けい坊の日記

Counter


告知

「FINAL FANTASY 12作連続RTA」終了!
予定タイムを大幅に上回る96時間4分で無事完走しました。
応援してくださったみなさま、ありがとうございました!
(2006.08.20)


トップに戻る

2006年上半期の日記を読む
2005年の日記を読む
2004年の日記を読む


12/27(水)

ドラゴンクエストモンスターズジョーカーの発売日。正式には明日ですが。
とりあえずプレイメモを書くページを用意しました。こちらです。
今回もメモをとりながら進めていくので、暇な方はご覧ください。


12/26(火)

最近ストレスのたまることが多かったのですが、なんかもう吹っ切れました。
年末はもう何も考えずに遊ぶことに決定。まあ、明日からはDQMJがあるので最初からそのつもりでしたが。NEETと呼ばれて大いに結構。
今日は何をしようかなと思ったんですけど、今からRTAをやることにします。
と言ってもDQ6は却ってストレス溜まるので駄目。DQ5やDQ8も無理。DQ1やFF10-2は短すぎる。
なのでFF8をやることにします。まだ自己ベストも甘すぎるので、丁度いいかもしれない。
10時開始でいきます。
追記:すみません、10時は無理でした。12時開始にします。


12:00:00 電源投入

高速モードにするために1分ほどロスしましたが気にしない。



12:17:00 イフリート撃破



12:57:30 エルヴィオレ撃破




フリーズ!!!
SeeD就任式のムービーに入った瞬間に固まりやがりました。ざけんな!
高速モードが原因か。しかしそう考えると、12作連続RTAのときよくフリーズせずに済んだものだ。あのときは3〜4時間に1回くらいしかセーブしてなかったから、フリーズしてたら大事故になってたかもしれないわけで。
あ、でも薄型のPS2使ってたから大丈夫だったのかな。

今からもう1回はやる気がしないので中止します。ごめんなさい。


さらに追記:
その後もう1度だけ挑戦してみたのですが、ゼルのカードが全然手に入らなくて終了。
50戦ほどしたところでようやく出してきましたが、手が滑って引き分けてしまいましたよ。まあもうどうでもよかったけど。
こちらがレアカードを使うと、相手のレアカード使用率が下がるという情報を以前頂いたのですが、どうもそんなことはなさそうな気がした。なぜなら今日の50戦は一切レアカードを使ってないから。
レアカードの使用、不使用には関わらず、ある一定の確率でレアカードを出してくるような気がしますね。推定ですが、キスティスのカードは25%、ゼルのカードは5%くらいか。
強引な推測ですが、文句は実際にゼルの母と200戦以上カードゲームをしてから言うように。


12/25(月)

下に書いたとおり、僕にとっては24日が42時間くらいあったので25日は残念ながら6時間しかありませんでした。その間にやったことでも。

ちょっとした気の迷いで、キングダムハーツ2を起動。実に1年ぶりになりますね。
一応セーブデータが残っていたのでそこから再開。スペースパラノイドとかいうところでした。
なんか謎のレースゲームをやらされましたよ。壁に激突する度に大幅にHPが減り、危険でしたがぎりぎりでクリア。
その後、なんかよくわからないけどデータエリアへ逝けと言われる。さんざん迷った末にどうにか到達。
そうしたら強制バトルですよ。敵を倒したときに散らばる黒い玉を集めて、3箇所あるスイッチを機動していくというもの。この手のイベントはこれまでにも何度かあったと記憶しているのだが、正直きついものがある。なぜなら、四方八方に飛び散っていく玉を真面目に回収しなければならないからだ。この回収作業時には画面が小刻みに動くため、3D酔いが激しい。普段の戦闘で敵が落とす金やアイテムもこの理由から完全にスルーしているのだが、それを強制イベントで無理やりやらせてくるとはひどい仕打ちである。
結局このせいで頭痛に見舞われ、その部屋にあったセーブポイントでセーブして終了。プレイ時間はせいぜい15分といったところだが、僕にとってはこれが限界。
これは僕の体質の問題であり、別にキングダムハーツがクソゲーであると言うつもりはないが、もう少し画面の動きを緩やかにするなどの配慮があってもいいのではないか。
敵を倒しても3D酔いするから金が獲得できない→アイテムが買えないと流れは本当になんとかしていただきたい。3D酔いにどれだけ耐性があるかでゲームの難易度が変わってしまうというのは論外だと思うのですよ。


12/24(日)

クリスマスイブ。って何それ? おいしいの?
僕は完全な負け組なので、同じく負け組であるところのTGA会員数人とひたすら飲んでました。17時半から23時くらいまででしたかね。
勝ち組の皆さんは楽しい夜を過ごしたことと思いますが、我々は我々で楽しかったからいいですよ。前後不覚(ってほどではないが)になるまで飲み続けたのは今回が初めてかもしれない。

で、店を出てからは普通に帰宅する予定だったのだが、気づくと何故か@たこ邸。
たこ氏+えぐち氏の低俗なネトラジを横で聞いてましたよ。そしてそのまま朝に。
完全にアルコールも抜けており、一気に鬱な気分になりました。なにしろ25日は実験レポートの提出締め切りで、この時点で1文字たりとも執筆していない状況だったので。
31時ごろ帰宅し、その後は必死に執筆作業。気力の低迷が激しい中、どうにか41時ごろ提出完了。
…41時って何時だよ。

まあそんな感じで有意義に過ごしたクリスマスでした。


12/21(木)

一応修羅場の峠は越えた模様。大学のレポートのうちの1つは提出締め切りが来週月曜日までと判明し、そっちは未着手のままなので、問題が先送りになっただけとも言えるけど。

徹夜での作業をする日もあったのだが、そのときに役立ったのが「THE BLACK MAGES II」だ。
ロック音楽の鑑賞の仕方はよくわからないので、収録されている曲の良さは正直よくわからない。でも、覚醒効果があるのは確か。
コーヒー+「THE BLACK MAGES II」が自分的に最強。
Iの方も聴いてみたいなあ。だれか持ってる人貸してくれませんか?


12/17(日)

いろいろと作業に追われた一日。
今週は修羅場になりそうだ。金曜日までに提出のレポート(大学の)が2つ、全くの未着手状態で残されているほか、極限攻略研究会会誌の編集を同じく金曜日の印刷日までに終わらせなければならない。こちらも進行度はまだ低い。
さらにゲーム研究会会誌へFF12作RTAの原稿を書かなければならない。うーむ…。
今週の金曜日まではこの日記はおそらく更新する暇がないかと思われます。すみません。
とか言いつつ、今この日記を書いているわけですが。


12/16(土)

プロフィールをいろいろ直した。
最初は年齢とかだけ直すつもりだったのだが、「好きな〜」の内容も2年前と今とではかなり変わってきていることに気づき、手を加えておいた。
好きなキャラなんかはバーバラ以外は全て2年前とは変わっている。…というか、僕の趣向が一定の方向にシフトしているような気がするな。
そんな中でも、DQシリーズ7作品(プロフィールを作成したときはまだ8が発売していなかった)の好きな順は昔とは変わっていなかった。ま、プロフィール作成時から今日までにまともにプレイしたDQは2,5,6,8くらいのもので、その他の作品に対する評価が変わりようがないのではあるが。


12/15(金)

「本かりんの雫」を料理に使うと書いたのですが、まだ試してません。すみません。
土日には実践してみるつもりです。

ところで、本かりんの雫のパッケージには4〜5倍に希釈して使用するように書かれているのですが、この通りにすると結構きついというのは一昨日書いたとおりです。
おすすめは7〜8倍くらい。このくらいまで薄めれば、すっきりとした後味になるので比較的飲みやすいですね。
あと、本かりんの雫をトマトジュースに入れるというのを今日試してみました。
これは意外といいかも。トマトの臭みが取れて、かりんの爽やかな味わいが残る感じ。


12/13(水)

「本かりんの雫」の使い道に困ってます。マジで。
3日前の日記に、お湯で割って飲んだら普通にうまかった、とか勢いで書いてしまったのですが、冷静に味わってみると実は微妙。
かりんはやっぱりクセがありますからねぇ。後味が残るからあまり大量に消費するのは無理。
だれか上手な使い道を研究してくれないかな。たこ君とかブログのネタ作りに困ってそうだから、これをネタにしてみませんかね?(ぉ

とりあえず今日は、牛乳に入れて飲んでみた。……。
結果は×。相性悪すぎ…。
明日は違う方向性で行ってみます。料理の隠し味に使うという方針で。酢豚とかどうだろう。

まあ最悪の場合、廃棄するという裏技もあるんですけどね。フェノール廃液とか書いて実験室の廃液入れに入れとけばバレないだろう。色的に。


12/12(火)

DQ9、ニンテンドーDSで来年発売
だそうです。

正直、これは予想外でしたね。まさか携帯ハードで出してくるとは。
映像をあまり重視しないドラクエシリーズとしては、スペックはDS程度で十分ということなんでしょうか。
ただ、容量の問題は気になるところですね。内容が薄っぺらいものにならないか不安。発売も来年で、前作から3年しか経っておらず、ドラクエとしては異例の開発期間の短さですし。
まあでも、とりあえずPS3でなくて安心しました。堀井雄二、鳥山明、すぎやまこういちというトリオも相変わらずで、今までどおりのクオリティは期待できるかと思います。

…なんとなく、ドラクエは据え置きハードでプレイしたいという気持ちはあるのですが、よく考えると僕は来年4年生でいろいろ忙しくなるだろうから、そういう意味ではDSで出るというのは歓迎すべきことなのかもしれない。

あと、DSで出るとなると、RTAなどのやり込みを録画するのが大変になりそうですね。WiiでDSプレイヤーが出ればいいのですが。


(追記)
ネットワークを介しての協力プレイを可能にするためにDSが選ばれたみたいですね。
うーん。それはナンバリングされた作品でやらなくてもいいような。


12/10(日)

スーパーに買物に行った。
レジで会計をした際、店員から福引き券をもらった。歳末ということでキャンペーンをやっているようだ。
とっさに、その場ですぐに53Gで売るというゲーム脳的発想が浮かんできたが、そこは自粛。
どうも2000円以上買物しないともらえないようだ。普段は一度に2000円以上買物することなどほとんどないのだが、今日はたまたま米を買って金額が大きくなっていたために入手できた。

福引き所へ行き、券を渡す。
くじを引く前に、ちらっと景品一覧を見ると、そこには「1等:あきたこまち2kg」の文字が。
ちょっと待ってください。今僕は米を買ったところなんですよ?それも5kg。ほかにも1.5lのウーロン茶とか1lの牛乳とかも買ったので、家に持って帰るのが現状で精一杯の状況。これでもし1等が当たったりしたら詰みます。圧死します。
しかし…!もう後には退けない…!

祈るような気持ちでくじを引く。
出たのは青色。? これは何等なんだ?
一瞬の当惑。その刹那、受付のお姉さんの「おめでとうございます!」という声とともに微妙に派手なハンドチャイムの音が聞こえてきた。まさか…!?

だが、当たったのは2等であった。安堵する自分。
景品は「本かりんの雫」という、かりんをベースとしたシロップだった。
1等の地雷を避けつつも、2等という高い位置のものを当てることができ、満足げに帰宅する僕。
だが、それはスーパーによる巧妙な罠だった。

家に帰ってから「本かりんの雫」の使い道を考える。
…何も思いつかない。
甘党の人なら茶やら酒やらに入れて飲めばいいのだろうが、あいにく僕はそういうことはしない。
内容量は580g。相当な量。しかも瓶をよく見ると、「4〜5倍に希釈して使用してください」と書かれているではないか!
1人暮らしにとってはあまりに酷な話である。しかも、「開封後はお早めに」というお決まりのメッセージまで書いてある。無茶言うな。


しかしその夜…。

試しにお湯で「本かりんの雫」を4倍に希釈して飲んでみる。

「ついに飲みやがったか。クククク…」
「甘いシロップの味がいつまでもとれないだろう?」
「こんなかりんなんかに…くやしい…!」
「でも…普通にうめえ!」(ビクッビクッ)


12/8(金)

更新が滞っていて申し訳ありません。

ここ1週間くらいは何故かFF8をやってました。
別にRTAをやるというわけでもなく、ただ単に通常プレイ感覚で。サブイベントを見たりとか、普通に敵を倒してアイテム収集とか、いわゆる上方向のやりこみに近いですかね。
と言っても、やりこみというほどプレイしてませんが。 それでも、こういう普通のプレイをしたいと思ったのは本当に久しぶりです。 それだけ、FF8が魅力的に思えたということですね。

それにしてもこのゲーム、細かく見ていくと非常によくできていることがわかりますね。 キャラクターの個性もあり、それぞれが主役として活躍する場面が必ず用意されている。陳腐かもしれませんが、そういう王道なシナリオにあっても細かいところまで丁寧に作りこまれているために、悪い印象は全くありません。
演出も実はかなりうまくて、魔女戦争とかいったシリアスなテーマ、世界観でありながらもコミカルな雰囲気を強く押し出し、その兼ね合いにより独特の味を出しているという感じがします。この味に好き嫌いがあって、世間でのFF8の評価が分かれているんじゃないでしょうかね。
僕は間違いなくこのFF8の雰囲気が好きな派です。なんかいいじゃないですか。性格の異なる、シリアスなスコールとコミカルなラグナの人生が交錯するところとか…。
まあ確かに操作性の面とか画面の見づらさとか、あるいはリノアの性格が気に入らないとかで否定派が多いというのもわかるんだけど、FF8の雰囲気が好きだという人にとってはそういう点は問題にならないんだよなあ。

盲目的に批判する人には是非もう一度プレイすることをお勧めしたい、そんなゲームであると思います。


12/2(土)

1日の19時半くらいからずっと並んでました。Wii行列に。
店舗名は伏せた方がいいのかな。
集まったゲー研会員はなんと10人。途中で帰った人とかを合わせるともっと多い。
先頭から15〜24番目を占有しました。これだけの大人数で、しかも先頭付近ということでなかなか目立つ。ような気がする。

販売開始は31時からだったので12時間近く並ぶことになったのですが、その間やっていたことはほぼゲーム。
僕はukeyさんから借りたスーパーマリオアドバンス3のヨッシーアイランドをずっとやってましたよ。
アドバンス版で追加された隠しコースを体験するのが目的だったのですが、結局プレイできたのは1面と2面の隠しコースのみ。どうせ時間あるし、と思いセーブデータを消させてもらって最初から始めたのですが、思いのほか通常クリアまでに時間がかかってしまい、時間切れになったため。
通常クリアとは言っても全コース100点にしつつ進んだ(スペシャルコース含めて)ので、確かに時間はかかるのだが、それにしても夜通しプレイして終わらないとは…。
これは買ってやれということなのか…。

各メディアの取材は結構来ました。
しかし同じ店舗に並んでいた他の団体のクオリティが我々を凌駕していたため、残念ながら使われなかった模様。
バーチャルボーイとかスーパースコープを駒場組が持ってきていれば、インパクトは増していたと思うのだが…。
僕はちゃんとロトの剣を持参していったのに、他の人が誰も持ってきていなかったのはもう論外。剣神プレイヤーの当然の義務だというのに。


………


帰宅後は爆睡。授業があったような気がするが忘れた。
なお、ソフトは何一つ買っていないので起動してません。特に面白そうなものはなかったし。
とりあえずDQSが出るまでは放置かな。あ、でもバーチャルコンソールといふものをやってみるかも。せっかくプリペイドカードも買ったしな。

まあそんなわけで、未曾有のNeetingを体験した1日でした。


11/30(木)

スライム100でまた記録更新!
タイムは25秒60です。
まだ縮む余地あり。いつか25秒は切りたいところだが…。


11/29(水)

スライム100で記録更新!
タイムは27秒45です。ついに念願の30秒切りを達成しました。
これで僕も剣神上級者の仲間入りか?


