターを30までためるのが至難。
スター×5が入ったはてな雲が4個あるので、これらを取りつつ敵を完全に回避すればよいわけだが、実際のところ簡単にはいかない。 はてな雲にタマゴを当てた後、散乱したスターをすべて回収するのが非常に難しいのである。
特に最後の1個のはてな雲は画面の左端の方にあり、散乱したスターが1個でも左に飛んで画面外に行ってしまうとスター30個を達成できなくなってしまう。もはや運ゲーの領域。
なのでこれには期待せず、自力で赤いタマゴを作成して不足分を補うのが正解だと思われる。
ただ下からせり上がってくる溶岩の脅威は常にある上、100点を取るには途中で赤ちゃんをピーチにチェンジする必要がある(一応抜け道はあるが)ため、赤いタマゴを作る機会は少ない。何度も挑戦して、自分なりのルートを確立するしかないだろう。

2007.03.10(Sat)

ヨッシーアイランドDS。ワールド3をクリアしたところまで進めた。
コース3で昨日どうしても見つからなかったフラワーは、某所の敵を全部倒したら出現した。こんなの普通気づかないって。
そのほかのコースも全て100点でクリアし、スペシャルコースにも挑戦。クリアは容易だったが、どうしてもあと1個のフラワーが見つからずに90点どまり。うーむ。

2007.03.09(Fri)

今日もまったりとヨッシーアイランドを攻略。3-5まで進んだ。
まずは昨日やり残した、ワールド1のスペシャルコースを100点でクリア。難易度はやや高めか。
次に、ワールド2をスペシャルコース含めてどうにかオール100点でクリア。スペシャルコースがとにかく厄介だった。昨日の日記でも書いたように、今作ではスターのお守りを維持しなければならないことが100点クリアの障害となっているのだが、このコースはまさにその典型。 ゴールの少し手前にいるプクプクを回避することが非常に困難(というか無理?)で、しかもその後にスターを稼ぐポイントがないためである。
ただ、今作では敵に接触した場合でも、スターの数が減少し始める前に赤ちゃんを奪回することでスターの数を維持することができるのでどうにかなる。僕はそうやってクリアした。

ワールド3はコース2までは100点にしたのだが、3と4は100点にできず。特に3は何度挑戦してもフラワーが1個足りなくてだめ。ステージ全体をくまなく探したはずなのだが…。

2007.03.08(Thu) ヨッシーアイランドDS

ヨッシーアイランドDSを買った。まったりとプレイを開始。
今日はワールド1をクリアしたところまで。当然全コース100点でクリア。
例によって隠しコースが登場した。もってけワンワン岩・リターンズとかいうやつ。
とりあえずクリアはできそうだったが、100点ではなかったので自殺。赤いコインが18枚しかなかった。

今回のヨッシーアイランドはオール100点クリアの難易度がかなり高くなっていると予想。
コースの分岐が多かったり、フラワーが普通に隠しはてな雲に入ってたりするので、赤いコインやフラワーを集めるのが従来より難しくなっているのがその理由の一つ。 だが実はそれ以上に厄介なのが、任意のタイミングで使えるアイテムがなくなったことだ。このためゴール直前にアイテムを使って、スターのお守りの数を手軽に30まで稼ぐことができなくなっている。 前作では砦や城を除いてほとんど問題にならなかったスターのお守りによる30点分が、非常に重くのしかかってくるのである。 多少敵に当たってでも赤いコインなどの回収を優先していたかつてのプレイスタイルから、敵をよけつつも回収を確実に行うという、よりハイレベルなプレイスタイルが要求されるようになった。
実はワールド1の隠しコースにおいても、このスターの30点がかなり重い。どうやらこのコースではスター源となるのがはてな雲×2(5pt×2)と中間リング(10pt)しかないので、初期の10ptと合わせると丁度30pt。全く余裕がないのである。 つまり基本的には1回でも敵に当たるとアウト、ということになる。これがかなり厳しい。
ま、タマゴを反射させて赤いタマゴを作って、スターを稼ぐという方法もありますけどね。ただ今作だとタマゴを反射させられる場所があんまりないようなので、難しいことには変わりないのですが。
ということで、マリオの腕に自信がある方は是非やってみてください。

2007.03.02(Fri)