11/28(火)

どうも風邪をひいてしまったらしく、昨日の朝から頗る体調が悪かった。のですが、大分回復した気がする。ちゃんと病院に逝ったのが功を奏したか。

駒場祭の影響で久々に剣神をやりたくなった。
とりあえず、竜王を最短で倒すのはできるようになった。ビッグバンが出せるようになったのが大きい。
また、スライム100では30秒台前半を出すことに成功。もう少しで30秒切りというところなので、ぜひとも達成したい。


11/27(月)

ポケモン地球儀、ついにコンプリート!
まず岩手県はハスボー⇔ゴンベという普通なトレードでゲット。
宮崎県は…実はまだゲットしていないのですが、自分が住んでいる地域を宮崎県に登録することで、見かけ上地球儀に登録されているようにした。
ちょっと反則っぽいですが、まあ気にしない。

今後海外でポケモンが発売されたら、地球儀にも登録されるようになるのかな。
そのときには、また同じことをはじめるかもしれません(何


11/24(金)

今日は駒場祭の1日目でした。
といっても、会場に到着したのは企画終了時刻の1時間前くらいでしたが。実験が思ったより長引いたので仕方ない。
ちなみに、FF5RTAはクロウ君が優勝したらしいですよ。さすがRH。

さて、明日はDQ6RTAの実演があります。
一番の問題は、開始時刻の9時までに会場に到着できるかということ。もとい、起きられるかということ。成功率は恐らくムドー3の勝率程度かと思われます(ぉ
もしも遅刻したら開始時刻10時とかにしてください。その場合は気合で8時間以内にクリアしますので(嘘

まあたぶん大丈夫だと思いますが。


11/22(水)

ポケモン地球儀、高知県と山口県をゲット。
高知県のゲットに当たっては伝説ポケモンのディアルガを放出。相手はレベル5のグランブルという怪しげなものだったが、まあ気にしない。
山口県の方はミロカロスを放出。レベル30以上を要求されていたため、進化させるのとレベル上げが激しく面倒だったが、それだけの価値はある。

これで残りは岩手県と宮崎県の2県。
岩手県はそれほど難しくないと思われるので、問題は宮崎県の方だ。
前に宮崎でズガイドス♀を要求しているものがあり、急いでズガイドスの♀の調達を試みたが、用意ができたときには既に交換されていて非常に悔しい思いをしたことがある。相手が提示していたのはごく普通のビーダルだったので、純粋にポケモン目当てで交換されたとは思えない。僕と同様に、地球儀を埋めるために交換している人が他にもいるということだろう。
今後もそういった人との競争が予想される。ここからが正念場だ。


11/21(火)

今日もポケモン不思議のダンジョンの練習はせず。
レポートとかで時間が取られているため。マジでやばい。
もはや睡眠時間を削るしか手はないのか。
ちなみに、今はまだハガネ山クリアまでしか進んでない。

駒場祭3日目の穴埋めということで何故か僕がマリオワールドをやることになったので、大学からソフトを持ち帰ってきた。
で、少しだけプレイ。せんべい山の城まで。
ブランクはせいぜい4か月くらいだと思うのだが、思うように指が動かなくて愕然とした。一番ありえないのは1-2、すなわち最初のコースで2回も死んだこと。たぶんコントローラの連射機能を切り忘れたのが原因だけど。
ほかにも、ドーナツ平野の城でうまくコトンを避けつつ上の土管に入るところとか、バニラドームの秘密のコース1でジャンプ台で6匹のパタパタの隙間を抜けるところとかで精彩を欠いたミスを連発。これはひどい。
練習はそれほど必要ないとは思うのだが、少なくとも3回くらいは通してプレイしておかないと不安である。


11/20(月)

ポケモンの地球儀、今日は徳島県をゲット。これで残りは岩手、高知、山口、宮崎の4県。
徳島のゲットに当たっては、伝説ポケモンのパルキアを放出したが、まあそれだけの価値はあるだろう。
また、高知でディアルガ希望の人を見つけたので、これも交換しようと思ったのだが、向こうが提示しているポケモンが明らかに改造かバグ(進化レベルよりも低いレベルの進化形ポケモン)だったので躊躇っているところ。別に気にせず交換するべきか。


11/19(日)

先日のDQ6RTAのレポートを少しずつ執筆中。完成したところまではアップしておきました。
駒場祭までに何とか完成させたい。

結局今日もRTAの練習はせず。DQ6も、ポケモン不思議のダンジョンも。
DQ6はともかく、ポケモンは結構やばい。まだ1回もクリアできてない。というか半分もいってない。にも関わらずセーブデータ消しちゃった。さてどうするか。
もうフラグだけ押さえておいてあとは適当にやるか。メロメロの技マシンさえ拾えれば、 あとは何とでもなる。


11/17(金)

学科のホームページを見たところ、なんと明日授業が入っていた。
ついこの間見たときはなかったのに。本当は12月に行われるはずのものが急遽変更されて明日になったようだ。
明日はTGAの印刷に参加しようと思っていたのに。こういう不意打ちは本当にやめていただきたい。
急に変更しやがった方が悪いということにして、授業は斬るか。もしくは出席だけ書いてから帰るか。


11/16(木)

ポケモンの地球儀は少し進展し、福島県と愛媛県をゲット。
残りは岩手県、山口県、徳島県、高知県、宮崎県の5県。
岩手県は比較的よく見かける(と言っても難条件を突きつけられて交換できないのだが)ので埋まるのは時間の問題だと思うが、そのほかは…。
なんとかならないものか。


11/15(水)

そういえば今年の駒場祭の前日は休日か。
ということは準備には参加できるということですか。これは楽しみ。
よく言われるように、祭りは本番よりもその準備が楽しいものです。前日準備の日に「練習」と称してみんなでゲームするのが面白い。
ゲーム研では部室を持ってないので、会員が集まってゲームできる機会は貴重なんですよね。それも祭りの前日準備のときはテレビが3台もあるわけなのでなおさら。
今から楽しみだ。


11/14(火)

昨日のRTAのタイムを、9月25日のRTA(未遂)のと比べてみた。
ムドー3撃破は昨日の方が3分早いのに、アクバー撃破は5分遅い。中盤で8分も遅れているということか。
確かに試練その1戦やバシルーラのためにロスしているが、8分も遅れるか…?
もう少し注意して分析してみるか…。


11/13(月)

実験が早く終わったので、帰宅後にDQ6。RTA。
ラップタイムまとめ。

塔の兵隊撃破 0:25:08
ブラディーポ撃破 0:47:53
ホラービースト撃破 1:09:12
ポイズンゾンビ撃破 1:17:37
ムドー1撃破 1:42:59
ムドー3撃破 2:17:26
ブラスト撃破 3:10:10
ジャミラス撃破 3:25:41
試練その3撃破 3:47:15
ミラルゴ撃破 4:16:35
グラコス撃破 5:31:43
魔王の使い撃破 5:48:18
デュラン撃破 6:10:00
アクバー撃破 7:01:14
ズイカク・ショウカク撃破 7:13:57
デスタムーア撃破 7:47:27
The End 8:08:33


ということで、世界新記録8時間8分33秒でクリアすることに成功!
これまでの記録は8時間19分29秒だったから、実に10分以上の更新。
やっぱり前のはジャミラスでの全滅とピエール16ツモが響いてたんだなあ。

でも今日のもまだ分単位のロスがあります。
1つ目は試練その1戦。ミレーユが先制されてメダパニダンスを食らい、主人公、アモス、ハッサンの3人が全員混乱するという最悪の事態。一応倒せましたが、戦闘時間だけで2分程度、またその後のリカバリーで1分程度(推定)ロスしてしまいました。
2つ目は海底神殿。サイレスのバシルーラでアモスが吹っ飛ばされ、あとでルイーダへ迎えに行く手間が生じてしまいました。その直後はどこのルイーダが良いか、またどのタイミングが良いかを必死に思案していたのですが、そのために脳のキャパシティの大部分を使ってしまっていろいろとミスを重ねてしまったのも悔やまれます。
しかしアモール北の洞窟でメタスラを倒したり、ジャミラスが炎の爪をドロップしたり、デスタムーアがおとなしかったりと幸運だった部分も多かったのも事実で、トータルでの運はプラスマイナス0か、ややプラスといったところでしょうか。

レポートは追って執筆していきます。…まだ前のも書き終わってないんですがね。
駒場祭までにもう1回くらいやるかもしれません。


11/12(日)

久しぶりにポケモンでバトルタワーなどを。
オオスバメ、ボーマンダ、ヤドランの3匹でシングルに挑戦する。
49戦目の2回目クロツグ戦まで到達するも、敗北して48連勝でストップ。最後のクレセリアに対してヤドランを出し、持久戦に持ち込もうとするも、敵のシャドーボールが急所に当たりやがって終了。
クレセリアの驚異的な耐久力をどう打破するかが勝負の鍵だろう。弱点を突くか、道連れ等で一気に落とすか。

地球儀の方は新たに北海道(函館)と京都府をゲット。これで残りは7都道府県。
順調に埋まっているように見えるが、残っているのはいずれも激レア地域ばかりなので、これからの進捗は困難を極めるだろう。


11/11(土)

某次世代機の発売日らしいです。
昨日の夕方に、たこ氏から「これから徹夜で並ぶ」というメールがあり、それで今日が発売日だということを知りました。
明らかに転売目的の、かたぎじゃない人たちがいると言ってましたが、テレビで報道された発売開始後の映像を見てもそういう人が見受けられたので、相当数の転売屋がいたんでしょうね。ネットオークションを見ても凄いことになってるし。
まあ、正直どうでもいいですけど。

ポケモンの地球儀は新たに長崎県、佐賀県をゲット。
ここにきて九州地方が順調だ。残りは宮崎県のみ。
しかし払ったコストはなかなか大きかった。長崎県の方はデルビル⇔ナエトル♀Lv10以下、佐賀県はチョンチー⇔ボーマンダ。
特にボーマンダを調達するのが面倒で時間がかかったが、その間に他の人に交換されなくて良かった。まあ普通の人は交換しないと思うけどな。
これで残りは9都道府県。


11/10(金)

ポケモンの地球儀は新たに福井県、香川県をゲット。
ついに四国地方へ進出することに成功。それもこれまでに見たことすら無かった香川県。
エイパム♂Lv30以上を要求されていたので多少用意に手間がかかったが、レア地域のためにはこのくらいはやむを得ない。
これで残りは11都道府県。

気づけば駒場祭まであと2週間か。
まだポケモン不思議のダンジョンの練習が全然進んでいない件。
もう調査とかしないで、ぶっつけ本番で適当にやってみるのも面白いかもしれない。最初に選ぶポケモンも適当に。その方が、狙いのポケモンにならなかったときにやり直すタイムロスもないし。
パートナーポケモンは自由に選べるし、意外となんとかなる…か?


11/9(木)

ポケモンで地球儀埋め。
2時間ほど費やし、山梨県、石川県、福岡県、熊本県をゲット。これで残りは13都道府県。
しかしこれだけ粘って四国が一個も埋まらないとはどうなってるんだ。四国って本当に人住んでるのかよ!?(←失礼

近所のレンタルビデオ店でこんな貼り紙が。

(少々見づらいですが、「高価買取り中!!」です)

…誰に向かっての広告だ。

ちなみに、PS3の買取広告も並んで貼られていたが、こちらは49000円買取だった(定価は49980円)。
一方のWiiは、上の写真のように25000円買取で、定価も25000円。
この違いをどう見るか。店が適当に決めたに僕は一票。


11/8(水)

昨日に続き実験終了7時越え。

ポケモン。最近はGTSにある地球儀の地域を埋めるのを頑張っている。
この地球儀は、wi-fiコネクションを利用して通信交換した相手の住んでいる地域が都道府県単位で記録されていくというものだ。
最近GTSをやるときは、もはや相手の提示しているポケモンの種類には目もくれず、相手の住んでいる地域のみを見ている。相手が多少不釣合いな要求をしてきても、地域がレアな場合は交換に応じるようにしている。例えば、ビッパ⇔ミロカロスとかね。
まだ埋まってないのは以下。

北海道(函館)
岩手県
福島県
山梨県
石川県
福井県
京都府
山口県
香川県
高知県
徳島県
愛媛県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県

まだ結構あるな。
当初難しいと思っていた北海道、東北地方は意外と順調。ちなみに、北海道は稚内、釧路、札幌、函館の4箇所がある。
しかし四国、九州地方はなかなかうまくいかない。GTSでこれらの地域を見かけたら可能な限り交換に応じるようにしているが、さすがにディアルガやパルキアを希望している輩はねえ…。
香川とか愛媛に至っては1回も見たことないし。コンプリートへの道のりは険しい。


11/7(火)

実験終了7時越えを記録。今学期に入ってから2回目、通算では7回目…か?
意外と少ないものだ。

最近またFF8のサントラを聴いているのですが、やっぱりこれはいい。で、なんかまたFF8がやりたくなってきた。
RTAでまだ大した記録が出せてないので、もう1回くらい挑戦してみてもいいかもしれない。
それにしても、FF12のサントラを聴いても再プレイをしたいとは微塵も思わなかったのに、FF8はやりたいと思えるから不思議だ。
なんだかんだ言っても、FF8はいいゲームだということだ。


11/6(月)

ポケモン不思議のダンジョン、セーブデータを消した。
というのは、コダックが使えねーということがわかったから。金縛りを使えるのはいいとしても、タイプ一致の攻撃技がないのが辛い。RTAでは攻撃力が重要視されるのでなおさらだ。あと、水タイプなので、水路に隣接するとダッシュが利かないというのも厄介。
ということで、主人公ポケモンをエネコにして最初からやり直し。パートナーはピカチュウを選択。
タイプ一致の体当たりが強力な上、メロメロや鳴き声が便利なので予想通りかなり使える。さらにレベル15くらいで乱れひっかきを覚えるはずなので、終盤まで攻撃力には困らないだろう。
ただ問題は、最初の性格診断でエネコにするのが難関だということだ。今回もうまくエネコにするまでに3回ほどやり直したし。
既存のセーブデータを消去しておかないと新たなセーブデータは作れないのだが、セーブデータがない状態だと起動時のデモムービーを全て見なければならないため、1回やり直す度にそのデモムービー分の1分程度をロスすることになる。どうしたものか。


11/5(日)

ちょっとこちらを見てください。
あの「Dragon Quest Sword」の公式ページなわけですが、僕が注目したのはここです。

音楽:すぎやまこういち/松前真奈美

なんと今作の音楽はすぎやん1人で担当するのではなく、松前氏との共作ということのようです。
というか、松前さんって誰?
ということで調べてみたところ、ゲーム音楽専門の作曲家さんのようですね。ロックマンシリーズなどを担当した実績がある模様。
ほかにダービースタリオンシリーズの音楽にも携わっていたようで、もしかするとこの辺りですぎやんとの繋がりがあったのかもしれません。すぎやんといえば中央競馬のファンファーレを手がけた方ですからね。

それにしても、ドラクエの音楽をすぎやま氏以外の人が作曲するというのは結構衝撃的。
もしかすると、次世代のドラクエの音楽を担うのは松前氏になるのか…?今回のプロジェクトはその布石なのか…?
さまざまな憶測が飛び交いそうですが、僕はとりあえず松前氏の曲をいくつか聴いてみようと思っています。


11/4(土)

授業。駒場祭の日にも行われる講義の初回だった。
出欠はとっていたが、これは誰かに頼んでおけば何とでもなりそう。これで駒場祭への参加は安泰か。
…ただ、駒場祭の日の授業は教員が違うのでまだ油断はできない。その教員の講義の初回は来週の土曜日。そこで様子を見てということになるか。

ポケモン。ダブルのバトルタワーに挑戦し、とりあえず35連勝までいった。
メンバーは大幅に入れ替わり、カイロス、ボーマンダ、ヤドラン、ドータクン。
ボーマンダはあれほど嫌いだったはずなのだが、先週のゲー研会合で、おコダ君のボーマンダと僕のカイロスを組ませて戦ったときの感触がなかなか良かったので、真似して育成してみた。
ドータクンは、この2匹の弱点である岩タイプをはじめ、多数のタイプに抵抗力があるということで加えた。というかこの硬さは異常。フォーカスレンズ持たせての催眠術強すぎ。
全体的に素早さに難があり、先制で影分身を使ってきたロトムに苦戦させられたりもしたが、なかなかバランスが良いパーティだと感じている。


11/3(金)

本屋巡りをしてきました。言うほど巡ってないですが。
経費節約のため交通手段が自転車なので、あまり遠出はできないのです。
神保町→東京→御茶ノ水と回ってみました。目当ての本は見つかりませんでしたが、それと連関する面白そうな本を購入できたので満足。
幸い天気も良かったので、気分よくサイクリングを堪能することもできました。たまにはこういう健全な休日もいいものです。

でも帰宅後はポケモン不思議のダンジョンとか(ぉ
怪しい森に突撃し、最下層のイジワルズとの戦闘に到達するも、アーボの毒針で相方のチコリータが一撃死して冒険失敗。むむ。
チコリータを選んだのは失敗だったような気がする。ダンジョン攻略中も、無駄にリフレクターを連打しやがってタイムロスさせられるし。
ただリフレクター自体は有力な技だし、はっぱカッターはかなり強いので、主人公に選んで自分で操作できるようにすればいいかもしれない。
今日はサンダーを撃破したところで終了。プレイ時間は1時間20分くらいか。


11/2(木)

明日から3連休。といっても、土曜日は普通に授業だがな!
明日は一応暇だから、ちょっと本でも探しにあちこち行ってみようかな。

そういえば、いたストの新作が出るそうですね。
それにしてもマリオとのコラボレーションとは。任天堂に強制されたんですかね。
登場キャラクターはまだあまり明らかになっていませんが、ドラクエからは例によってゼシカ、ククール、ビアンカ…お前らもういいから。
こいつらがいる限り、キャラがかぶるバーバラやテリーが出られなくなって困る。
今回こそはDQ6からの出場を…と期待していたのだが、この分だと無理そうだ。キャラクターだけじゃなくマップや音楽も一切登場しておらず、完全に葬り去られている感がある。
DQ6のリメイクがどうこうという噂をたまに耳にするが、こうした様子を見るとリメイクされる可能性は極小だろう。まあ僕としてはそれでも構わないのですが。


11/1(水)

先日、中学時代の同級生から次のようなメールが来た。

ひき逃げをしてしまった(「車」の絵文字)の同乗者ってバレたら罪になる?

知らないという旨の返信をしたのだが、何の音沙汰もない。彼女の状況が気になるところだ。


「ポケモン不思議のダンジョン赤の救助隊」を購入。中古で1980円でしたよ。
駒場祭の企画でRTAをやるらしいですよ。既に所持している青の救助隊はDS用のソフトなのでテレビでディスプレイできないため、GBAの赤の救助隊を購入ですよ。手痛い出費なんですが。

で、最初から少々プレイしてみた。
最初に出る性格診断を正直に答えたところ、コダックになった。コイツ、目がやばいよ…orz
パートナーにはチコリータを選択。とりあえずエアームド撃破まで進めた。
レベル10で覚えた金縛りは、本編とは違って麻痺状態にする効果なので、そこそこ使えそうだ。攻略サイトを見ると、レベル23の嫌な音、レベル40の乱れひっかきが使えそうだが、嫌な音はともかく乱れひっかきまでは届かないだろうな。
RTAで使えそうな主人公ポケモンというと何になるのだろうか。
怠け者君は眠り粉を覚えるフシギダネを使っていた。あとはエネコが強そうという話をしていた。確かにこのあたりは使えそうな気がする。
ただ個人的には、やはり自分の好きなポケモンを使いたいところだ。
選べるポケモンの中で一番好みなのはニャースだが、レベルアップで覚える技がしょぼいので、対戦で不利になるのは避けられないか。


10/31(火)

レポートはどうにか提出完了。
実験レポートは回を追うごとにクオリティが低下している気がする。ここらで持ち直しておきたいところだが…。
次のレポートの提出日は来週の月曜日であまり期日がないので、おそらくさらにクオリティが下がることになるだろう。この急降下には歯止めがかかりそうにない(ぉ

今回のレポートを書いている間、ずっとFF12のサントラを聴いていました。
これは6月20日に購入したにもかかわらず、同時に買ったFF8のオーケストラ版の出来があまりに良かったためにこれまでほとんど再生されなかったという可哀想な代物です。
改めて聴いてみると、これはこれでまた完成度が高いですね。名曲がいくつもある。
最近熱中しているポケモンですが、これはゲームとしては良いのですが音楽が微妙なのが多いと自分は感じている(そのため、ほとんど音はOFFにしてプレイしている)ので、良い点が際立って見えたのかもしれませんが。

FF12で再生リストに入れているお気に入りの曲をちょっとメモ。

1.パンネロのテーマ
2.ラバナスタ・ダウンタウン
3.西ダルマスカ砂漠
4.ナルビナ城塞地下雑居房
5.共存(解放軍バージョン)
6.大砂海
7.召喚獣戦
8.死闘
9.ビッグブリッジの死闘〜FFXIIバージョン〜
10.一時の休息
11.追憶の地
12.忘れ去られし都
13.幻妖の森
14.アーシェのテーマ
15.交響詩「希望」Symphonic Poem "Hope" 〜FINAL FANTASY XII PV ver.〜


10/30(月)

実験の最長記録を更新。
終了して実験室を出たのが22時55分だった。
しかも、今回は実験を開始したのが9時だから大変だった。まあ待ち時間が相当あったので、途中で休憩することはできたのだが。

そして困ったことに、明日提出のレポートがまだ終わっていない。
疲れて帰ってきたのに、今夜は徹夜せざるを得ない状況。厳しい。


10/29(日)

駒場祭での企画の内容が決定した模様。
一応、僕が2日目の土曜日にDQ6RTAをやるようだ。
ただ、その日は普通に授業が6時間ほどあることが判明したので、若干状況が厳しいかもしれない。
普通に授業を行うだけなら何の躊躇もなく駒場祭に参加するが、もしもその日に試験をやるとか、重要度の高い出欠を取るとか、要するに単位が来るか来ないかに関わるような内容であれば流石に出席せざるを得ないだろう。
まあ、これまでにあった集中講義ではそんなことはなかったから、おそらく大丈夫かとは思うのですが。

駒場祭の企画時間内に収めるためには9時間以内に余裕を持ってクリアできるようにしなければならないが、戦略はどのようにするべきか。
アストロンを覚えさせても9時間まではまだ余裕がある上、デスタムーアの勝率もほぼ100%になるので、こちらの方が安定していいかもしれない。
何より、プレイしている自分の精神が安定していい。
昨年の五月祭でやったときも、デスタムーア戦では精神的に激しく疲弊したのを覚えている。第2形態が発狂しやがり、第3形態開始時の世界樹の葉の枚数は確か1枚。もしかしたら0枚だったかもしれない。シチュエーション的には勝率は3割以下だろう。しかしそこで負けたら企画公開時間内にはだれも終了できないというところで、窮していた。
ああいう状況だけはもう勘弁してほしい。
まあでも、今回はDQ6以外にえぐち君のFF12とかRalf君のロマサガ2とかとの同時進行なので、別にDQ6だけが注目されるわけじゃないし、僕がクリアできなくても構わないかもしれない。
せっかくDQ6をやるわけだし、自己記録の更新に挑戦したいという思いもあるので、やはり従来の戦術で行くべきかな。


10/26(木)

うーむ、日記のネタがない。
お昼頃に本郷キャンパス内を自転車で移動していたら、M.H.Kさんが携帯を見てニヤニヤしながら歩いていたのを目撃したことくらいしか書くことがない(何

今日は久しぶりに実験で頭と手の両方を使ったので疲れた。
いや、別に頭突きとかしたわけじゃないけど。


10/24(火)

ファイナルファンタジーオフィシャル・ベスト・アルバムがいつの間にか発売されていたらしい。出版元はkmp。
これまでもドラクエでkmp社出版の楽譜を買ってきたのだが、いずれもクオリティが高く、僕のレベルに合っているので、今回も食指が動く。
ただ問題なのは、僕があまりFFの音楽に詳しくないという点だ。曲目リストを見ると、僕が知らない(即座にメロディが思い出せない)曲が半分以上ある。どうしたものか。
…と言いつつも、そのうち買ってしまいそうな気がする(死

そういえば、この曲集は監修がスクウェアエニックスとなっていた。
ドラクエのときは監修がすぎやまこういちになっていたのだが。
と、ここまで書いて気づいた。FFは作品ごとに作曲者が違ってるんだった。


10/23(月)

「のだめカンタービレ」見ました。ドラマの。
…って、本当は先週書こうと思ったんですけどね。いまさらながら感想などを。

僕はこの原作を読んだことがなく、どんなものか知らないままあまり期待せずに見始めたのですが、意外と面白い。
まあ、面白くなければドラマ化されないか。
実際にはありえないような極端なキャラクター、舞台設定になっていますが、むしろその方がフィクションとして楽しめていいですね。
あとはところどころに挿入されているクラシック音楽がいい感じです。やっぱり癒される。
主演の玉木宏といえば某ローグギャラクシーの棒読みで有名ですが(何)、しかしドラマとして見ている分には特に気になりませんでした。やはり俳優と声優では声の使い方が全然違うんだろうな。

普段この手のドラマは全く見ない僕ですが、これは見続けてみようかと思っています。


10/22(日)

ポケモンの中でセレビィっているじゃないですか。
あれのモチーフになっている生物って一体何なんでしょうか。

突然なんでこんなことを言い出したのかというと、セレビィという名称が気になったからです。
生物化学の分野でよくモデル生物として用いられる分裂酵母の学名がS.cerevisiaeといって、最近の実習でも使っていたので、妙に気になってしまいまして。実はこれがモデルになっていたんじゃないかと。
イラストを見てみると、なんとなく似ているような…いや、似てないか。

でも、酵母ポケモンだっていたっていいのではないでしょうか(ぉ
ポケモンの数が増えてきている昨今、メジャーな生物は大部分がポケモン化されてきています。
メーカーでは、次回作で登場させる新ポケモンのモデルとなる生物の模索に四苦八苦しているはず。
どうでしょう、そろそろ微生物の分野にも目を向けてみては?
魅力あふれる生き物たちが、ポケモンという形で日の目を見ることを心待ちにしている私。


10/21(土)

今日も土曜日なのに授業2コマ+実験ですよ。
疲れました。


10/15(日)

Wi-fiバトルタワーに挑戦してみた。
メンバーはナッシー、ベトベトン、ヤドランという地味な構成で。

一応ランク1は突破し、ランクアップして2になったのだが、そこで死亡。
出てくる連中が余りに固定されていて困る。どのトレーナーも必ず1匹はボーマンダ、メタグロス、ガブリアス、ゲンガーといった最強クラスのポケモンを持っている。というか、ほとんどの奴は2匹以上持っているから酷い。
お前らはそれで勝って楽しいのかと。勝てばいいのかと。いや、いいのか。


10/12(木)