家庭教師の初仕事に行ってきた。
中高一貫校の3年生の子で、今日は数学1Aなどを教えてきた。この辺は楽でいい。
一応週1ということになっているのだが、早速明日も来てくれとか言われてしまった。まあどうせ暇だし、むしろ稼げていいんですけど。

2007.03.01(Thu)

DSステーション逝ってきた。噂通りレティスが配信されていたので捕獲してきた。
その他のラインナップは先月と同じ。ゴールデンスライム、スライムマデュラ、竜王、キラーマシン、レオパルド、キャプテンクロウの出現を確認。
今回もまた小学生がいっぱいいて横からDSを覗き込まれるという事態になった。午後3時頃に逝ったのだが、ちょっと遅かったか。

その後、駒場に行って音楽練習室の予約をとってきた。念のため2日分を確保。
前回のように忘れてしまうことのないようにメモしておこう。3月12日14〜17時と3月16日15〜18時。お暇な方はどうぞ(何


あとこれは昨日のことになるのだが、近所のTSUTAYAにて弦楽四重奏によるドラゴンクエストを見つけたので借りてきた。
前から欲しいと思ってはいたが、金がないので購入に至らなかったCDだ。SUGIレーベル高すぎるよ。

一通り鑑賞してみて、一番気に入ったのは武器商人トルネコ変奏曲。変奏曲というからどんなものかと思ったが、トルネコの大冒険の楽曲のメドレーになっていた。トルネコの大冒険をプレイしたことがある人なら知っていると思うけど、このゲームで使われている曲はほぼ全部「武器商人トルネコ」のアレンジになっているのです。
メドレーの最初はオリジナルの武器商人トルネコ。ただ、オーケストラ版では基本ハ長調なのに対して、これはちょうど5度上がってト長調になっていた。 2番目はトルネコの大冒険では城で使われていた曲。これがト長調なので、これにつなげるためにオリジナルの調性を変えたのか?  次に来るのが町の曲。ここでハ長調に変化。 次はガーゴイルの店の曲。若干短め。 次はダンジョン(どのダンジョンだったかは忘れた)の曲。ハ短調。 最後は冒険の書選択時の曲。ハ長調に変化。ゲーム内ではなかったアレンジが追加されていた。
全体として、ゲーム中でも弦がメインだった楽曲をチョイスしているので違和感が全く無く、とても聴きやすい。トルネコの大冒険をプレイしたことのある人には特におすすめの1曲。

トルネコの大冒険って、本当にいい曲が揃っていると思うんですよね。もともと同じ曲だったとは思えないほどに多様で、プレイヤーを飽きさせない。 弦楽四重奏ってことでこの変奏曲には入っていなかったけど、遺跡っぽいダンジョンの曲とか火山っぽいダンジョンの曲も好きですね。…って、「っぽい」じゃわからないか(ぉ


おっ、今日は久々に真面目に日記を書いたぞ。やった(死

2007.02.28(Wed)

また久々の更新かよ。駄目すぎ。

MOTHER2RTAに再挑戦してみたりした。4時間57分2秒というタイムでクリア。
大きなミスをやらかしているので、もう1回やれば確実にタイムが縮むと思われるが、5時間切れたのでもうやらないかもしれない。やるかもしれない。

明日から3月。
噂によると、明日からDSステーションでDQMJのレティスの配信があるとか。
もう最近はDQMJを全くやっていないが、一応ここでしか入手できないモンスターなので行ってみようかな。
しかしDSステーションに1人で逝くのは気が引けるんだよな。小中学生が学校で来られないような時間帯を狙って行ってみるか。

2007.02.21(Wed)

スミスさん、まだ埋葬されず

これを見たとき瞬時にDQ5の腐った死体が脳裏をよぎった。これがゲーム脳か…orz

2007.02.16(Fri) MOTHER2RTA

年度末が近づいてきますね。
サークルでも新歓の企画を考え始めなければならない時期になってきました。僕も来年で4年になるので、もう会誌の内容にいちいち首を突っ込まなくてもいいのかもしれませんが、しかしよく考えてみるとこれまでの新歓号で僕が何か原稿を提出したことは実はなかったような気がします。
なので今年は何か書こうかな、とかちょっと思ってみたりしました。
実は去年、MOTHER2のRTAをやってそれを原稿にしようと考えていたのですが、途中まで書いた原稿がHDDクラッシュにより消滅してしまったことと、他の人の原稿の集まりが思いのほか良かったために、結局没になってしまいました。
今回はこれをもう一度やってみて、再度記事にしてみようかなーなどと思っています。

暇に飽かせて早速RTAにチャレンジ。
ラップタイムはこんな感じになりました。チェックポイントが無駄に多いです。

スターマンのむすこ撃破 0:07:59
フランキースタイン2撃破 0:13:28
きょだいアリ撃破 0:24:04
ストロングしょちょう撃破 0:28:28
カーペインターさん撃破 0:46:00
きょだいモグラ撃破 0:54:58
ばけテント撃破 1:23:24
オエップ撃破 1:29:08
ゲップー撃破 1:43:26
あなのぬし撃破 2:05:01
デパートのかいじん撃破 2:15:25
マニマニのあくま撃破 2:20:30
ゆだんロボ撃破 2:31:49
きょだいキノコ撃破 2:41:44
クラーケン撃破 2:55:23
せきぞうのもとじめ撃破 3:04:36
かえってきたゲップー撃破 3:23:59
きょだいネズミ撃破 3:35:23
いなずま・あらし撃破 3:39:32
DXスターマン撃破 3:53:46
ちょうねんじゅのめ撃破 3:58:59
でんげきバチバチ撃破 4:06:42
ダイヤモンドドッグ撃破 4:16:30
ネスのあくま撃破 4:32:36
ギーグ撃破 5:03:10
To Be Continued 5:18:43


去年の記録よりも20分ほど早くなってます。
その半分以上は、前回何度もやらかしたフォーサイドデパートでの全滅を今回は一度もやらなかったことに因っていたり。 ネスとジェフの2人だけであんな強敵の群れに立ち向かえるわけがないので、予めスーパーボムをいくつか買っておき、これを投げながら強引に進んでいくという戦術にしたところ突破率が向上しました。これはなかなか快適。

ミスった点も多々あるのですが、一番だめなのは回避可能な場所で写真家に激写されてしまうということが何度もあったこと。
写真家に捕まりやすいポイントは事前に把握していて、そこは確実に回避したのだが、ノーマークだったところで足元をすくわれることになってしまった。まだまだですね。

2007.02.14(Wed)

試験は今日が最終。ただレポートはまだ4つ残っているので気が抜けない。

FF12でヤズマットを撃破した。実は一昨日くらいからちょっとずつHPを削っていたのだ。
第8ラウンドまでかかった。ラストエリクサーやらを投入していけば1ラウンドでの撃破も可能な感じだったが、一度にそんなに長時間戦いたくないので妥協。
戦術はごく普通にプロテス、ヘイスト、ブレイブ、バブルあたりで補強しつつ殴っていくという方針。
闇属性が弱点のようなのでパンネロにはフォーマルハウト+ダークショットを持たせてみたが、ほかに有力な闇属性の武器がなかったのであとの2人はラグナロクとセーブザクイーンにしておいた。
防具は普段はグランドアーマーやマクシミリアンを装備しておき、サイクロンが来たらポンチョに換装することにした。まあ表示をうっかり見逃して酷い目に遭うということも何度もありましたが。

終盤までこの戦術で簡単にダメージを蓄積していくことができたが、残りHPがあと4本くらいになってから敵の攻撃力が激増。
毎回のように打撃で8,9hitしまくるのですぐに死人が出る。ヘイストなどを使っていると攻撃する暇がないので、もうガンビットをアレイズとケアルガと攻撃だけに変更。
さらに、あえて壁際で戦うようにした。必殺の頻度が上がるが、この方がかえって楽。
MPの消費量が凄まじいので、敵のHPをゲージ1本分削ったらセーブクリスタルで回復、というペースで進めていった。一度コロシアムから出るとヤズマットはまた驚異やらリフレガやらを使い出すので、この隙に一気にダメージを蓄積させられるのも大きい。
まあこんな適当なやり方で撃破しましたよ。もうやりたくないですね。

さてこれで神殺しの紋章を入手。あとは釣りイベントをやればトロの剣だ。

2007.02.11(Sun)

昨日届いたファイナルファンタジー・オフィシャル・ベスト・アルバムを眺めながらFF12のサントラを聴いてみたり。
今回のもなかなか良い。って、まだFF12の分しか見てないけどね。
メロディーラインがはっきりしない曲が多いFF12の音楽だが、その中からうまく選んでアレンジしたなーという感じ。いろいろ苦労の跡が見える。