昨日の日記にも書いた、ペルシアン、カイロス、ヤドランの3匹でバトルタワーに挑戦。
54連勝までは行ったのだが、55戦目で死亡。ラティアス?だかラティオスだか忘れたけど、そいつにペルシアンとカイロスが倒されて、次に出てきたヒードランのかみくだくがヤドランの急所に当たって死亡。というか、55戦目になったら急に相手が伝説系のポケモンを使うようになりやがった。49戦目でもクロツグが伝説ポケモン×3とかやってきたが…。こちらはまともなポケモンだけで勝負しているというのに、あまりに理不尽。
まあ、しかし、そこを戦略でなんとかするのが面白い。伝説系はもとより、ボーマンダやらメタグロスやらの高ステータスのポケモンも、今のところ使いたいとは思わない。


10/11(水)

今日もポケモンの育成など。
初代ポケモン縛りでやっていると、限られた条件(悪タイプ使用不可など)の中で戦略を考える必要があり、それがなかなか面白い。
今メインで使っているのはペルシアン、カイロス、ヤドランの3匹。
初めてポケモンをプレイした際に愛用していたギャラドスやゲンガーも育ててみたのだが、こいつらは普通に強すぎてあまり面白くない。やはり微妙な性能のポケモンを使いこなすのが醍醐味だろう。
今後はスリーパーとかベトベトンを育ててみたい。特にベトベトンはカイロスの次に好きなポケモンなので、なんとか使い方を見出したいところだ。ヘドロ爆弾の特殊化という逆境の中に活路はあるのか。


10/7(土)

ずっと放置していました。申し訳ありません。
ポケモンばっかりやってて、ネタがあんまりありません。

今回のポケモンもいつもどおりの面白さなんですが、どうも新参のポケモンに強いのが多くて、懐古趣味の僕としては残念であります。
特に、旧作で進化しなかったポケモンで進化するようになったものがいっぱいいるのがなんとも。(例:サイドン、レアコイル、モンジャラなど)
レアコイルとかもともと強いんだから、進化しなくてもよかったと思うんですが。
初代のポケモンだけでパーティを組もうと思っている僕としては、選択肢が狭まってしまいやりにくくて困る。


9/27(水)

ポケモンダイヤモンド入手。
4時ころ入荷とか言ってたのに、12時ごろに行ってみたら普通に置いてありました。なんだこの店は。

こちらにプレイメモを書いていきたいと思います。


9/26(火)

近所のおもちゃ屋さんで、ポケモンの新作がまだフラゲ可能というところがあった。
ので、衝動的に予約してしまった(ぉ
ということで、明日の夕方あたりから初回プレイメモをとりつつポケモンをやりたいと思います。


そのおもちゃ屋で、ドラクエの「バトルえんぴつ」という、なんとも懐かしいグッズが大量に販売されていた。
その中に、「ハーゴン」「ドルマゲス」「ムドー」「デスタムーア」の4本が入ったパックがあった。
「ムドー」「デスタムーア」と聞いてはチェックしない手はありません。このパッケージは中身が見えないようになっていたため、購入して確認することに。
こんな感じになっていた。

ムドー
ダイスをふり全員に目の10倍のダメージ か 全員に30のダメージ
全員に30のダメージ
ダイスをふり★に目の10倍のダメージ か ★に30のダメージ
●に40のダメージ
ダイスをふり●に目の10倍のダメージ か ●に30のダメージ
★に40のダメージ


デスタムーア第1形態(最初はこっち)デスタムーア第2形態(「へんしん」後はこっち)
全員のHPを50にした全員に20のダメージ
へんしんこごえるふぶき 全員に50のダメージ
●のHPを50にしたメラ ★に40のダメージ
へんしん全員のHPを10にした
★のHPを50にしたこごえるふぶき 全員に50のダメージ
へんしんメラ ●に40のダメージ


何ですかこれは。
まずムドー。普通の攻撃しかないってどういうことですか。そして与えるダメージも比較的安定している。
ムドー神の凶悪さ、ご機嫌の不安定さがまったく再現されていない。
そしてデスタムーア。第1形態の「〜のHPを50にした」は意味不明だが、これは許せる範囲。
それよりも、第2形態が謎。こごえるふぶきって何ですか。奴が使ってくるのはしゃくねつですから。
あと、メラは輪をかけて意味不明。メラ系呪文なんか全く使ってこないというのに。というか、ラスボスなのにメラっておかしいだろ。

DQ6本編に登場するものに準じて6面を構成するとしたら、こんな感じですかね。

ムドー
こおりのいき+いなずま 全員に60のダメージ
あやしいめ ★は1回休み
ミス
●に30のダメージ
あやしいめ ●は1回休み
★に30のダメージ


デスタムーア第1形態(最初はこっち)デスタムーア第2形態(「へんしん」後はこっち)
ねんじボール 全員のHPを50にしたまわしげり 全員に30のダメージ
へんしんしゃくねつ 全員に50のダメージ
もえさかるほのお ●のHPを50にしたとっしん ★に40のダメージ
へんしんだいぼうぎょ 次の1ターン受けるダメージが10
いてつくれいき ★のHPを50にしたしゃくねつ 全員に50のダメージ
へんしんとっしん ●に40のダメージ


9/25(月)

なぜかDQ6RTAをやってました。
一応ラップタイムをメモ。

塔の兵隊撃破 0:26:04
ブラディーポ撃破 0:48:41
ホラービースト撃破 1:10:25
ポイズンゾンビ撃破 1:18:17
ムドー1撃破 1:45:25
ムドー3撃破 2:20:14
アモス加入 2:34:27
ブラスト撃破 3:12:23
ジャミラス撃破 3:27:11
試練その3撃破 3:45:26
ミラルゴ撃破 4:13:13
グラコス撃破 5:29:50
魔王の使い撃破 5:44:33
デュラン撃破 6:05:36
アクバー撃破 6:56:27
ズイカク・ショウカク撃破 7:09:41

これ以降はどうなったんでしょうか?
…お察しの通り、デスタムーアで全滅して終了しました。
第3形態戦で力尽きました。

いや、2ターン目が酷かったんですって。敵は普通「左手→デスタムーア→右手」の順に行動するんですが、今回は「左手→右手→デスタムーア」と行動してきたんですよ。
2ターン目のデスタムーアの行動はおぞましい雄叫びで、これをまともに食らうとかなり危険なので、このターンはアモスを盾にして凌ぐところなんです。通常の順序で行動してくれれば右手の攻撃を受けたところでちょうどアモスが死ぬところを、変則的な順序で行動しやがったせいで右手の攻撃を受けたところでアモスが死んでしまい、おぞましい雄叫びがメインメンバーに直撃!!
これに動揺して、その後自分の判断ミスもあったりして、そのまま全滅ですよ。マジで勘弁してください。

あ、今思ったけどアモスに破滅の盾を装備させとけば良かったんじゃないの?
ややGが余り気味だったから破滅の盾は売らなくても100000Gにとどいてたし。左手+右手から受けたダメージは確か合計211で、アモスのHPが207だから耐えていた可能性が高い。

ちなみに今回はジャミラスを1回で突破し、スライムナイトも2回目で仲間にしています。ここがうまくいけば、前回の記録は軽く更新できることがわかっただけでも、収穫だったとしますかね。
あーでも倒したかったなぁ…。7時間も無駄にするというのは、余りに重すぎる。


9/24(日)

23日、24日と、ちょっと帰省していました。
今年はお盆付近で帰る暇がなかったからなあ…。
地の利を生かして(注:私は千葉県出身)東京ゲームショウに出撃するという手もあったのだが、面倒なのでパス。


ポケモン図鑑完成RTAが24日に行われていましたね。14時間もかからずに380匹集めると言うのは驚異的。
予定タイムよりは遅れていたようですが、別にそれは問題ではありません。予定タイムというのは結局のところ企画者が恣意的に決定しているものにすぎないわけですから。
というか、予定タイムよりも遅れることを恐れずにリアリティのあるタイムを設定するというのは、なかなかできないことだと思います。
先月行ったFF12作RTAの予定タイムはかなり甘い設定になっていました(爆)。ダメダメですね。

あと、予定タイムを12:00〜12:30みたいに範囲で表すというのは新しいと思いました。
予定通りに進行する可能性はかなり高くなると思いますが、観戦している人からすると予定通りすぎて面白くなくなるかもしれません。
観戦者は常にハプニング(いい意味でも悪い意味でも)を期待していますからね。


9/22(金)

東京大学に在学中、または卒業したという方、ちょっと次の計算をしてみてください。

まず、学生証番号を思い出してください。
学生証番号の、前から数えて奇数番目の数字の和と、偶数番目の数字の和を計算してください。
次に偶数番目の数字の和を3倍して、奇数番目の数字の和と足し合わせてください。

例:123456
(1+3+5)+(2+4+6)*3=45

すると、得られた値の1の位の数が、学生証番号の最後についているアルファベットと対応しているそうです。
1→A,2→B,…,0→Jといった感じで。
上の例で言えば、1の位の数は5ですからアルファベットはEということになります。
ちょっと確認してみてください。

このネタはとあるサイトで見つけたものなのですが、こんな規則性があるとは意外でびっくりしました。
これって一般的にはどのくらいの認知度があるんでしょうか。僕はごく最近知ったのですが、実は有名な話だったりするんですかね。
というか、そもそもあのアルファベットって何の意図でつけられているんでしょうか。本人確認のため?だとすると、このような規則性を設けるのはそれに反するような気がしますが…。

ちなみに、専門課程の学生証番号でも成り立つそうです。この場合は、5桁の数字の前についている2桁の所属番号も計算に含めるようです。僕の場合は、そのようにして計算したら確かに一致しました。


9/20(水)

ちょっと暇ができたのでDQ6RTAをやってみました。
簡易ラップタイムを記しておきます。

塔の兵隊撃破 0:24:43
ブラディーポ撃破 0:47:08
ホラービースト撃破 1:07:31
ポイズンゾンビ撃破 1:17:05
ムドー1撃破 1:45:25
ムドー3撃破 2:26:44

ブラディーポを自己最速となる47分台で撃破。
さらにホラービーストもたぶん自己最速となる1時間07分台で撃破。
と、ここまではよかったのですが、月鏡の塔で失速。雑魚敵からの逃げ運が非常に悪く、MPが尽きて逐一袋から薬草を取り出しつつ回復することになってしまい、かなりロスした。また、ムドー1戦でバーバラに持たせる薬草もないという状態だったので、ライフコッドで薬草を買い足す必要も出てきてしまい、さらなるロス。ここは魔法の聖水をミレーユに投入するのが正解だったかもしれない。

ムドー2戦で1回全滅した。ムドーがルカナンと火炎の息ばかりを連打してきたため。ダメージの蓄積が激しく、普段は防御している最後尾のチャモロをやむを得ず回復に当たらせたのだが、これ以降毎ターンのようにピエロの攻撃がチャモロに命中+火炎の息と行動されたので、全くチャモロを防御に戻すことができなかった。そんな状況が4ターンほど続いたのち、ついにはチャモロがムドーに先攻されるという事故が起きて崩されてしまった。
ムドー2にここまでこっぴどくやられるというのは随分久しぶりである。

その後再戦したところ、あっさりとムドー3まで撃破してしまった。というか攻撃ぬるすぎ。氷の息はたったの2回しか来なかった。ネタにもならない。
最近では、ムドー3にはむしろ氷の息や稲妻の連発を期待している自分がいる。打撃ばっかりでは物足りなさを感じるようになってしまった。
…でも、強制睡眠だけは勘弁してください。これが原因で敗北することが実は一番多いんですが、これで負けてもネタとしては弱いし、納得いかない死に方なので。

まあそれはともかく、ムドー3撃破タイムは2:26:44。前回の記録と比べて7分以上遅れている。一応まだ記録の更新が狙える範囲ではあるが、これで多少記録を更新したとしても確実に後悔が残ると判断し、ここで中止した。

また暇を見て挑戦するかもしれません。


9/18(月)

NHKのホリデーミュージックウェーブというラジオ番組にすぎやまこういち氏が出演していました。
テーマがゲーム音楽ということで、主にドラクエの音楽を取り上げながらその歴史を振り返っていました。
番組中ですぎやんが語っていた内容は、公式ホームページやその他のインタビュー記事で読んだことのある内容が多かったのですが、すぎやんの肉声で聞くとあらためてゲーム音楽に対する熱意が伝わってきますね。
それにしても、75歳とは思えないほど精力的にコンサートなどの活動を行っていて、本当に頭が下がります。
ドラクエの音楽を作曲できるのはやはりこの人しかいないでしょう。


9/17(日)

なんとなくGB版のドラクエ1,2を買った。
まあGBを起動できる携帯ハードを持ってないんで、スーパーゲームボーイを使ってやるしかないんですけど。

今日はドラクエ2を少しだけプレイ。
気づいたのは、SFC版と福引き券のもらえる条件が違うということ。
SFC版では所持金が16の倍数+1または+3のとき、ただし所持金が255の倍数を超えるたびに1ずつ補正がかかる、というものだった。
GB版では、道具屋に話しかけたときに、福引き券のもらえる条件が16の倍数+1か+3のいずれか一方に決定されるようだった。また、SFC版のような補正はかかっていなかった。
一応永久に稼げるパターンを作ってみて、どのくらいの効率かを試してみた。結果は毎分370Gといったところだった。
SFC版では毎分210Gほどだったので、効率はかなり上がっている。…まあ、メッセージ送りが速いからなんですが。
もしこのGB版でRTAをやるとしたらどうなるんでしょうか。福引き券での稼ぎの効率がいいので、これで16000Gためて速攻で光の剣を買うとか、8000Gでドラゴンキラーを買うとかがもしかしたらあるのかもしれない。


9/16(土)

DQ6RTAレポート執筆中。
とりあえずデスタムーア戦の経過テーブルが完成したのでおいておきました。
こちらです。
デスタムーア第3形態戦は入れ代わり立ち代わりいろんなキャラが馬車の外に出て戦う総力戦なので、カラフルでなかなかきれいです。

ちなみに、作成にかかった時間はのべ6時間ほど。
なかなか大変な作業でしたが、自分の戦術の問題点が浮き彫りになると同時にhtmlやスタイルシートの勉強になったので、有意義な時間だったと思います。


9/15(金)