交響詩「希望」やKiss Me Good-Byeも収録されているのがすばらしい。まあ買った目的の半分はそれらのためだったんですが。
で、サントラと楽譜を比べていて気づいた。サントラに収録されている交響詩「希望」はなんか短い。第3楽章と第4楽章が完全に抜け落ちている。
FF12を起動し、ラスボスを倒してエンディングを見て確認したら、こちらはちゃんと最初から最後まで調っていた。
サントラのパッケージを見たらPVバージョンと書いてあった。PVバージョンってそういうことかよ。全然知らなかった。一気に損した気分に。
完全版を聴きたければシングルのCDを買えということですか。わかっていればサントラ買わずにこっち買ってたんだがなぁ。

2007.02.10(Sat) れおぱるど

ファイナルファンタジー・オフィシャル・ベスト・アルバム買ってしまった。
どうでもいいけど、どうしてAmazonはたかだか本1冊をやたらと大きいダンボールで梱包するんだろうか。資源の無駄だろう。
中を見ていたら、ますますピアノを弾きたい衝動に駆られてきた。今度駒場で予約とってこよう。

夕方、おてうさんと一緒に某所のDSステーションでDQMJのすれ違い対戦をしに行った。
何度もすれ違いまくり、レオパルド4匹のほかゴールデンスライムやら竜王やらを大量に捕獲。さらに通信を繰り返すとカンダタが出現し、これを無事にゲット。悪魔の鉤爪を装備したガルマッゾのスーパーハイテンション2回攻撃で90%以上行ったので楽勝でしたよ。
その後はおてうさんのスカウト率調査の手伝いをしたり。

休日だということもあり、DSステーション付近には結構人がいっぱいいた。
小学生くらいの子供も少しいたが、その中の1人がずっと僕の近くにつきまとって、僕のDSを横からのぞき見してきたのがちょっと困った。
その少年のチームとも1回だけすれ違ったが、油断したら普通に負けてしまった。最近の小学生は怖いなあ(何

2007.02.09(Fri) 久々のFF12

試験期間になるとゲームがやりたくなるのは人間の性。
急にFF12のトロの剣を拝んでみたいと思って、約10か月ぶりにFF12を起動した。
調べてみたところ、トロの剣を取得するためにはオメガとヤズマットを撃破し、さらに釣りイベントをこなす必要があるらしい。面倒すぎる…。

一番進んでいるセーブデータはギルヴェガンのクリスタルグランデの直前のところでセーブしてあったので、丁度いいと思いまずはオメガを倒しにいくことにした。
クリスタルグランデ内では迷いまくり、3時間ほどかけてどうにかオメガのいる場所を発見。
その途中、どこかの転移装置のある場所でラルヴァイーターとかいうレアモンスターが出現した。倒したらダンジューロとかいう武器をドロップ。あとで調べたところ、かなり希少なアイテムのようだ。なんか知らんがラッキーだった。

オメガ戦。リバース+デコイ+ストップ作戦を試みるが、軌道にのる前にどうしても死者が出てしまいうまくいかない。
仕方ないので全員にリバースをかける方針に切り替える。ヘイストやブレイブも使いたかったが、逆転の維持で手一杯っぽかったのでやめた。
アクセサリは最初は全員バブルチェーンにしていたが、MPが尽きそうだったのでパンネロには賢者の指輪を装備。
こんな感じでちまちまと削っていったのだが、敵が瀕死になったあたりで与ダメージ値が激減。
それに伴ってMPチャージ量が少なくなり、エーテル類を次々と投入するも、それすら全て使い切りそうな勢いになってきた。
そこで攻撃力を増強するため、ヴァンに源氏の小手を装備させてブレイブとバッカスの酒を使うことにした。これでかなりのダメージが与えられるようになると同時に、MPチャージ量が大幅に上昇。アーシェとパンネロだけでも逆転の維持は十分できたし、アスピルでときどきヴァンからMPを吸い上げれば収支はプラスになるほど。
これで楽々撃破。ドロップアイテムのオメガの紋章ももちろん忘れずに回収した。

次はヤズマットにでも挑戦してみるか。何時間かかるか知らないけど。

2007.02.07(Wed)

家庭教師のバイトの面接に行ってきた。順調に行けば来週にも仕事が来る見通し。
やった、これで久々にNeeTから脱却できるぞ(何
4年になったらますます時間がなくなると思われるが、できる限り続けていきたい。

なんか最近面白いことがない。試験期間中だから仕方ないのかもしれないけど。
ストレスを発散できるようなことがしたい。
駒場の音楽練習室をとって、ピアノでも弾きに行こうかな。
ピアノと言えば、ファイナルファンタジー・オフィシャル・ベスト・アルバム欲しいなあ。
新しいピアノ譜を入手して、初めてその曲を弾いているときが一番楽しい。新しいCDを買ってから初めてそれを聴くときと同じで、非常にわくわくする。まあそのせいで消化できていないスコアブックがどんどんたまっていってしまうわけですが。
また1つの曲がちょっと弾けるようになるとすぐに別の曲に移ってしまうため、大抵の場合完成度が低い状態で終わってしまう。そしていつまでも技術が上達しない。orz

2007.02.05(Mon)

最近日記の更新頻度がかなり落ちてる。だめ。

久しぶりにDQMJのWi-fiをやってみたら、順位が5000位くらいから一気に1800位くらいまで上昇していた。
一体何があったのかと思えば、一部の改造厨が排除されたらしい。やっとスクエニも対策し始めたか。
DQMJと言えば、今月から期間限定でWi-fiステーション(?)でレアモンスターの配信が行われるらしい。
おてうさんから行ってみないかというお誘いを受けたので、今週末にでもちょっと様子を見てきます。

もじぴったんは残る3問中1問をクリアした。あと2問。

2007.01.30(Tue)

結局、玉川大学のコンサートには行かなかった。さすがに手間が大きすぎだし。

2年前に買って、少しずつ進めていたもじぴったん(GBA版)が大詰めを迎えている。
「じっくりぱずる」全324問中、現在クリアしたのが321問。わずかにあと3問を残すのみとなった。
だが残っているのはいずれも難問ばかり。クリアできそうでできないのが実にもどかしい。
ただ難問とは言っても、いわゆる「パズル」的な部分が少なく、純粋な語彙力が要求されるものばかりで、それが非常に面白い。
自分の持つボキャブラリーでどのくらいの問題に対応できるのか、その知的好奇心こそがもじぴったんの醍醐味だと思う。

だから辞書などを利用することは邪道中の邪道だと言わざるを得ないのだが、実は1回だけ広辞苑を使ってしまったことがある(恥
その問題はシンプルで、5×5のマスに5文字の単語を6個作れというものだった。ただし同じ文字は1回しか使うことができない。
解答例としては、5文字の単語を縦に5個並べて、かつどこかの行で横に5文字の単語が成立するようにすればよいわけだが、これが非常に難しい。
地道にやるなら思いつく限りの5文字の単語をリストアップして、文字がかぶらないようにグループ分けなどをしつつ解答を模索していくことになるのだろうが、 僕はこのプロセスで辞書を使用してしまったのだ。
辞書を使ったら比較的早くクリアできたが、やはり残念さは残る。いつか正攻法でクリアしたいものだ。

2007.01.28(Sun)

DQMJの話題で申し訳ないのですが、先週の日記と関連があるので ここに書きます。
今日もWi-fiのトーナメント対戦に参加したのですが、先週の日曜日に続いて今回も改造モンスターが 出てたんですよ。
2回行動するゴールデンスライムが。あと、行動早いの暗黒の魔神とか。
先週から全く改善されていないってどういうことでしょうか。1回やれば誰でもわかる不正データを 完全に放置しているこの状況。
百歩譲って改造データが蔓延している状況に目をつぶるとしても、その日の対戦相手となるモンスターの データを見て、不正なものだったら弾くということくらいはできるだろうに。 1週間前にも同じ不祥事があったのならなおさら。
そういった最低限のことすらやらないスクエニはもうだめかもしれませんね。
DQ9はネットワーク対応だと言うが、こんな有様では失敗するに決まっている。

2007.01.27(Sat)

土曜日だけど授業。13:00〜19:00。

すぎやんのホームページで見たんですが、玉川大学の芸術学部によるコンサートで ドラクエの楽曲の演奏があるみたいですね。
1月30日の18:00からで、入場料は無料。
少し興味がある…のですが、実験終わってからで間に合うかな。ここからだと1時間以上かかるからな。
もし時間の都合がついて、行く気力があったら行くかもしれません。

2007.01.26(Fri)