先日のDQ6RTAで起きた、「素早さ242のテリーが素早さ120のデスタムーアに先攻される」という事象について。
とある解析サイトにて、DQ6における先攻・後攻の決定方法についての情報を発見しました。
それによると、互いの素早さの値を+20してから、それぞれに0.5から1までの乱数をかけて、その結果を比較する、という計算をしているとのことでした。

おてうさんの日記で示されていた、PS2版DQ5において成立するモデルと基本的な枠組みは同じですが、最初に+20するというのが特殊で、なかなか興味深いところです。
今回の僕の事例は比較的素早さの値の大きいキャラ間で起きたものですが、もっと素早さが低い場合だとこの+20の効果がかなり大きく現れてくるはずです。
例えば素早さ1のキャラAと素早さ2のキャラBがいたとすると、PS2版DQ5ではキャラBがほぼ確実に先攻するのが、DQ6ではほとんど両者の先攻確率は変わらないということになってしまいます(端数をどのように処理しているのかによって話は変わってきますが)。

この+20の存在を考慮すると、DQ6RTAにおいて早い段階で主人公に素早さの種を投与してしまうのもありだという気がしてきました。
現行の戦術では、塔の兵隊戦で主人公が塔の兵隊に先攻するのが嫌なので素早さの種の投与はずっと後にしているのですが、多少素早さが上昇しても先攻確率がほとんど変わらないのであれば、コマンド入力回数を減らすために拾った時点で使ってしまうのが正解なのかもしれません。

それと気になるのは魔神の鎧を装備して素早さが0になった状態はどのような扱いなのかということ。ただ単に素早さ0、という扱いであれば、素早さが20未満の敵に対しては先攻することもある、ということになりますが…。
幸い魔神の鎧入手後で素早さが20未満のボス敵はいないので確実に後攻できるんですが。調査してみる価値はありそうです。

ちなみに、乱数が一様乱数であると仮定して、このモデルに基づいて「素早さ242のテリーが素早さ120のデスタムーアに先攻される」確率を概算すると、約0.4%となりました。何十ターンも戦っていればこういうことも起こるでしょうが、ここは確実に先攻賢者の石を入れたい、という場面で後攻してしまい、そしてイオナズンを食らうというのはなんとも。


9/14(木)

Wiiの発売日が決まったようです。12月2日だそうで。
駒場祭では使えない、と。
25000Gという価格はsonyの某次世代機に比べると安く感じますが、それでも大きな出費になることは間違いないです。
できれば少し安くなってから…としたいところなんですが、あのDragonQuest Swordsが本体と同時に発売する以上は買わざるをえないというところでしょう(何

Wiiといえば、今日の分子遺伝学の試験で、細胞周期に関与するWee1という遺伝子の名称を書くときに間違えてWii1と書きそうになって参った。


最近、僕にFF12のRTAをやるように圧力をかけてくる人が数人いるんですが何でですかね?
ここで宣言しておきますが、僕は当面はFF12をやることはありません。
いわんやRTAをや。
FF12が実時間で8時間くらいでクリアできて、アルティマニアが2冊合わせて100円くらいで買えればやるかもしれませんが。


9/12(火)

更新が止まっていて申し訳ありません。
今ちょっと試験期間なもので、DQ6RTAレポートとかFF12作RTAに関する記事とかが書けず、ネタがなくて困っているところです。

ちょっとしたネタ画像でも貼ってみるとしますかね。
その1
その2


9/6(水)

先日のDQ6RTAのレポートを少しずつ執筆中。
こちらがそのメインページになっています。

今回初めて、戦闘の経過を表にして表記してみた。記述法は右弐さんの方法に準じている。右弐さんによると、これを戦譜というらしい。
とりあえずムドー3戦について作成してみたのですが、これがなかなか手間がかかって大変だった。でも一度作ってしまえば、あとで見返したときに戦況を一意に理解できて、しかも見やすい。ボスの行動だけ取り出して見ることも容易。
ただ、作成にはかなり時間がかかるから、あとで行動を分析したいボス戦限定で作るのがよさそうだ。
DQ6でいうと、該当するのはあとはデスタムーアくらいかな。ということで途中まで作ってみたのですが、第2形態の途中で疲れたので中断。少しずつ作っていくとしよう。


9/4(月)

一昨日のRTAの最終セーブデータを見てもうひとつ気づいたことがあったので書いておきます。

デスタムーア第3形態にテリーが先攻されてひどい目に遭ったということを書いたのですが、気になったので素早さの値を確認してみたところ、星降る腕輪装備時でテリーの素早さは242でした。
一方、デスタムーアの素早さは120とのことです(Index of /~s-endo/さんのデータによると)。

あれ?

よく言われていることですが、ドラクエでは素早さに2倍以上の差がある場合は先攻/後攻の関係が確実に定まるんじゃなかったっけ?
少なくともPS2DQ5ではこの法則が成立していたと思うし、DQ6でも、今までテリーがデスタムーア第3形態に先攻されたことなど無かった(と、思うのですが少し自信なし…)。
DQ6では先攻/後攻関係を確定させるための条件はさらに厳しいのだろうか。
あるいは、先攻/後攻関係を決定する処理において、例外的にぶっとんだ結果が出てしまうことがあるのかもしれない。乱数の使い方にその謎が隠されているような気がする。
DQ6では雑魚敵に3回回り込まれたら、その次の試行では基本的には逃げが成功するのだが、稀に4回、5回、6回と回り込まれることがある。このあたりの処理と同じようなものを感じるのだが…。


9/3(日)

昨日のRTAの補足を少し。

ジャミラスでの全滅によるロスを3分と書いたのですが、これはどうももっとロスしているようです。実際には5分弱くらい。
それからピエールが仲間になったのが16回目で、そのために8分ほどロスしたと書いたのですが、ビデオを見直したところピエール捕獲にのべ13分ほど要していたので、実際にはもっとロスは大きいようです。
ただしここで稼いだ分の経験値は完全に無駄とはいえない部分もあるので、1戦闘で1回で仲間にしたときと比較しての差13分が丸々ロスということにはなりません。
でもやっぱり10分はロスしてそうだな…。

なんか不運な要素ばかりを強調してしまいましたが、幸運な部分が多かったのも事実です。まあムドー3、デスタムーアに1発勝利を収めたこと自体がすでに幸運なんですが。
まず、命の木の実と不思議な木の実の上昇量が非常によかったです。命の木の実は最初の3個ですべて最大値だったため、余裕ができてその後の吟味回数を1回で済ますことができました。これにより少なくとも1分は短縮できていると思います。
また、不思議な木の実の上昇量が高かったことにより、ライフコッドでいつもはマダンテだけでは倒せない鉄鋼魔神が倒せました。ライフコッドといえば、ここではバーバラに厨子王丸の攻撃が当たるとマダンテが発動できずに死に、タイムロスになるのですが、今回はこれが一度もありませんでした。これらのおかげで、ライフコッドだけで1分くらい短縮していると思います。
あとはランプの魔王戦でもマダンテが発動しましたし、嘆きの巨人戦で痛恨があまり来ないとか、ズイカクが12ターン目の瞑想の前に倒せたなど地味なところでも幸運だったです。


9/2(土)

予定通り9時からDQ6RTAを開始します。
手の空いているときにここに何か書き込んでいく予定です。


9:00 プレイ開始!

9:14 ライフコッドの村祭り

9:24:49 塔の兵隊撃破

9:40   サンマリーノで町長の犬事件

バブルスライムに2人とも毒食らってタイムロス

9:49:25 ブラディーポ撃破

「逃走」ではなく「撃破」です。

スカラはこなかったので問題なし。

10:09:34 ホラービースト撃破

10:18:04 ポイズンゾンビ撃破

10:44:59 ムドー1撃破

月鏡の塔で主人公が死んだのでルーラが使えず、1分弱のロス。

11:00  ムドーの島突破

11:19:15 ムドー3撃破

一発撃破!

11:33:55 アモス加入

12:11:59 ブラスト撃破

ジャミラスに敗北!ありえない!

1ターン目にわしづかみ×2が主人公に集中して死亡したため

12:29:58 ジャミラス撃破

12:50:41 しれんその3撃破

ピエールツモ16回目!なめんな!10分近いロス!

13:31:34 ミラルゴ撃破

14:19:50 ベストドレッサーコンテスト開始

14:36:42 賢者の石入手

14:46:19 グラコス撃破

15:00:14 まおうのつかい撃破

15:21:04 デュラン撃破

16:10:39 アクバー撃破

もうすぐデスタムーアか…いやだよぅ

16:23:23 ズイカク・ショウカク撃破

新記録が出そうですが、セーブしてからラスボス戦へ行くことにします。

16:58:21 デスタムーア撃破!!!

今はエンディングをこなしているところです。

今回のRTAの反省はそのあと書きます〜。

17:19:29 The End!

いやあ何とかクリアできました。
自己ベストとなる8時間19分29秒を出すことができました。今までの記録が8時間44分32秒でしたから、一挙に20分以上短縮したことになりますね。自分でも驚きです。

いろいろ書きたいことはありますが、とりあえずまずラスボス戦の感想と反省から。
第1形態は普通よりやや運がいいくらい。世界樹の葉を1枚消費しましたが、まあ予定通りといったところです。
第2形態は普通よりも結構運がよかったです。突進や通常攻撃をランダムで使うパートの方がぬるいんですが、そっちに滞在している時間が圧倒的にながかったです。また、攻撃が厳しいローテーションに入ったときには1回攻撃が多かった。
ただ、ランダムパートにいる間は2回攻撃がかなり多かったので、どうしても集中したりして死人は結構出ました。ここで3枚消費。
第3形態。第1ターンはドランゴ、ハッサン、チャモロ、バーバラと並べて、それぞれ気合ため、気合ため、スカラ(→ハ)、マダンテとしました。敵の行動は、左手:強打撃(→バ)、本体:強制睡眠(→ド)、右手:凍てつく波動。
バーバラはHP104だったのですが、左手から受けたダメージは102でぎりぎり耐えてくれ、マダンテが発動!普段はバーバラのHPは2桁なので、普段だったら死んでました。レベルが高かった要因は、洗礼の祠でメタスラを狩れたこと、試練その3戦で生存していたこと、ピエール捕獲に手間取って経験値を多く獲得したこと、でしょうかね。こう考えるとピエール捕獲が異常に遅かったのもあながち悪くはなかったのかもしれません。
2ターン目はアモスを出して防御させ、盾にします。
3ターン目、気合ため状態のハッサンを出し、主人公のラミアスの剣を使用して正拳突きを叩き込みます。見事成功し、一挙に800近いダメージ!マダンテも入っているので、左手はもうすぐ倒せそう。
ところが、ランダムパートに入ってから一転、敵の攻撃が激化します。本体がほとんど2回行動で、次第に押し込まれていきました。でも何とか左手は撃破し、その後メガザルの腕輪を発動させました。
しかし、メガザルの発動の仕方で致命的なミスをやらかしてしまいました。ランダムパートを抜け出したところで、残っているのは強制睡眠を受けたドランゴとメガザル要員のピエールのみ。 ここで、僕はドランゴとピエールのみを出してメガザル発動を待つという行為に出てしまったのです。この結果、ピエールのメガザルが発動したあとに馬車の外に出ているのは眠っているドランゴのみとなり、何もできずにターンを2ターンほど消費してしまったのです!
ドランゴが目を覚ましたのは凍える吹雪のターンで、このときには右手からのダメージも蓄積してドランゴのHPはわずかに。そして次からは恐るべきランダムパートという状況になってしまいました。凍てつく波動のターンに全員が全快状態でいるのとは雲泥の差です。
このあと恐れていたことは現実となってしまいます。またしてもランダムパートで本体が発狂し、2回行動を連発。なんとか先攻賢者の石でしのぎますが、ここで事件が発生。なんとテリーが本体に先攻されてしまうという、確率的にほとんど起こらないと思われる事態がおきました。このとき味方はかなりダメージが蓄積していたので、一気にドランゴと主人公が死亡。このときに残っていた2枚の世界樹の葉はいずれもドランゴが持っていたので、もはや復活させられません。万事休す…。
…と思われましたが、一応まだ手は残っています。…そう、チャモロのザオラルです!
最大HPが150程度しかなく、しかもこの時点での残りHPは60程度だったチャモロがザオラルを発動させ、かつ1/2の賭けに勝って蘇生させられる確率はかなり低いです。しかしもはやこれしかありません。
そして…見事に成功!!!これでドランゴが復活し、まだまだ戦えそうな戦力を取り戻します。
実はチャモロはザオラル発動前にもベホマを駆使して、MPが残り少ない主人公の代わりに極めていい働きをしてくれていました。今回勝てたのは、紛れもなくこのチャモロの神がかった活躍のお陰です。もうゲントの村には足を向けて寝られません。
その後右手を撃破し、またローテーションパートに入りました。そして波動などのぬるいターンに主人公も蘇生させて万全の状態を再度構築することに成功。これはいける!
その後のランダムパートではマダンテが来ましたが、幸い全員生存できたこと、その後の追加の火柱が来なかったことにより辛くも立て直します。そしてすぐにローテーションに戻りました。ここで勝利確定!

まあそんなわけで倒せたわけですが、紙一重であったのは上記を読んでいただければわかるかと思います。今回安全策をとり、アイテム回収を多くして世界樹の葉を8枚にしたのは成功でした。これが7枚だったら当然のように負けていたでしょう。また、上でも触れましたがバーバラのHPが多かったのも助かりました。マダンテが入っていなかったらこれも負けていたと思います。
ちなみに、ビデオで確認したところラスボス戦に要した時間は20分強といったところでした。まずまずのタイムだと思います。

さて、今後の更新についてですが、今回明らかにロスしたのは
・月鏡の塔で主人公が死亡し、ルーラが使えなかった(1分)
・ジャミラス戦で全滅(3分)
・ピエール16ツモ(8分)

また、その他の短縮可能な点としては以下が挙げられます。
・夢見の洞窟か北の洞窟でメタスラを倒す(3分?)
・アイテム回収を減らす(2分)
・ラスボス戦(5分)

これらが全てうまくいけば、一応7時間台も可能ということになります。
…恐ろしく試行回数が増えそうですけどね(死
ただでさえ難関が多く、やる気のしないDQ6RTAですから、これを目指すというのはちょっと現実的ではない気がします。
今回出した8時間19分29秒という記録は、僕としては十分満足のいく結果です。さらなる更新を狙っていくということは、もしかしたらあるかもしれませんが、ひとまずは休戦としたいと思っています。

それでは、ここまでお付き合いくださりありがとうございました。
詳細なレポートも今後書いていく予定なので、興味のある方はぜひまたいらっしゃってください。


9/1(金)

今日から9月ですか。年月の流れるのは早いものだ。

以前少し触れましたが、明日DQ6RTAやってみます。
一応9時からの予定ということで。なんか夜に母親が来るというので、その前に終わらせようということでこの時間にします。
今回はできれば記録狙いでいきたいところではありますが、とりあえず楽しむのが最優先ということで。
以下の条件でプレイしようと思っています。
・ムドーに何度負けても続行する
・命の木の実の上昇量吟味はいつもよりも頻繁に行う
・ラスボス戦に持ち込む世界樹の葉は8枚
・ラスボス戦前にはセーブし、負けたらリセットしてやり直す
・ただし、ムドー3を1発撃破して新記録が出そうな場合は、セーブせずに突っ込む

本当はアストロンを覚えさせてラスボス戦の勝率をほぼ100%にしようと思ったのですが、それだとどう頑張っても新記録が出そうにないので却下しました。9時間切りならいけそうなんですけどね…。
最近どうもラスボスに勝てないことが多いので、そこが非常に不安なところです。ラスボス戦の勝率は8割もない気がしてきました。


8/ 31(木)

以前達成したDQ6RTA8時間44分32秒のビデオを、先日、クロウ君にDVDに焼きなおしてもらった。
クロウ君、どうもありがとうございました。
僕もDVDレコーダーが欲しいのだけど、やはり高いからなぁ…。
僕の家のビデオデッキが最近調子が悪く、ビデオテープを挿入すると1〜2割の確率でテープがはみ出した状態で出てくるという感じなので、こういう貴重なビデオはなかなか再生できずにいた。それだけに、今回DVDで手に入ったというのは大きい。
ということで、久々にそのプレイ動画を見てみた。

その感想。
道具の受け渡しなどの操作で、まだまだ細部に詰め切れていない部分が見られた反面、歩きが非常に滑らかであるということを感じた。
このときはまだ終盤のアイテム管理が結構適当だったので、ここを改善するだけでも1分程度縮まるのではないかと思った。
あとラスボス戦が時間かかりすぎ。25分ほど戦っていた。確かに運は良いとはいえなかったが…。
以前僕はラスボス戦開始から撃破までのタイムで14分というのを出したことがあるので、潜在的にここで10分以上縮む余地があるということになる。ただまあこのときはデスタムーア1で瞑想が1回も来ない、デスタムーア2でスカラ前に気合ため正拳突き2発、デスタムーア3でメガザル発動前に撃破などあり得ないほど運が良かったので、これと比べて議論するのはやや無茶というものだろう。
現実的には、コマンド入力を途中でミスって最初から入力しなおすというようなロスをできるだけなくすことによって20分程度での撃破を目指したいところだ。
…といいつつも、勝つことだけで精一杯で、タイムなんか気にしてられないというのが正直なところですけど。コマンド入力を完璧にロスなくこなすというのはちょっと考えられない。

今週末の土曜日か日曜日に1度RTAをやりたいなーとか思ってたりします。
やるなら暇なときにでも何かここに書きつつやりたいと考えています。


8/ 29(火)

最近どうも塔の兵隊に勝てない。勝率は下手をすると7割くらいしかないのかもしれない。
まあ低戦力で突っ込んでいるから仕方ないといえば仕方ないんだけど、ムドー、デスタムーアといったリセットポイントが控えているDQ6でさらにリセットポイントを増やすというのは好ましくない。塔の兵隊戦は開始から25分といったところ。25分は短いように思えて、実は長い。
やはりここは安全策で行くべきかもしれないな。若干(1分くらい?)スピードは落ちるものの、確実に勝利する方法はあるので、これを採用する方が賢明なのかも。


8/ 28(月)

実はこの4月くらいから自分の関数電卓を紛失している。
自宅を探してみても見つからないので2個目を買おうかなと思いつつも、「もしかしたら出てくるかも…」という考えが頭をよぎり、どうしても購入に踏み切れなかった。
そして大学の実験やそのレポート作成時も、携帯電話の電卓機能やExcelを使用してだましだましなんとかしてきたのだが…。
ここにきて致命的な問題が発生。
それは…。

デスタムーア第2形態のHPを計算できない

ということ(何
タイムロスなく計算するには携帯の電卓機能は操作性が悪すぎる。

ということで、今日2個目の関数電卓を購入しましたよ、という話でした。


8/ 27(日)

リトルジャックオーケストラのコンサートに行ってきました。
ゲーム音楽をメインに演奏している団体で、非常に楽しみにしていました。
曲目は「交響組曲ドラゴンクエスト2」「ロマンシングサ・ガ」「ファイナルファンタジー10」の3部構成。

アマチュアのオーケストラではありますが、時折明らかに音をはずしていたり、ソロがやや心もとないこと以外では特に気になるところはありませんでした。かなりレベルは高いと感じました。
生でオーケストラを聴くということが今まであまりなかったし、しかも曲目が自分の好きなゲーム音楽ということで、非常に痺れました。特にDQ2のパストラール〜カタストロフのあたりでは脳内でいろいろな物質が分泌されるのが感じられるほど。
2時間半ほどで演奏は終了しましたが、あっという間に感じられました。
来年もまた定期演奏会を行うそうです。暇があったら是非ともまた行ってみたい。


8/ 26(土)

一日中ひたすらDQ6をやったり、RTAチャートを作ったりしていた。DQ6廃人万歳。
細かい部分ではかなり詰められたように思う。あとはラスボス戦の練習か。
RTAするのはいつになるかはわかりませんが、目標は8:40切り、できれば8:30切りとだけ言ってみます。


8/ 25(金)

DQ6RTAチャートを実はこっそりと執筆中。
すでにムドー3撃破までの分は完成していたりする。というか、昨日のプレイはその確認作業という目的だったり。
だけどまだ公開はしません。先日の日記に書いた更新案を反映させたチャートになる予定なので、やはりまず自分で最低1回RTAして、記録を出してからでないとだめですよね。
なんとか早く仕上げてRTAしたいところだ。


8/ 24(木)

今日の21時からDQ6やります。
ただしムドー撃破まで限定でね。どんなに運が良くても、継続してそれ以降をやることはありませんので悪しからず。
手が空いているときにでもここに何か書き込みます。


21:00 予定通りプレイ開始

21:13 ライフコッドの村祭り中…

21:29 塔の兵隊撃破

1敗したので遅いです、あと少しのところだったんだけどなぁ…

21:44 サンマリーノで町長の犬事件

21:51:45 ブラディーポ撃破

かなり早く逃げてくれたのでタイムを短縮

22:11:51 ホラービースト撃破

メタスラは当然倒せず

ルカニは速攻で入ったが混乱は多めだった

22:21:16 ポイズンゾンビ撃破

1ターン目にミスったせいでピンチになりながらも撃破に成功

22:48:26 ムドー1撃破

23:03:15 ムドーの島突破

23:44:21 ムドー3撃破

というわけでここで終了。
問題のムドー戦は、1回目ムドー3で敗北、2回目ムドー3で敗北、3回目ムドー2でリセット、4回目勝利。
これだけ負けてる割には、この撃破タイムはなかなか良いような気がする。
それにしても、僕も随分と穏やかになったものだ。
1〜2年前にDQ6RTAをやっていたころは、ムドーに敗北する度にぶち切れてスーファミにやつあたりしていたものだが。
今ではムドーに敗北した程度では憤りを全く感じなくなった。むしろ逆に快いものを感じるほどだ。なんというか、氷の息の効果音が小気味よく聞こえるような。
これも成長なのか、それとも年を取った証なのか…。
単にマゾ体質になってしまったという見方もあるか。
ともかく、このゲームのRTAをやるとこういった体質の変化が得られますので、そういう願望があるかたは是非。


8/ 23(水)

昨日の日記で時間がないとか書いておいてあれなんですが、少し余裕ができたのでDQ6をプレイ。
とある劇的な短縮案を思いついてしまったためだ。
試す前は本当に短縮に繋がるか半信半疑だったが、実際にやってみるとかなり早い!
下手をするとこれだけで10分とかの単位で縮まるかもしれない。それほどに驚異的な効果を発揮している。
というか何で今まで気づかなかったのか…。

こんな短縮案が見つかってしまった以上は、もう一度DQ6RTAをやらざるを得ないだろうな。
この日記のアクセス数がもう少しで400000に到達しそうだし、その後に「400000アクセス記念企画!」とでも称してセルフ実況しながらDQ6RTAをやってみるのも悪くない。
ただ、今回の方法を導入することで、全体としての難易度が大きく上昇したことも事実。精進せねば。


8/ 22(火)

やばい。時間がない。
今月中に提出しなければならないレポートが3通、まだ未着手。
さらにそれとは別に、毎週月水金には大量のプログラミングの課題が出される。昨日出された課題がまだ終わっていないほどだ。
さらに、今週の水曜日(明日)と金曜日には試験もある。
DQ6なんてやってる場合じゃなかった。

そういえば、明後日の木曜日に駒場の音楽練習室の予約を以前取っていたのを思い出した。
本当ならそんなことをしている場合ではないのだが、せっかくだし授業が終わったらピアノの練習でもしに行くとするか。


8/ 21(月)

FF12作連続RTAの話題についてはもう少しお待ちください。

今日からまた授業ですよ。遅刻したけど。
お昼ごろに少し時間ができたので、自転車で秋葉原のゲームショップへ。SFCの連射コントローラーが目的。
既に連射コントローラーは1個所持していますが、オート連射機能のついているものがほしいと前々から思っていたのです。
そのゲームショップには以前立ち寄ったときにはかなりたくさんの連射コントローラーが置かれていたのですが、今日行ってみると残っているのはわずかに1個。迷わず購入。

帰宅後、そのコントローラーの動作を確認するのも兼ねて久々にDQ6をプレイ。
開始したのは20時くらいだったし、明日も授業があるので最後まで完遂するつもりはありませんでしたが。ムドー撃破くらいまで限定でRTA。
序盤は順調。ハッサン加入が28分台、サンマリーノ到着が39分台とかなり好調だった。
しかし夢見の洞窟の手前で事故った。マーズの館〜夢見の洞窟間のエンカウントで出現したのはヘルホーネット+ベビーゴイル。星のかけらで混乱させて安全に逃走するというのが一瞬脳裏に浮かんだが、まあこのくらいなら普通に逃げても大丈夫だろうと判断して逃げ。ところが、これが失敗だった。3逃げ失敗で主人公が死亡。うーむ、やはりここは星のかけらが正解なのか。
仕方ないので自殺ルーラして再挑戦。
しかし、今回も事故が発生した。ベビーゴイル×3に遭遇し、全力で逃げようとするも3逃げ失敗で主人公死亡。さすがにここは悠長に星のかけらを使っている余裕はないだろうから、判断は間違ってないと思うのだが…。
仕方ないのでハッサン一人でブラディーポ戦へ。星のかけらの効きがあまりよくなく極めて危険ではあったが、紙一重のところで勝利。撃破は52分台と遅め。
サンマリーノでは船のチケット(要150G)を買おうとしたところ、149Gしかないというハプニング。もう少し早く気づくべきだった。
北の洞窟ではメタスラに誑かされて30秒ほどロス。ただホラービーストは速攻でルカニが2回入ったので早く倒せた。撃破が1時間14分台。
月鏡の塔ではデスファレーナ×3にかまいたち連打されてミレーユ死亡。ロスは20秒くらいか。
ムドー1はとくに問題なく。撃破が1時間54分台。うーん遅い。
ムドーの島では、マッドロンのザキで主人公とミレーユが殺され、最後は残りHP2のチャモロ1人という状態まで押し込まれたが、なんとか突破した。
そして問題のムドー戦。
1回目の挑戦では、ムドー2でチャモロが殺されてしまう。それでも倒してムドー3戦に臨んだのですが、1ターン目の行動が氷の息+稲妻で終了。チャモロがいないとこれは厳しい。
2回目の挑戦では、やはりムドー2でチャモロが殺されてリセット。チャモロは普段は防御しているのですが、たまたまべホイミを使わせたターンに火炎の息+切り裂きピエロの攻撃×2がチャモロに集中して死んでしまった。確か同様の事故が去年の五月祭の大会でも起こったと記憶している。
3回目の挑戦では、ムドーのもとに到達する前に妖術師+デビルアーマーに3逃げ失敗して終了。ここでこいつらが完璧なイリュージョンを見せる。確か「バイキルト(→デビルアーマー)+倍打撃→打撃+倍打撃→メラミ+倍打撃」だったかな。
4回目の挑戦でようやく撃破。タイムは2時間47分台。

それにしてもこのゲームは疲れるなあ。この辺りまではいつどこで事故ってもおかしくないから精神的にきついものがある。単にムドー3に勝てれば2時間半を切れるというものでもないということを再認識させられた。
でもそのうちもう一回くらいRTAをやってみたいものだ。


8/ 20(日)

FF12作連続RTA終了。
とにかく疲れました。でも無事に終わったのでなにより。

僕のFF8はなかなかひどいものがあった。
ゼルのカードがまったく出ないという事故。結局奪取したのは53戦目で、約40分も要した。この前の日記に書いた34戦という記録を大きく塗り替えている。
確かに経験上これは不運に分類されるのであろうが、しかし「ピエールを仲間にするのに○回も倒しました」というのとは異なり、ゼルのカードが出現するという事象の起こる正確な確率を把握していないために単純に不運だと言い切れない部分もある。
仮にゼルのカードの出現率が1/32だとすれば53戦目というのも普通にありうることになるわけで、その場合はそんな低確率の事象に期待している戦術に不備があったということになる。
確率を把握していないにもかかわらずその事象が起こることに期待しているという時点で、今回の事例が不運であったとしても、その責任は僕にあると言わざるを得ないだろう。
荒唐無稽な戦略を立てて、それがうまくいかなかったら運のせいにするというのは愚の骨頂である。

…と、とりあえず少しだけ感想を書いてみましたが、続きはまたのちのち書きます。


8/ 14(月)

いよいよ明日0時、いや、本日24時からFF12作連続RTAが実施されます!
上の告知にも書きましたが、実況ページが完成しました。こちらです。
ぜひぜひ観戦にいらっしゃってください。