体長7.1メートルの巨大ヘビが犬11匹を丸飲み、マレーシア
謎。
どうしてこのニュースが「エンターテインメント」カテゴリに属しているのかが謎。

非常に今更な話なのですが、先月の24日に駒場の音楽練習室の予約をとっていたのをすっかり忘れていました。
もったいないことをした。ピアノの練習をする少ない機会だったのに。
春休み中に1回練習したいものだ。予約をとりに駒場に行くのが面倒だけど…。

2007.01.23(Tue) 黒魔道士

先日、THE BLACK MAGESを買った。
無難なアレンジだったという感想。ただ、無難すぎて面白みがやや少なかったような気もした。
THE BLACK MAGES IIはもっと過激だったと思うのだが。やりたい放題という感じで、それがとても良かった。
Iがある程度好評で、受け入れられたからIIでは冒険してみたんですかね。
Iのはオリジナルと大差ない曲が多いような。まあオリジナルを知らないのも結構あるんですが(ぉ

THE BLACK MAGES I,II合わせて、お気に入りの曲を挙げてみます。

1. Force Your Way
2. The Decisive Battle
3. Zeromus
4. The Man with the Machine Gun
5. Maybe I'm a Lion
6. Battle with the Four Fiends

このあたりか。
特にBattle with the Four Fiendsはロックアレンジにぴったりという印象。 普段ロックなんか聴かない僕でもすんなりと受け入れることができた。

2007.01.21(Sun) モラル

今日はいろいろとモラルの低いものを目の当たりにした。
まずDQMJ。ジョーカーズGPというWi-fiを利用したランキングバトルがあり、日替わりで 登録しているプレイヤーの中から特定の順位の人のモンスターと対戦できるのだが、 今日の対戦相手が明らかに改造しているモンスターだった。
2回行動してくるゴールデンスライムとかもうね。HPも限界突破していたらしいし。
スクエニはその日の対戦相手くらいチェックしろと。

その後外出。自宅のあるマンションのエレベータに数日前から「エレベータ内で唾を吐かないでください」 という貼り紙がしてあり、これだけでもモラルの低さが見て取れるのだが、今日見たらその貼り紙に唾が吐きかけられていた。 こんなことする奴が同じマンションに住んでるのか。出てけよ。

スーパーに買い物に行ったら納豆が売り切れていた。 普段は4種類くらいのメーカーの納豆が置かれているところなのに、どれも1個も残っていない。
よく見ると貼り紙がしてあって、「テレビの放送により需要が殺到し、生産が追いつかない状況です」 とのこと。
マジあるある逝ってよし。

ところで、スーパーで「梅オリゴの雫」とかいうものが売られていて 思わず買ってしまった(ぉ
去年の日記で書いた「本かりんの雫」シリーズの製品っぽかったので…。
べっ! 別に好きで買ったんじゃないからねっ! たまたま目に入っただけなんだから!
…ちなみに、本かりんの雫はまだ使いきれていない。また不良債権がorz

2007.01.19(Fri)

明日はセンター試験とかいうものがあるそうで。受験生の皆さんは適当に頑張ってください。
センター試験と言えば鉛筆転がし。鉛筆転がしと言えばバトル鉛筆(何
僕も試験日にはネタとしてバトル鉛筆を数本持参しましたが、友達の中にゾーマ鉛筆 (通常の2倍くらいの太さと長さを有する巨大バトル鉛筆)を持ってきたのがいて唖然。 あれには参りました。精神的にその後の試験にも影響したのは言うまでもありません。
それにしても、あんな巨大鉛筆を持っている人がいるとは思わなかった。 鉛筆削り器は使えないのでカッターで削るしかないし、太いので持ちにくいだろう。 どう考えても実用向きではないな。
その友達も会場に持ってきたものの、さすがに実際の試験では使わなかったようだ(当たり前)。 そこで使ったら神になれたものを。惜しい。

2007.01.18(Thu) 新年あけましておめでとうございます(超遅

どうも、あけましておめでとうございます(遅すぎ
DQMJの日記は 更新していたのですが、そちらにばかり気をとられてすっかりこちらの日記の更新が滞ってしまいました。 申し訳ありません。
ともかく、今年もどうぞよろしくお願いします。

お気づきのようにこの日記のデザインも多少変えてみたのですが、どうでしょうか。
見づらいですか? 見づらいですよね。
でも当分このまま行きます(ぉ


トップに戻る