さて、そろそろ僕も出発します。
授業にですけど。
授業が終わり次第会場に行く予定。今から楽しみだ。


8/ 12(土)

久しぶりにFF8。
カードゲームの練習をしたところ、キスティスのカード奪取は開始から2戦目と好調な出だし。
ところが、ゼルのカード奪取の際に悲劇が。
なんと奪取に成功したのは開始から34戦目。要した時間は25分程度。なめんな。
確かにゼルのカードの出現率は低いとは思っていたが、ここまでとは…。
本番では遅くとも15戦以内、できれば10戦以内で奪取したいところだが、果たしてどうなることか。


8/ 10(木)

冒険の旅のページにFF10-2RTAとDQ6RTAのチャートを追加。
DQ6RTAはなんとなく気が向いたので少しだけ作ってみた。
今後続きを書くかもしれないし、書かないかもしれません。また、書いたとしても公開するかどうかはわかりません。

明日はコミケですね。
遅ればせながら簡単な宣伝を。
東京大学ゲーム研究会からは「東京大学ゲーム研究会会誌第32号」と「東京大学ゲーム研究会会誌2006五月祭RTA特集号」の2冊を頒布します。
前者は通常の会誌で、ここ四半期で会員がプレイしたゲームに関する記事が掲載されています。後者は五月祭で行われた各種RTA大会のまとめ。
詳しくはこちらをご覧ください。

ちなみに僕は授業があるので行けなさそうです。残念。


8/ 7(月)

起床してから大学の実験に行くまでひたすらFF10-2の練習。
今日だけでreal Emotionを15回以上聴いた(死)。でもそのおかげで戦闘員回避がかなりの高確率で成功するようになった…ような気がする。
10-2であと練習すべき点はSTORY Lv1のゼロ式機士戦とかSTORY Lv2のウノー+サノー戦とかだろうか。前者はチェインを途切れさせずに攻撃し続けるのが難しく、後者はキューソネコカミ装備者のHPをどの程度パーティアタックで削りどの程度敵からの攻撃で削るのかのさじ加減が難しいところ。

帰宅後はFF8。
そろそろチャートを完成させようと思い、面倒で今まで放置していたラスボス戦の研究を再開した。
で、まあ一応完成したんですが、本当にそれでうまく機能するかの確認はまだ取っていません。何しろ初期メンバーがランダムですからねえ…。確認を取りたい初期メンバーの組み合わせが出るまでリセットしてやり直さないといけないから、どうしても時間がかかってしまい面倒でやる気がしないんです。
まあこれは気長にやっていくしかないか。


8/ 6(日)

僕の家にゴンた君、0-shi君を招いてFF12作連続RTAの練習会をした。
まずは0-shi君がFF5をプレイ。第2世界の攻略を見せてもらった。
まだ調査段階ではあったが、各ボス戦ではそれぞれ妥当な戦術が構築されていた。戦術に関して0-shi君とゴンた君がハイレベルな意見交換をしていたが、僕はFF5は素人なのでほとんどついていけなかった。

次にゴンた君がFF6をプレイ。とりあえずラストバトルをまず見せてもらったあと、最初からやってもらった。
僕はFF6は全く体験したことがないにもかかわらず、今回のRTAでは実況担当になっているので、かなりいい勉強になった。それにしても、FF6はキャラクターの個性が強くて面白い。ティナが魔法を使うとロックが驚きまくるとか、商人から服を奪い取るとか、その辺のユーモアのあるイベントが挿入されていて楽しそうな作品だ。

最後に、僕もFF8をプレイした。
FF5、FF6と見てからFF8をやると、やはりイベントの長さが気になってしまう。考えてみると、FF7〜10はほとんどこんな感じで丸2日以上プレイし続けることになるんだろうな。ひどい話だ。

そして気づいたら21時になっていた。
なんか数日前にクロウ邸に集った人々はそのまま徹夜でゲーム合宿とかいうクオリティの高い行為をしていたようだが、我々はまだNeeTに就任したくはないのでここで解散。
疲れたが、たまにはこういう日もいいものだ。


8/ 5(土)

ゲー研+極限の印刷日。
暑い暑い。


8/ 4(金)

試験は死んだ。
来年もう一回単位取り直せばいいや。

FF10-2のチャート作りを始めた。
かなりいい加減に作っているので、確認作業も含めてあと2日もあれば完成するだろう。
今日のところはSTORY Lv2のジョゼ寺院まで。
ここのウノー+サノー+特級女戦闘員が結構強いのだが、うまい対処法はないものか。


まったく関係ないですが、ついに巨人最下位来ましたね!
あとは明日、明後日も勝って(横浜が)、最下位の座を磐石にしてほしいものです。
巨人ファンのかたにはごめんなさい。


8/ 3(木)

昨日特設ブログにFF10-2RTAの戦術を書き込んだところですが、あのときネタに困っていたので、見切り発車で未確認の内容も実は含んでいます。
というか、あの戦術でラスボスまで進めたことがありません。さすがにまずいだろ、ということで、明日試験なのにもかかわらず一生懸命FF10-2の練習を進めました。

で、実際やってみたらどうも大丈夫っぽいことがわかった。
ラストバトルは結構つらいという認識があったのだが、意外となんとかなるものだ。
ヴェグナガン(尻尾)がノリ・メ・タンゲレを使う前に倒せるとは思わなかった。
あと、戦闘開始時に勝手にHPが回復しやがって厄介なヴェグナガン(頭)戦は、キューソネコカミを装備しているキャラにパッリダ・モルスが当たるまで待って、瀕死状態になったら一気に攻撃を開始して畳み掛ける。ほかの2人は魔法防御やHPを上げておいて、パッリダ・モルスを受けても余裕を持って耐えられるようにしておく。これで勝てた。
シューイン戦も勝手にHPが回復しやがるので面倒なのだが、ここもうまく敵の攻撃がキューソネコカミを装備しているキャラに当たるのを期待するのがよさそうだ。下手にパーティアタックすると全滅しかねないし。まあ、遅くとも8ターン目の全体攻撃のフォースレインを受けた頃にはほぼ瀕死状態にできるのでそれほど悪くはないだろう。

強くてニューゲームのデータをセーブしたところ、ゲーム内時間は4:10となっていた。
練習を重ねれば4時間は切れるかな。


8/ 2(水)

冒険の旅のページにFF8RTAチャートをアップ。
今度はディスク3終了までの分です。
ディスク4の分も大体できているのですが、まだラスボスに関する記述ができていない。
というか、ラスボスの戦術が決まっていない。どうしよう。

帰宅後にFF10-2でもやろうと思ったのだが、ドラえもん3魔界のダンジョンで記事を書いて夏コミ会誌に載せなければならないというので、そっちに時間を割かなければならなくなった。
久々にドラえもんを起動。そして1ヶ月半越しでようやくケトンを撃破。いやあ強かった。
そしてその分を含め、急いで記事を執筆する。超適当だが、まあ所詮ネタ記事なのでいいよね。

それと、今日はFF12作RTAのブログを僕が更新する日だったことに気づき、慌ててそっちの記事も執筆。
大学のレポート以外でこんなに文章を書いたのは久しぶりだ。ああ疲れた。


7/ 31(月)

土日遊んでしまったせいで、今日提出のレポートがひどいことになった。
今日提出のレポートは3つもあったのだが、今日の0時の時点でいずれもまだ未完成の状態。
その後、やむを得ず授業を切ってレポート作成に勤しむ。一応すべて提出することはできたが、完成度は今まで提出してきたどのレポートよりも低いものになった。
…まあいいか。

ゲームはFF10-2を少しだけ。
昨日の日記に女戦闘員×2の間を抜ければいいと書いたのですが、今日数回試してみても1回も成功せず。
この間のはたまたま運がよかっただけなのか…?


7/ 30(日)

少しだけFF10-2を。
オープニング〜ガガゼト遺跡を2回ほど練習。
オープニングのルカで、1回だけ戦闘員を回避することについに成功した!斜め左下から来る男戦闘員×2は振り切って、正面の女戦闘員×2は間を通り抜ければいいようだ。
ただ、女戦闘員の間を通り抜けるのは容易ではない。試しにもう一度やってみたら失敗したし。これは練習するしかないだろう。

ガガゼト遺跡はボリスパイダー戦の練習。
一昨日の日記にも書いたようにチェインの効率的な出し方がようやくわかってきたのですが、その感触を忘れないうちに手に覚えさせるために練習した。
今まではチェインを狙う際はかなり短い間隔で攻撃を連続させていたが、実は結構チェインが途切れるまでに猶予があることがわかった。ぎりぎりのタイミングでチェインを決めていけば、3人目が攻撃した直後に1人目のATBゲージがちょうどたまるから、一切敵に行動させずに倒せるわけか。なるほど。
この辺がわかるとFF10-2の戦闘が楽しくなってくる。


7/ 28(金)

約1週間ぶりにまともにゲームをした。
FF8はディスク4の調査。
ラスボスまでの戦術は一応確定したが、ラスボス戦だけは場合分けが多くてなかなか戦術が決まらない。
初期メンバーごとに戦術を決定しようと思うのだが、調査しようにも初期メンバーはランダムで決まるので、自分の調査したいメンバーが出るまでリセットしなければならないのがつらいところだ。

FF10-2も少しだけ。ガガゼト遺跡のボリスパイダー戦まで。
ようやくチェインの効率的な出し方がわかったような気がする。適当な間隔を取れば敵に行動させずに倒せるわけですね。
わからないのは最初のルカでルブランを追うイベントで、向かい側からやってくる戦闘員をどうかわしたらいいのか。1回目の画面切り替えまでは接触せずに行けるのだが、2回目の画面切り替えまでの間にどうしても接触してしまう。
練習したいけど、練習するには毎回real Emotionを聴かなければならないので面倒だ。どうしたものか。


7/ 27(木)

少し前になりますが、FF8ピアノ・コレクションズを買いました。
その感想。
選曲が素晴らしいですね。「Find Your Way」「Slide Show Part2」といった原曲でもピアノの主旋律が美しい曲はもちろん、「Shuffle or Boogie」「Silence and Motion」などの曲も意外なほどにピアノアレンジが映えています。
全体としてしっとりとした仕上がりになっていますね。この辺は演奏者の特徴が出ている部分もありますけど。

さらに、同時にそのスコアブックも買ってみました。
この間駒場の音楽練習室の予約を取ったところなので、その際に少し練習してみようと思って購入したのですが、ただ眺めるだけでも結構楽しいのです。
CDでプロの演奏を聴きながら、少し指を動かしつつ音符を追っていると、まるで自分が演奏しているような気分になってより一層旋律の中に入っていける気がします。
BGMとして音楽を聴きながら勉強したり、っていうのもいいんですが、やはりただ音楽鑑賞に専念する時間を設けたいですね。時間があるときにしかできない、最高の贅沢だと思います。


7/ 26(水)

最近アクセス数が増えた。
てっきり僕はFF12作連続RTAの効果かと思っていたのですが、もちろんその効果もあるとは思うけど、世間は夏休みに入っていたのだということにようやく気づいた。
お前も夏休みだろ、と思われるでしょうが、僕は今年は普通に授業があるので夏休みは皆無なのです。
現状だと夏コミに行くことすら困難。うーむ、どうしたものか。
FF12作連続RTA期間ももちろん授業と実習があるので、自分が担当するFF8と10-2はともかく、実況等にはあまり参加できないかもしれない。残念すぎる。


7/ 25(火)

前に日記に書いたと思うのですが、1か月ほど前に自分の自転車が壊れてしまい、それ以来ずっと徒歩で大学に通っていました。
その自転車はずっと大学に放置していたのですが、さすがに何とかしようと思い、とりあえず修理を試みることにしました。

授業終了後、一旦家に帰ってプログラミングの課題をまず片付けてから再び家を出る。
近くのホームセンターへ行き、1200円くらいの安いのこぎりを購入。
そして刃渡り20cmくらいのそののこぎりを持って大学へ。

手ぶらで家を出たのでその時僕が持っていたのは買ったばかりののこぎり1丁のみ。完全に怪しい人です。
でもそんなことは意に介さず、おもむろに自分の自転車がとめてある場所へ。
そこでのこぎりを取り出し、自転車の修理に取り掛かります。

そもそも僕の自転車は何が壊れたのかというと、前輪の周囲に取り付けられている泥除けが折れ曲がり、それがタイヤを圧迫して回転しなくなってしまっていたんです。
そこでその泥除けをのこぎりで切断し、曲がってしまった部分を取り除こうとしたわけです。

泥除けってそんなに簡単に切断できるのか?という不安もありましたが、試してみると容易に切れました。
なにしろプラスチック製ですから。安物で助かりました。
いや、もっと丈夫な自転車を買っていればそもそも壊れなかったのではという気もしますが。

無事に車輪も回るようになったので、試しに乗ってみます。
…お、ちゃんと乗れる。
依然として泥除けは多少曲がっているのですが、それでも何とかなりそうです。

と調子にのっていると、急に車輪が動かなくなり派手に横転してしまいました。
その際少々ひじを痛めてしまったのですが、そんなことを気にしている場合ではありません。何しろかごに入れていたのこぎりが道路に飛び出してしまったので、それを隠すのに必死でした(何
とにかく、どうも完全に自転車は直ったわけではなさそうです。

一抹の不安を抱えながらも、やむを得ないのでその自転車に乗って自宅へ。
あまりスピードは出さず、泥除けに足が触れないように気をつけて運転したところ、今度は何事もありませんでした。
若干怖いですが、気をつけて乗ればこの自転車も一応まだ使えそうです。よかったよかった。
ただ、自転車の状態に気を使いすぎて交通状況への注意が疎かになり、もっと大きい事故に繋がりそうな気もしますが(笑…いごとじゃない


7/ 24(月)

FF8RTAのチャートをアップ。今回はディスク2までの分です。
トップページから探せば見つかるので、暇な方は見てやってください。

ディスク1終了の時点で30ページ近くあったこのチャートですが、だんだん書くことがなくなってきたためディスク2終了でまだ45ページ程度。
序盤はボス戦の戦術で記載することが多かったからその分でページ数が増えたのですが、トリプルのジャンクションなどによって圧倒的な攻撃力を得てからは何も書くことがない(笑)。
次にまともなボス攻略法を記述するのはラスボスかな。
やはりFF8RTAはぬるい。


7/ 23(日)

木曜日から4連休だったんですが、それも今日でおしまい。
明日からはまた別の授業が開始される。9/8までは授業が1日3コマで週5日、プログラミングの実習が1日2コマで週3日という日程になる。きついなー。
まあ家に居てもやることないし、いいんですけどね。
そんな日程でFF12作連続RTAなんてできるの?という質問は現在受け付けておりません。

ゲームはFF8を少しプレイしたのみ。と言ってもチャートの確認作業ですが。
そろそろFF10-2もちゃんとやらないといけないかな。なんとか時間を作らないと。


7/ 22(土)

今日も土曜日なのに授業。
14時開始なのに何故か寝坊し(ぉ)、15時くらいから出席。
18時頃に退出して、秋葉原へ。

19時半頃から、極限+ゲー研のオフ会に参加。
せいぜい10人くらいの人数だろうと思っていたら、20人近い人が集まってびっくりした。最近会っていなかった人も多くいらっしゃっており、なかなか楽しい会合だった。


7/ 21(金)

駒場へ行きました。目的は音楽練習室の予約をとるため。
今年の夏休みは、僕の学科は毎日授業と実験があるので(正確には少し違いますが)実家へ帰る余裕が全くなく、そのためピアノを弾く機会が失われたんですよね。
そこで駒場の音楽練習室を使おうかな…と思ったわけです。

ところが、駒場に着いてからあることに気づく。
今年度からは音楽練習室などの部屋を借りる場合は利用証が必要になったんですね。
4月ごろにそんな話を聞いたような気がするのですが、どうせ僕のように浅野とかいう僻地の住人には関係ない話だろうと思い無視していました。
今から発行するには1週間かかると言われ、一応手続きはしたものの、1週間後に自分の都合のいい日の予約を取れるかは微妙。

少しあきらめていると、偶然0-shi君に遭遇。
彼に予約を頼んでみたところ、快く引き受けてくれた。ありがとうございます。
そんな感じで、なんとか音楽練習室を確保することに成功。


その後、FF12作RTAの打ち合わせなどの話をしてから帰宅した。


7/ 20(木)

サイトをいろいろ更新。冒険の旅のページとか。
見た目は結構変わったけど、中身はまったく変わってないので期待しないでください(何


FF8RTAチャートは一応ディスク2まで完成した。
でもまだ修正しなければならないところもあるし、未確認の部分も多い。
公開するのはそのあとかな。


7/ 19(水)

本郷の学食で食事をしたときの話。

その食堂には、「本郷ランチ」「弥生ランチ」「赤門ランチ」等々の名称の定食が並んでいたのですが、何かおかしい。
なんで「浅野ランチ」が置いてないんでしょうか?
「銀杏ランチ」なんてのもあるのに。浅野は1本の銀杏よりも格下ですかそうですか。
「朝のランチ」と誤解されて何で朝なのにランチ?という疑問を生み、大学生の英語力の低下、ひいては日本人の学力の低下を招くという懸念からこのようなメニューを排斥したという好意的な解釈をすることも可能ですが、やはり浅野住民としてはこの差別的待遇に遺憾の意を禁じ得ません。

そこで考えました。
ならば、浅野は浅野で独自のメニューを開発すればいいのです。

浅野キャンパスにある代表的な施設としては、次のようなものがあります。
アイソトープ総合センター、高温プラズマ研究センター、低温センター

そこで、次のようなものを用意します。
アイソトープ定食
高温プラズマうどん
低温カレーライス

ついでに、生物化学科にちなんで以下も追加。
線虫ラーメン
大腸菌丼

どれも食欲の沸くメニューばかりですね!


まあ僕がいくら頑張ってメニューを考え、浅野の地位向上に尽力したところで、
浅野には食堂がない
から何にもならないんですけどね!


7/ 18(火)

2限の授業に約1ヶ月半ぶりに出席しようと思いたち、豪雨の中、意を決して浅野へ行く。
到着したときには既に授業開始から10分が経っている時刻だったが、気にせず教室へ向かう。
しかし、教室に行く途中の階段で、何故かすれちがった同級生から無情なる一言が。

「あ、今日休講らしいよ」

…マジなめんな。
つーか何回目だよ! 予告なしで休講になったのは!
普段出てないから知らないけどさ!

この話はこれで終わりではありません。
その後、事務室の前に掲示されていた紙を見て更なる衝撃が。

「補講」
「9月12日 生物物理化学(この授業) ○山(先生の名前)」

はいはいわろすわろす


追記
えぐち君に呼ばれたので、実験終了後に秋葉へ。クロウ君もいた。
そこで、剣神の新品がアダプター付きで衝撃の980円で投げ売りされていた。
ありえんだろ…お買い得すぎ。
僕なんて、中古(アダプターは別)を3000円で、アダプターを1000円で買った超負け組。
よっぽど買おうかと思ったが、既に2台所持しているので(謎)、流石に止めておいた。


7/ 17(月)

昨日の日記にも書きましたが、FF8RTAチャートのディスク1の分が完成したので公開します。

FF8短時間攻略ガイド(pdf)

ディスク2以降も、完成し次第アップしていく予定です。


7/ 16(日)

トップページを微妙に更新。
夏らしく涼しげな感じにしてみた。


FF8RTAのチャートはディスク1の分が完成。
とりあえず一区切りついたので明日にでも公開します。

それにしても、先々週にRTAやって以来あんまりゲームしてないなぁ…。
今日だって、チャートの裏を取るためにしかFF8をプレイしてないし。
できればまたRTAをやりたいんですけどね。


7/ 15(土)

土曜日なのに授業。ぐはあ。
月曜日が休みなので2連休は確保できているからいいんですけどね。


………


唐突ですが、ひとつ告知させてください。

今夏、東京大学ゲーム研究会がRTAやります!
題して「FINAL FANTASY 12作連続RTA」!
題目の通り、FF1からFF12までを連続でRTAします。
開催日(予定)は8月15日から19日くらいまで。
極限攻略研究会でやっているような文字中継の形式で、プレイの模様をお伝えしていく予定です。

本企画のための特設ブログを用意しています。こちら
詳しい内容はこちらをご覧ください。
このブログは企画終了まで毎日更新します。最新情報は基本的にこちらにアップされていくことになるので、ぜひチェックしてみてください。


…僕が今までFF8やFF10-2をやってたのは実はこのためだったりします。
ということで(どういうこと?)、ひとつよろしくお願いします。


7/ 13(木)

FF8のチャート作りを進める。
といっても、まだDISK1の中盤までしかできていないんですが。遅いなあ。
前のチャートは詰めの甘い部分が多かったから、その分を補完するのに結構手間取る。
まあ趣味でやってるものだから楽しくていいんですけど。最近は実際にRTAを実行することと同じくらいチャートの作成が面白く感じられるようになってきた。
FF8が完成したら、今度はDQ6のチャートを作り直してみようかな。


7/ 12(水)

実験レポート提出完了。
さすがに前日の23時から執筆開始というのは危なかったか。

懲りずにFF8のカードゲームをやる。
やはりキスティスFC戦の戦術は難しい。必勝法のようなものは見つからない。
先手なら確実にドロー以上の戦績を挙げることができるのだが、後手になるとどうもなあ…。

ゼルの母戦に関しては必勝法を確立することができた。
これでキスティスのカード奪取後にセーブしなくてよくなるので地味に大きい。
ただ、相手のカードで欲しいものがない場合はドローに持ち込んだ方が実は速いので、確実にドローにできるような戦術を探すという課題もあったりする。
そこまでやるかはわかりませんが。


7/ 11(火)

実験終わって帰ろうというときに、構内で駐車していた車両から謎のガスが噴射されているのを見てびっくりした。



恐らく液体窒素とかだと思いますが、それにしても衝撃的だった。
さすが浅野だ。


7/ 10(月)

土日で終わらせようと思っていたレポートがまだ未着手という事実。
どうしよう…。提出は明後日か…。

こうなった原因はFF8のカードゲームをやりすぎたせい。
昨日とかは4時間くらいやっていた気がする(死
それで何かしらの成果があればいいのだが、結局得るものはほとんどなかった。
必勝法が存在すると思って模索し続けた4時間は…パー…!
リアル廃人ですね。


7/ 8(土)

FF8RTAのチャートをTeXで作り直そうとして1日が終わってしまった。
今回は書式の9割を右弐さんのチャートの真似をして作っているので、それなりに完成度の高いものができる…といいなぁ、といった感じ。
完成したら公開するつもりです。
TeXは超初心者で、勉強しながら作っているので遅いですけど。


7/ 5(水)

午前中の授業をサボった友人Aとの会話。

僕「なんで授業来なかったの?」
A「いやー、ミサイルのせいで休講かと思ったよ」


そういえばFF8にはミサイル基地とかあって、報復のために実際に発射したりしているわけですが、このご時勢にこれは洒落になっていない気がする。


7/ 3(月)

昨日のRTAの反省・考察を少し。

まず、序盤のX-ATM092戦でセルフィ一人だけという状態になってしまったのが痛かった。
ここはゼルのデュエルで一度敵のHPを0にしてから再度1000程度削り、その後逃げることで50APを獲得するという計画なのだが、今回は再度1000削るというところで事故が起きた。
デュエルを発動させるためにゼルのHPは少なくなっているので、死ぬのは致し方ないという部分はあるのですが。
敵のHPを0にすると、直後に必ずレイ・ボムを放ってくるような気がするので、対応が難しい。
やはり死ぬのはある程度覚悟しておくべきだろう。

そこで必要となるのは、フェニックスの尾を温存しておくこと。
今回はここまでに初期所持の4個をすべて消費してしまっていたために事故が起きた。
特殊技で攻めるエルヴィオレ戦では死者が出るのはやむを得ないにしても、イフリートで2個も消費させられたのはいただけない。
ここは再度練習の必要がありそうだ。

あとは入手するGFの問題か。
今回パンデモニウムとアレクサンダーを取り逃したものの何とかなったわけだが、でもこれはドローするだけだから取ってもタイムロスは少ない。この辺は入手するのが良いだろう。
ブラザーズをどうするかは難しいところ。
HP+80%などの便利なアビリティを習得できるというメリットもあるのだが、実はそれよりもセクレト、ミノタウロス戦で得られるAP60が大きかったりする。
これによりアビリティ「エンカウントなし」の習得が早まるので、最終的にはブラザーズを取ったほうが速いと判断しているのだが。
もう少し調査が必要かもしれない。


7/ 2(日)

FF8RTA今からやります(11:00)。
ここにメモを書いていくかも。需要ないでしょうが。


イフリート撃破 0:18:12

イフリートでフェニックスの尾を2個も消費してしまった…



エルヴィオレ撃破 1:01:53

ここでもフェニックスの尾を2個消費

また、ビッグスを倒し損ねたせいでAPが少し足りない+エリクサー2個を取り損ねた



X−ATM092戦で事故。スコールとゼルが殺されてセルフィだけでHPを削ることになってしまった。6分ほどロス。



グラナルド撃破 1:43:49



ディアボロス撃破 1:55:20



キスティスのカード奪取 2:04:56 1回リセットを強いられた

ゼルのカード奪取 2:13:24



1回目ラグナ編終了



ナムタル・ウトク撃破 2:45:33



ガルバディアガーデン到着 3:22:48



ミノタウロス撃破 3:50:40

墓で道に迷ったorz 5分くらいタイムロス



シュメルケ撃破 4:15:16



ディスク1終了 4:28:30

ゲーム内時間は4:22となっていた。意外と差がない模様



収容所脱出 5:09:15



BGH251F2撃破 5:28:20

BGH251F2だけで何のことかわかる人っていないだろうなあ…何しろ僕もわからない。

ミサイル基地で戦うメカの名前です。



オイルシッパー撃破 5:47:59



ノーグ撃破 6:04:20

ビデオ交換に少し手間取ってタイムロスしました…。



ただいまF.H.でのコンサート中…(17:37)



風神・雷神撃破 6:49:??

きゃーやってしまった、パンデモニウムドローし忘れたよorz

早さJとさきがけ使える超重要GFなのに…!

もう取り返しが付かないのでこのまま進みます。どうなることやら。



ガルバディアガーデンとの交戦イベント。

敵兵士との空中戦は苦手だったんですが、今回は1発で突破。



ケルベロス撃破 7:35:37



ディスク2終了 7:44:03

ま た や っ て し ま い ま し た

イデアからアレクサンダードローし忘れ!

まあアレクサンダーはなくてもほぼ問題ないと思われますが。

注意力散漫すぎ…。



ラグナ編、撮影イベントでのルブルムドラゴンとのバトルで負けました。

といっても、□ボタンと×ボタンで戦うアレですが。

練習してからは全勝だったんだけどな…。



アバドン撃破 8:12:43



ルナティックパンドラ潜入 8:53:??



ルナサイドベースにてイベント進行中。

この辺りは戦闘がなくてダレる…



宇宙空間でリノアを捕まえるというm9(^Д^)プギャーなミニゲーム。

今回は当然1回で成功。

以前2連続で失敗ということがあったから油断はできない。



プロパゲーター殲滅完了 9:40:15

さきがけがないのが響いているな…

普段よりも敵に多く攻撃されてしまった。



ラグナロク操縦室にてEyes On Me。名曲。



機動兵器8型BIS撃破 10:16:45

これまた名前からは思い出せない人が多いでしょうね…。



ディスク3終了 10:21:52



魔女撃破 10:37:18



スフィンクス撃破 10:41:47

トライエッジ撃破 10:44:??

ティアマト撃破 10:48:15



これからアルティミシアと戦います!



1,2戦目はこちらのミスで失敗、リセット。

ただいま3戦目。今のところ順調…



撃破! 11:08:59



初期メンバーがリノア、スコール、キスティスと理想的な展開。

ディスク2最後に戦うサイファーが聖戦の薬を落としていたこともあり、楽勝に終わった。

メテオやトリプルといった攻撃の要となっている魔法を奪われると困るので囮となる魔法をたくさん持たせておいたのだが、

一度も魔法を奪われなかったので結果的には不要だった。



パンデモニウム、アレクサンダー抜きでも意外と行けるものだ。

リヴァイアサンあたりもなしでOKかも。



そしてThe End…! 11:33:11



ということでクリアしました。
予想よりもかなり早くクリアでき、初挑戦としては納得のいくものになったと思います。
あと、ゲーム内時間と実時間ではほぼ差がないということを確認できたのも大きな収穫になりました。


トップに戻る